2017年09月21日

「塔」2017年9月号(その1)


実家に置いてあるという認識の部屋にまだある息子のものが
                       石本照子

もう家を出てから相当な歳月が過ぎた息子さんだろう。「実家に置いてある」とは言っても、取りに来ることはないし、二度と使ったりはしないのだ。

往きて帰る鉄路五時間三千円たれも知らないけふのわたくし
                       鮫島浩子

一人で日帰りの旅にでも出かけたのか。「五時間三千円」という具体がいい。日常を離れた自分だけの時間。自分が今そこにいることは家族も知らない。

二巻より親しみていし漫画本一巻を買いしのち手放せり
                       山下裕美

謎解きのような不思議な味わいがある。欠けていた一巻が揃ったことで、漫画を読み終えてしまったのだ。読み終えたらもう手元に置いておく必要はない。

九十の郷土史家は指を折り今まだ疑問が九つあると
                       澁谷義人

九十歳という年齢にもかかわらず、まだまだ調べたい課題をたくさん持っている。調べ終わるということはないのだろう。その意欲と元気に圧倒される。

中古本『紅』購いて裕子さんの青きペン字の署名も得たり
                       向山文昭

『紅』は1991年刊行の河野裕子さんの第5歌集。「署名も得たり」がいい。本を開くと署名があって、思いがけぬプレゼントのように感じたのだろう。

心が今、皮を剥かれた枇杷のよう。涙が勝手に溢れてくるのだ
                       金田光世

上句の比喩がとても印象的な歌。まさに剥き出しといった感じの心が何とも痛々しい。枇杷の実の傷みやすさとも響き合って、作者の悲しみが伝わる。

「神水館」の湯に浸かるのがステータスとされし戦後の賑はひ偲ぶ
                       K田英雄

戦後の娯楽の少なかった頃には多くの人が憧れた格式のある宿。今ではあまり客も多くなく、ひっそりとしているのだ。そんな温泉にのんびり浸かる作者。

posted by 松村正直 at 18:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「次の世の楽しみとして取っておくことあり鞄ふかくにしまう」
終わり方がふっくらとして素敵でした。
始まりと終わり、勉強にもなります。
Posted by 豚肉を揚げる音 at 2017年09月22日 23:22
「布引の滝」、お読みくださりありがとうございます。
「勉強」はしなくていいですよ。参考にして下さい。
Posted by 松村正直 at 2017年09月23日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。