2021年06月08日

映画「僕の帰る場所」

監督・脚本・編集:藤元明緒
出演:カウン・ミャッ・トゥ、ケイン・ミャッ・トゥ、アイセ、テッ・ミャッ・ナインほか

在日ミャンマー人家族の不安定な暮らしと苦悩、そして日本で育った子どもたちのアイデンティティをめぐる問題を描いた作品。

2017年公開の作品だが、今年2月のクーデター以降のミャンマー情勢を踏まえて、急遽再上映されることになった。

キャストには演技経験のないミャンマー人を多く登用し、ドキュメンタリーのように家族のやり取りを撮ることに成功している。2作目の「海辺の彼女たち」とも共通する点だ。

日本語が上手で家族の中で一番しっかりしていたお兄ちゃんが、ミャンマーに移ってからは周囲になじめずに落ち込む姿が印象的。

とても良質な作品で、久しぶりにパンフレットも購入した。

出町座、98分。

posted by 松村正直 at 21:03| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。