2015年02月13日

あゝそれなのに

映画『喜びも悲しみも幾歳月』を見ていたら、昭和12年、長崎県五島列島の女島(めしま)灯台に勤務する主人公が同僚と一緒に「あゝそれなのに」を歌うシーンがあった。

♪ ああ、それなのにそれなのに、ねえ、おこるのはおこるのはあたりまえでしょう

「あゝそれなのに」は作詞:星野貞志(サトウハチロー)、作曲:古賀政男。昭和11年に発売され、翌12年に映画の挿入歌となると40万枚とも50万枚とも言われる大ヒットとなった曲である。

茂吉の歌に登場することからも、そのヒットぶりが窺える。

鼠の巣片づけながらいふこゑは「ああそれなのにそれなのにねえ」
              斎藤茂吉『寒雲』(昭和15年)

posted by 松村正直 at 06:57| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。