2012年10月01日

古い会員の方々を


2005年に「塔」の編集長になる前に、永田家に呼ばれたことがある。永田さんと河野さんからいろいろ話を聞いたのだが、その時に河野さんに言われたのは「古い会員の方を大事にして下さい」ということだった。

その時は、ちょっと意外な気がしたものだ。「良い誌面を作って下さい」でも「会員が増えるように努力して下さい」でもなくて、「古い会員の方を大事にして下さい」。何だか拍子抜けがした。

河野さんのあの言葉の意味がようやくわかってきたのは、たぶん最近のことだろう。歌壇的には全く無名でも、結社の中でコツコツと歌を作り続けている人が、世の中には大勢いる。そうした方々を抜きにして、結社や短歌を語ることはできない。

posted by 松村正直 at 17:27| Comment(4) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですねえ。
選歌していて、私が生まれる前から在籍しておられる人の存在を間近に知ります。

言葉のキレとかは別として、そういう方々が地域をまとめたり新人を歓迎してくださったり、あるいはじっと作り続けたりしているのですよね。

そういう方が、85歳とか90歳とかになられたと知ると、おどろきます。
「コスモス」の詠草用紙には、年齢を書く欄があるのでわかるのですが。
Posted by おおまつ。 at 2012年10月03日 23:32
なにが言いたいのかというと、さすが河野さん永田さんだということです。

「コスモス」では、そういうことは言わないで、なんとなくわかっているでしょう?みたいな雰囲気だけなので、きちんと言うことのチカラを感じました。
Posted by おおまつ。 at 2012年10月03日 23:34
河野さんは「コスモス」から「塔」に移ってこられたので、多分いろいろと苦労もあったのだろうと思います。

「塔」でもこういうことは、あまり表立って言うことは少ないのですが、やはり結社を運営したり結社誌を編集したりする際には、心がけておくべきことのような気がします。

歌壇的な評価や知名度だけがすべてではない、ということですね。
Posted by 松村正直 at 2012年10月04日 07:08
そうか。
河野さん特有の事情もあったのでしょうね。

これは。表だって言っても良い、とても大切なことだと思います。
私も言われたと思って心に留めておきます。
Posted by おおまつ。 at 2012年10月04日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。