2019年11月27日

授賞式

昨日は18:00から「リュド・ヴィンテージ目白」にて、第6回佐藤佐太郎短歌賞・第7回現代短歌社賞の授賞式と祝賀会。

三枝浩樹さん、田中拓也さん、木ノ下葉子さんなど、初対面の方々とも話ができて楽しい会だった。

 森田あや子「かたへら」
伸び出でしばかりの太き早蕨を山よりもらふ蒔かずにもらふ
じやがいもの花が咲きたり便りせぬ子よ奨学金は返してゐるか
かたへらと父言ひ母はひとかたと言ひて捜せり下駄のかたへら
 北山あさひ「崖にて」
臨月のともだちへ手を振っているこのようにたまに灯台になります
鎌倉のだいぶつさまの背(せな)にある窓ひらきたし頬杖つきたし
頭(ず)の上に神社がのっているような真昼を溶けてゆくロキソニン

ご受賞おめでとうございます。

posted by 松村正直 at 22:19| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。