2017年05月27日

気になる言葉

歌会の批評などを聞いていて、気になる言葉あれこれ。

・「お歌」
   歌で十分。

・「後で作者に聞いてみたい」
   それなら何のために歌会をやっているのだか。
   斎藤茂吉の歌についても本人に聞くの?

・「間違ってるかもしれませんが・・・」
   歌の読みに間違いも正解もない。
   自分はこう読んだという点においてどれも正しい。

・「皆さんのご意見をお聞きしたい」
   いや、その前にあなたの意見を言いなさいよ。

・「えっ、私ですか?」
   はい、あなたです。

・「私は短歌初心者で・・・」
   いつまでそれを言うつもり? 言い訳は不要。

・「ちょっと別のことを考えていて・・・」
   歌会中は常在戦場でお願いします。

【追記】
「気になる言葉(つづき)」も書きましたので、あわせてお読みください。


posted by 松村正直 at 12:48| Comment(4) | 短歌入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番最後の、一回だけやってしまいました…。
他は一応パスしたと思い…たい。「日本語の謎を解く」面白いですね。今半分。ここ紹介の、かなり読んでます。選択が面白い(interesting)です!
Posted by 豚肉を揚げる音 at 2017年05月27日 16:07
『日本語の謎を解く』は読みやすくて、しかも様々な発見がある本ですね。
同じ著者の『物語論 基礎と応用』も面白いです。
そのうちブログに書く予定。
Posted by 松村正直 at 2017年05月27日 19:49
分かりますネエ。
Posted by しのぶ at 2017年05月28日 10:33
あくまで僕の個人的な見解です。
「歌の前ではみんな平等」というのが大原則だと思っています。
Posted by 松村正直 at 2017年05月28日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。