この記事へのコメント
そういえば、「D・arts(ダーツ)」の初期の批評のテーマも「新しさ」でしたね。いつの時代にも共通する事柄はあるもので。
Posted by 森 at 2018年08月07日 22:43
「D・arts」の創刊号(2003年4月)は「短歌の新しさとは何だ!」という特集でした。もう15年も前になりますね。
Posted by 松村正直 at 2018年08月09日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。