2012年07月03日

夜の駅舎(その3)


書評に引かれていた3首の歌は「乳癌が見つかった」こととは関係がない。それは、『歩く』の巻末の初出一覧を見れば明らかである。
さびしさよこの世のほかの世を知らず夜の駅舎に雪を見てをり
                     「朝日新聞」1996年3月16日夕刊

死んだ日を何ゆゑかうも思ふのか灰の中なる釘のやうにも
   「塔」1999年2月号(初出一覧には2000年となっているが、これは誤り)

どのやうな別れをせしか爪立ちて鞍を置きゐる人と馬とは
        競詠「歌ことば・春の饗宴」2000年5月、「塔」2000年5月号
というように、3首とも2000年9月の「乳癌が見つかった」時より前の歌なのである。

別に、その間違いを指摘したいわけではない。大切なのは、乳癌が見つかる前から「死や別れを意識した作品」が、河野さんには多かったということだ。

今はどうしても河野裕子=乳癌というイメージが強いので、それに引きずられた読みをしてしまうのは仕方がない。でも、そろそろ冷静に河野さんの歌そのものを読んでいくべき時期に来ているのではないだろうか。

posted by 松村正直 at 00:03| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。