2020年12月21日

青年団公演「忠臣蔵OL編」

平田オリザの青年団が今年から本拠地にしている江原河畔劇場へ。
最寄り駅はJR山陰線の「江原駅」。
京都10:25発の特急に乗って12:32着。2時間あまり。


P1080486.JPG

初めて降り立った江原駅。
住所は兵庫県豊岡市日高町。
特急から降りた乗客は僕だけだった。


P1080487.JPG

駅前の風景。雪が積もっていて、ひたすら寒い!
食堂でやきとり定食を食べて、14:00からの公演へ。


P1080489.JPG

江原河畔劇場。
昭和10年竣工の旧豊岡市商工会館を改装したもの。


P1080492.JPG

劇場名に「河畔」とある通り、ロビーの窓から円山川が見える。

「忠臣蔵OL編」は上演時間約1時間。「大石さん」はじめ7名のOLが、会社で殿の切腹を知り今後のことを話し合う会話劇。忠臣蔵という誰もが知っているストーリーを踏まえて、討ち入りを決めるまでのやり取りがユーモラスに描かれている。

「忠臣蔵武士編」もやっているので、そちらも併せて観るとさらに楽しめるのだろう。


posted by 松村正直 at 09:08| Comment(0) | 演劇・美術・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。