2015年12月31日

箱根へ

2泊3日で母や兄たちと箱根へ。

小涌谷にある岡田美術館で「箱根で琳派 大公開」展を開催中。
常設展示もかなり充実している。

20151230111822.jpg

入口にある福井江太郎の「風・刻」。
風神雷神図屏風を元にした縦12メートル×横30メートルの大壁画である。

館内は写真撮影禁止。
入場する際に空港の保安検査のようにセキュリティゲートを通り、手荷物検査を受ける。

速水御舟の「紅葉」「木蓮(春園麗華)」が特に良かった。
「紅葉」は幹のうねり具合と葉の鮮やかな赤色、さらに啄木鳥の姿に生命力とエロスがあり、「木蓮」には死相を思わせるような不気味なまでの妖艶さがある。

20151230115402.jpg

近くにある「千条(ちすじ)の滝」。
大正時代からの観光スポットらしい。

古い写真と見比べてみると、昔はもっと高さがあったようだ。
上部が崩落したらしく、岩肌がえぐれていた。

posted by 松村正直 at 21:54| Comment(0) | 演劇・美術・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。