2024年05月08日

前川佐美雄『秀歌十二月』


1971年に筑摩書房から刊行された単行本を文庫化したもの。

もともと1964年に大阪読売新聞に連載した文章をまとめて、1965年に筑摩書房の「グリーンベルト」シリーズの1冊として刊行された本である。


万葉集から古今、新古今、近世和歌、近代短歌までの計154首を取り上げて、鑑賞文を記している。磐姫皇后、柿本人麿、大伯皇女、大伴家持、西行法師、式子内親王、源実朝、藤原定家、伏見院、田安宗武、橘曙覧、落合直文、正岡子規、与謝野晶子、会津八一など。

1月から12月まで時期ごとに分けて、一人につき2首のペースで鑑賞していて読みやすい。近代歌人については、著者との関わりなどのエピソードも交えている。

この歌の発表されたころだったろう。落ちぶれた茂吉の姿が新聞か雑誌に載ったことがある。(…)私は胸のつまる思いをした。たちまちそれを十五首の歌に作り「斎藤茂吉氏におくる」と題して、書き下し歌集『紅梅』に収めた。
吉井勇がある時、突然私に晶子の「白桜」はいいよと話し出したことがある。晶子の歌は初期だけだ、あとはしようがないといつもいう勇であっただけに、私は不思議な思いをしたが(…)
千亦は昭和十七年七十四歳で亡くなるまで、一生を水難救済会のためにつくした。(…)誠実、また任侠の人で多くの歌人が恩に浴した。古泉千樫、新井洸しかり、若き日の私もその一人である。

また、歌の背後にあるものを必要以上に推測し過ぎないように注意している点も印象に残った。

けれどもそれは考える必要がない。背後に考えるのはさしつかえないとしても、それを表に出していうと、歌をそこなうことになるだろう。ことばにあらわされただけを、その調べだけを感じとればよいのだ。
これは憶測で、憶測はなるたけしない方がよいが、(…)けれどもそれを口にしてはいけないのだ。ことばに出していうと歌を傷つける。感じとっておくだけでよいのである。

口にしてはいけないと自ら戒めつつ、それでも結局書いているのが面白い。そのあたりのせめぎ合いも、歌の鑑賞の見どころと言っていいだろう。

2023年5月11日、講談社学術文庫、1050円。

posted by 松村正直 at 10:50| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

森田良行『時間をあらわす「基礎日本語辞典」』


1989年に刊行された『基礎日本語辞典』から時間に関する項目を選んで再編集・文庫化したもの。

細かな言葉のニュアンスの違いや日本語文法に関する分析など、興味深い記述がたくさん出てくる。

遠い過去をさす「以前」は「将来」と対応し、「以後」とは対応していない。
気が進まないながら不承不承におこなう場合には「さっそく」は使わない。逆に言えば「さっそく」と言うからには、やりたい気持ちがあるから行う≠ニ考えてよい。
一般に、時間の流れに対して「過去/現在/未来」の区切り方をし、ことばの表現においても、過去は「……した」、現在は「……する」、未来は「……するだろう」と使い分けるものと思われている。しかし、日本語の時の表現≠ヘ必ずしも現実の時間の区分「過去/現在/未来」に対応して語の使い分けがなされているわけではない。
「あの選手は毎試合同じ手を使ってくる」これを、「‐ごとに」に変えたら「あの選手は試合ごとに違う手を使ってくる」とした方が自然である。

「過去/現在/未来」に関する誤解には、英語の文法を学ぶ影響が作用している気がする。実際の日本語では「……するだろう」は、推量に使っても未来に使うことはない。「明日買物に行く」であって「明日買物に行くだろう」とは言わない。

2018年2月25日、角川ソフィア文庫、720円。

posted by 松村正直 at 08:52| Comment(0) | ことば・日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

丸地卓也歌集『フイルム』


「かりん」所属の作者の第1歌集。2017年から2023年までの作品を収めている。仕事や社会問題に関する歌が多い。

永遠に上りつづける階段のだまし絵のなかの勤め人たち
舗装路に大穴のあくニュースあり洞の上行くスーツのひとら
からだ中ひかる警備の男いて闇に溶けないこともかなしい
七割が再現部分の土器ありきその三割を縄文と呼ぶ
春の水からだを通って抜けていく鯉の肉わずか甘くしながら
枝先の蟻や蛞蝓てらてらの四十五リットル袋に入れられ
病窓の灯り灯りにいのちあり冬の夜ことに明るくみえる
五百羅漢のようにぽつぽつ立っている通学区域のおじいさんたち
おむつからおむつに終わる人生よボクサーパンツが風に揺れてる
弟の挽歌を毎年つくるべしわが黒き森の枯れないように

1首目、エッシャーの絵の中にいるように繰り返される日々が続く。
2首目、思いがけぬ落とし穴は道路の下だけでなくあちこちにある。
3首目、暗闇の中に一人だけ光って仕事している警備員の孤独な姿。
4首目、修復が目立っていて縄文土器と呼ぶのを少しためらう感じ。
5首目、下句がいい。季節によって池の鯉の体も変化するのだろう。
6首目、剪定された枝とともにゴミ袋へと入った虫がなまなましい。
7首目、夜に灯る部屋の明かりは入院患者一人一人の命の証である。
8首目、登下校の時間帯の見守り。「五百羅漢」の比喩が印象的だ。
9首目、ボクサーパンツを穿いたまま一生を終えられる人は少ない。
10首目、弟の死の意味を問い続ける覚悟でもあり苦しさでもある。

2024年3月26日、角川書店、2200円。

posted by 松村正直 at 08:49| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月05日

笑亭

よく晴れて暑いくらいの一日。

大手筋のカフェで本を読んで、中書島までぶらぶら歩いていたら商店街に「笑亭」という寄席を見つけた。昨年11月にオープンしたとのこと。せっかくなので、13:00からの昼の部を聴く。

笑福亭喬明「動物園」
笑福亭喬介「時うどん」
 ―仲入―
笑福亭喬介「ねずみ」

という演目。どれも面白かった。
最初と最後の2人のトークも含めて90分。14:30終了。

15席ほどの小さな小屋で居心地が良かったが、残念ながら今月いっぱいで休業になるそうだ。

posted by 松村正直 at 21:10| Comment(0) | 演劇・美術・講演・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月04日

映画「フィシスの波文」

監督・撮影・編集:茂木綾子

タイトルにある「フィシス」とは、古代ギリシャ語で「あるがままの自然」を意味する言葉。日本や世界に伝わる「文様」を手掛かりに、古くから自然との関わりの中で営まれてきた文化の姿を描いたドキュメンタリー。

登場するのは、千田堅吉(唐長十一代目 唐紙屋長右衛門)、千田郁子(唐長)、鶴岡真弓(芸術人類学者)、ピエール=アレクシィ・デュマ(エルメス アーティスティック・ディレクター)、戸村 浩(美術家)、皆川 明(ミナ ペルホネン デザイナー)、門別徳司(アイヌ猟師)、貝澤貢男(アイヌ伝統工芸師)など。

京都シネマ、85分。

posted by 松村正直 at 11:39| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月03日

オンライン講座「作歌の現場から」

mewwnlepdi217qynkqeu.png


オンライン講座「現代短歌セミナー 作歌の現場から」、次回は6月19日(水)19:30〜21:00の開催です。

ゲストは奥村晃作さん、テーマは「モノの見方の新しさ、発見の歌」です。

昨年、第19歌集『蜘蛛の歌』を刊行された奥村さんをお迎えして、短歌における発見についてじっくりと語り合います。

どうぞお楽しみに!

https://college.coeteco.jp/live/5zzwcoye

posted by 松村正直 at 23:46| Comment(2) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月02日

徳島(その3)

徳島の2日目は晴れ。


 DSC01807.JPG

両国橋の親柱に立つ阿波踊りの像。


DSC01811.JPG

徳島駅からJR牟岐線で南へ約1時間10分。阿波福井駅に着く。他に降りる客はいない。この駅から国道55号を北に向かって歩いて行く。


DSC01813.JPG

約1時間で目的の建物に到着!


DSC01832.JPG

喫茶店「大菩薩峠」。


DSC01835.JPG

別の角度から見た全景。

セルフビルド建築として有名なお店。店主が自ら10数万個の煉瓦を焼いて積み上げて造ったらしい。1971年の開業から50年が経ち、煉瓦に蔦の緑が鮮やかだ。


 DSC01828.JPG

入口へ向かう階段。


 DSC01830.JPG

お店の入口。

11:40頃に着いたのだが、ほぼ満席だった。運よく座ることができて、チキンカツ定食850円をいただく。料理はボリュームがあって、家族連れや運転手たちで賑わっていた。テーブルや椅子などの備品や内装も味わいがある。


 DSC01826.JPG

食後に店の上の方を探索。


 DSC01822.JPG

迷路のようになっている。


DSC01820.JPG

こちらは自宅か作業場なのだろう。


DSC01821.JPG

スロープもあって、車で上までのぼれるようになっている。


DSC01837.JPG

「大菩薩峠」からさらに北に歩いて海へ。

堤防に座って本を読むのは最高に気持ちがいい。

posted by 松村正直 at 10:21| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月01日

徳島(その2)

DSC01798.JPG

ロープウェイ乗り場で見かけた阿波踊りのポスター。
萌えキャラのイラストになっているのでびっくり。


DSC01803.JPG

四国キャラバン歌会に初めて参加した。

大橋春人さん主催で四国の各地で行われている歌会。題詠「惑う」あるいは「迷う」と題詠「地名」の2首。参加者は12名。

詠草一覧は事前にブログで公開されるので、評の苦手な人でも参加しやすいと思う。選歌は行わずに1番の歌から順に批評していく。
http://blog.livedoor.jp/shikokucaravan/


DSC01804.JPG

会場の「徳島市内町公民館」からは、眉山がよく見える。


DSC01805.JPG

参加者がお菓子を持ち寄るのが定番になっているようで、食べきれないくらいの量が並ぶ。歌会も和気藹々としていて、発言しやすい雰囲気であった。

13:00に始まって、途中休憩を挟んで17:00終了。その後は近くの居酒屋で20:00まで懇親会。

posted by 松村正直 at 11:31| Comment(0) | 歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

雑詠(037)

*******************************

回転する円を線へとほどきつつ文字の上ゆく修正テープ
うなだれて山吹色に変わりゆくあんなに明るかったミモザが
ひと月の収支といえど目に見えて数字がわれの日々を蝕む
リニューアルしてからなぜか行かざりし中華萬吉つぶれていたり
回転する円を線へとほどきつつ丘陵を行く春の自転車
全身に付けられるだけの花を付け木香薔薇は加減を知らず
「あ」に始まり「ん」へと到る人生の松村正直いまどのあたり

*******************************

posted by 松村正直 at 10:38| Comment(0) | 雑詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月29日

徳島(その1)

1泊2日で徳島へ行ってきた。
京都駅〜徳島駅は高速バスで約3時間。


 DSC01795.JPG

あいにくの小雨だが、徳島に来たからには眉山(びざん)に登らないと、というわけでロープウェイに乗る。そもそもロープウェイが好きなのだ。ここのロープウェイは2台がセットで運行している。


DSC01802.JPG

山頂からの徳島市街の眺め。
川が何本も走っていて、海も近い。


 DSC01800.JPG

パゴダ平和記念塔。

1958年に第二次世界大戦の死者を慰霊するために建てられたもの。約30年前に眉山を訪れた時にも見て印象に残っている。


DSC01801.JPG

万葉歌碑。

「眉のごと雲居に見ゆる阿波の山懸けて漕ぐ舟泊り知らずも」
(船王 巻六 998)

眉山の名前の由来となったとされる歌である。

posted by 松村正直 at 23:06| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月28日

徳島から

徳島から帰ってきました。

とても楽しい2日間。昨日は四国キャラバン歌会、今日は晴天の道をひたすら歩いて日に焼けました。

posted by 松村正直 at 23:32| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月27日

徳島へ

四国キャラバン歌会に行ってきます。

徳島へ行くのも、自分が主催する以外の歌会に参加するのも久しぶりなので楽しみ!

posted by 松村正直 at 06:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月25日

黒木三千代歌集『草の譜』

 kuroki.png


『貴妃の脂』(1989年)、『クウェート』(1994年)に続く第3歌集。30年ぶりの歌集ということになる。幼少期の回想の歌や恋の歌が印象に残った。

桃の葉が指(および)のやうに垂るる午後 重たいおとうさまの文鎮
樹の影をうつして池は昏れはじむ墨溜りのくらさまでもう少し
薬袋(やくたい)を柳葉包丁に裂き開けて祖母が押し殺しゐしもの知らず
すれつからし あばずれ みづてん きらきらとをみなごだけが被(き)せられし笠
桃の花ぼつと明るし牛乳(ぎうちち)はよく嚙んでから飲むと習ひき
「元少年」といふ不可思議な日本語がひらひらとせり朝の郵便受(ポスト)に
だし喰ひのお砂糖喰ひの棒鱈がわが家一年分の砂糖を食ひき
何をして食べてゐるのか分からない叔父などがむかしどの家にもをりし
両切りのピースのつよいニコチンはあなたの若さだつた 髪も強(こは)かりき
言はずとも分かつてゐるといふひとにどんなわたしが見えてゐるのか
ブラウシュバルツのインクをときみが言ふからに銀座伊東屋までの春雪(しゆんせつ)
入院をすれば家族の手の中の光年よりも遠いこひびと

1首目、若くして亡くなった父親。「おとうさま」に時代を感じる。
2首目、池の水面の暮れゆく様子には心の翳りに通じるものがある。
3首目、女性ゆえに耐え忍んできたものが、きっと祖母にもあった。
4首目、性的に奔放な人物を悪く言う言葉だが、男性には使わない。
5首目、昭和の頃の懐かしい教え。あれは何のためだったのだろう。
6首目、少年犯罪を犯した人物が成人した後にだけ使う特別な用語。
7首目、京都の正月の伝統的な食べ物。手間のかかることで有名だ。
8首目、ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」もフーテンの寅さんも。
9首目、元気だった頃の恋人の姿。煙草を吸う人も減ってしまった。
10首目、言葉にしなくても分かり合えるというのは本当かどうか。
11首目、万年筆と輸入物のインクを使う昔ながらの学者肌の人物。
12首目、入院や死の場面には家族以外は立ち入ることができない。

2024年1月21日、砂子屋書房、3000円。

posted by 松村正直 at 11:38| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月24日

90年前の歌

来月の講座「ラジオと戦争」に向けて下調べをしていたら、こんな歌が見つかった。

眉あげて戦争をとく人びとは兵役の関係なきものおほし
/木下国一「アララギ」1932年1月号
たはやすく戦をいふこの人は死を他人事(ひとごと)と思へるらしき
/半田良平「国民文学」1932年5月号
兵役にかかはりの無きがたはやすく世界を敵と戦へと言ふ
/大和勇三「歌と観照」1933年12月号

90年前も今も変わらないなあと思う。

posted by 松村正直 at 22:11| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月23日

下重暁子『家族という病』


60万部を超えるベストセラーになった本。

「ほんとうはみな家族のことを知らない」「家族は、むずかしい」「家族という病」といった刺激的な章題が並んでいる。

多くの人達が、家族を知らないうちに、両親やきょうだいが何を考え感じていたのか確かめぬうちに、別れてしまうのではないかという気がするのだ。
都会で独居してそのまま亡くなるケースを人々は悲惨だというが、はたしてそうだろうか。本人は一人暮らしを存分に楽しみ、自由に生きていたかもしれない。
「お子さんがいらっしゃらなくてお淋しいですね」という人がいますが、今あるものがなくなったら淋しいでしょうが、最初からなかったものへの感情はありません。

こんな文章を読んで、思い出したのは次の二首。

沢瀉(おもだか)は夏の水面の白き花 孤独死をなぜ人はあはれむ/雨宮雅子『水の花』
子はなくてもとよりなくてさびしさを知らざるわれをさびしむ人は/草田照子『旅のかばん』

いろいろと考えさせられる内容の一冊だった。

2015年3月25日、幻冬舎新書、780円。

posted by 松村正直 at 23:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月22日

同人誌「パンの耳」

BOOTH.png


同人誌「パンの耳」は9か月ごとの発行です。

最新の第8号が出たのに合わせて、BOOTHにバックナンバーも補充しました。現在、2号から8号までお買い求めいただけます。

https://masanao-m.booth.pm/

定価はどれも1冊300円。送料込みです。
ご注文お待ちしております。

posted by 松村正直 at 22:52| Comment(0) | パンの耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月21日

佐太郎関連のおススメ本

先日のオンライン講座「作歌の現場から」では、「てにをはの使い方」というテーマで引かれた10首のうち4首が佐藤佐太郎の歌であった。さすが佐太郎という感じ。

佐太郎や助詞の使い方についてさらに詳しく知りたい方のために、いくつかおススメの本を挙げておこう。

○佐藤佐太郎『短歌を作るこころ』(1985年)

佐太郎は作品だけでなく歌論や入門書や自歌自註も多く書いていて、短歌作りの理論を詳しく記している。本書はその一つで、代表的な歌論「純粋短歌」(1953年)も収録されているので便利。「日本の古本屋」で1000円以内で買える。

○大辻隆弘『佐藤佐太郎』(2018年)

「コレクション歌人選」の一冊。先日の講座でゲストとしてお迎えした大辻さんが佐太郎の歌から50首を選んで鑑賞を書いている。「てにをはの使い方」についても詳しい。
https://matsutanka.seesaa.net/article/463994081.html

○秋葉四郎『短歌清話 佐藤佐太郎随聞』(上)(下)(2009年)

佐太郎に師事した著者が昭和45年から61年までの師の言行について日録風に記した本。かつての師弟関係の濃密さに圧倒されるとともに、佐太郎の人となりがよくわかる内容となっている。上下巻あわせて1050ページに及ぶ大作だが、佐太郎沼にハマった人にはぜひ読んでほしい。
https://matsutanka.seesaa.net/article/415463275.html
https://matsutanka.seesaa.net/article/415518232.html
https://matsutanka.seesaa.net/article/416110859.html
https://matsutanka.seesaa.net/article/416149775.html

posted by 松村正直 at 17:56| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月20日

狭山池吟行

フレンテ歌会のメンバー11名で大阪の狭山池へ吟行に出かけた。
9:30に南海「大阪狭山市」駅に集合。


 DSC01781.JPG

狭山池は約1400年前に作られた日本最古のダム式のため池。
川を堰き止めて人工の池を作ったものだ。


DSC01773.JPG

晴天に恵まれて気持ちの良い風景が広がる。ムクドリ、ツバメ、ウグイス、カイツブリ、コサギ、カワウなど鳥もたくさん集まっている。


DSC01780.JPG

ため池から水が流れ出る常用吐(じょうようばき)。
曲線を描く堰堤が美しい。


DSC01790.JPG

安藤忠雄設計の大阪府立狭山池博物館。
エントランスに滝の通路が設けられている。

館内には輪切りにして移設した巨大な堤の一部や、池から出土した飛鳥時代、奈良時代、江戸時代の木製の樋、鎌倉時代の重源の改修碑などが展示されている。ボランティアガイドの資格を持つ畑中秀一さんの解説を聞いて、歴史の楽しさを存分に味わった。

その後、近くの店で名物のポトフランチを食べて、15:00から歌会。一人2首の計22首について語り合う。その場にいない人にも伝わる歌になっているかが、吟行ではしばしば議論になる。17:00終了。

帰りに葉ね文庫に寄って、「パンの耳」第8号を納品する。今日も多くのお客さんで賑わっていた。19:00解散。今日はたっぷりと短歌漬けの一日だったな。

posted by 松村正直 at 23:07| Comment(0) | 歌会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月19日

今井聡『ただごと歌百十首』


副題は「奥村晃作のうた」。

奥村晃作の第1歌集『三齢幼虫』(1979年)から最終歌集『蜘蛛の歌』(2023年)までの18冊から110首を選んで鑑賞文を記した本。

長年奥村に師事してきた著者ならではの深い分析が随所に光る。また、親しい者しか知らないような奥村の個人的なエピソードも出てくるのも楽しい。

社会的・人間的規制の内側にあって、却ってひらめくような「ワイルドネス(本能)」といったものの光・力動というものを、奥村ただごと歌は常に掲出し、あぶり出している。
奥村の思想の根底、「一つの」「一人の」という、イデア志向があることに幾度か触れてきた。一つのこと、一人の行動・思考が、状況を動かす。そしてその一つの、一人の営為によって、奥村の認識が「改まる」のだということ。
奥村は徒歩及び自転車のひとであり、自動車乃至自動車社会を様々な角度から詠う。
奥村の現代ただごと歌、それは情(こころ)の歌であり、それは物に即して、こころの余計な装飾を避け(かなしい、寂しい等)その流れを示していくもの。
奥村がただごと歌で示していること、それを哲学的な面で捉えるのならば「我々は何を、知っている、分かったと言い得るのか」その範囲とは何処までを言えるのか、ということだろうと、私は解釈している。

1首につき1〜2ページ程度の鑑賞文という構成で、とても読みやすい。いろいろな歌人について、こうしたスタイルの本が出るといいなと思う。

最後に、110首の中から特に印象に残った歌を引こう。

縄跳びを教へんと子等を集め来て最も高く跳びをり妻が/『三齢幼虫』
大男といふべきわれが甥姪(おひめひ)と同じ千円の鰻丼(うなどん)を待つ/『鴇色の足』
タラバガニ白肉(しろにく)ムシムシ腹一杯食べて手を拭きわれにかへりぬ/『都市空間』
転倒の瞬間ダメかと思ったが打つべき箇所を打って立ち上がる/『ピシリと決まる』
スティックに切りしニンジン分け持ちて子らは腹ペコ山羊へと向かう/『ビビッと動く』

コスモス叢書の番号が「第1234編」であるのも、この本によく合っている気がする。

2024年2月20日、六花書林、2000円。

posted by 松村正直 at 12:46| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月18日

鎌田慧『日本列島を往く(5)』


副題は「夢のゆくえ」。
昨年、只見町の「たかもく本の店」で購入した本。

沖縄県本部町、北海道別海町、広島県因島市、香取開拓団、福島県三島町を訪れて記したルポルタージュ。それぞれの地で行われた沖縄海洋博やパイロットファーム、造船、開拓、ダム建設のその後を描いている。

このシリーズは20年くらい前に読んだはずなのだが、この1冊は未読だったようだ。

縫製工場が進出する計画もあるが、男の採用にはつながらない。失業地帯に低賃金の縫製工場が進出してくるのは、全国に共通した現象である。一家の主が失業すれば、主婦がはたらきに出なければならない。失業者が多ければ多いほど、パートの希望者がふえ、競争が激しくなって、安い賃金ではたらくようになる。
戦後の「緊急開拓事業」は、一九四五年一一月の閣議決定によるのだが、食糧増産と引揚者や戦災者の帰農対策との一石二鳥を狙うものだった。それはある意味では、戦前の「満州移民」の後始末でもあった。満州に移植させられたひとたちは、命からがら帰国したあと、こんどは「内地」の無人地帯に追放されたのだ。
こうして只見川流域には、東北電力が一三、電源開発が八、あわせて二一の発電所が並ぶことになった。福島県は水力発電のあと、東京電力の合計一〇基の原発を引き受けて、太平洋岸に並べ建て、「原発銀座」をつくりだした。文字通り「電力県」となったのだが、土木工事と交付金による、立地町村の好況は、一瞬のうちに過ぎ、それぞれ過疎地に転落している。

本書に収められた文章が書かれたのは1980年代のこと。それから、さらに約40年の歳月が過ぎた。インタビューを受けた人たちはその後どのような人生を送り、町は今どんなふうになっているのだろう。

2004年5月18日、岩波現代文庫、1000円。

posted by 松村正直 at 23:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする