2019年02月05日

「塔」2019年1月号(その1)

その歌を知れども椰子の実は知らずわずかな世界を見て老いゆくか
                         小石 薫

島崎藤村の詩に曲をつけた「椰子の実」は何度も歌ったことがあるのに、実物は見たことがないのだ。下句に何とも言えない寂しさが滲んでいる。

 亡きひとは亡きこと知らずに集いたる写真のなかに夏巡るたび
                         沢田麻佐子

かつて撮った集合写真に写る故人を偲んでいるのだろう。自分が死んだことに気づいていないかのように、写真の中で楽しそうにしているのだ。

 癌を抱き生き長らえて庭石の濡るるを見おり眼鏡を置きて
                         竹之内重信

病を抱える身体で縁側に出て、久しぶりに自宅の庭を眺めているのか。結句「眼鏡を置きて」がいい。濡れた庭石がいつもより鮮やかに目に映る。

 慣れるとは嬉しきことで検尿の尿もすぐ出る きれいな尿だ
                         山下昭榮

病院に通う機会が増え、最初の頃はなかなか思い通りに出なかった尿がスムーズに出せるようになってきたのだ。一字空けの後の結句が印象的。

 床の上に触れさうで触れぬカーテンの襞がま直ぐに濃くなる夕べ
                         石原安藝子

「触れさうで触れぬ」ところに味わいがある。触れていたら歌にならないところ。外が暗くなるにつれて、カーテンの襞の部分が翳りを帯びてくる。

 「denisten-official」のまだ生きていて開けばデニスのまだ生きて
 いて                      小川和恵

デニス・テンは昨年亡くなったカザフスタンのフィギュアスケート選手。最初の「生きていて」は、公式サイトが閉じられてないことを指している。

 電話ボックスに睦み合ひゐる二人あり髪の短き方と目が合ふ
                         川田果孤

電話ボックスという密室で抱き合うふたり。「髪の短き方」という性別を明示しない言い方がおもしろい。目と目が合って何となく気まずい感じだろう。

posted by 松村正直 at 06:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。