2011年09月23日

酒井順子×関川夏央×原武史『鉄道旅へ行ってきます』

関川 夏央,原 武史,酒井 順子
講談社
発売日:2010-12-21


鉄道好きの三人が一緒に旅をして、あれこれ楽しくお喋りをするというもの。『女子と鉄道』の酒井順子、『汽車旅放浪記』の関川夏央、『鉄道ひとつばなし』シリーズの原武史という何とも豪華(?)な組み合わせ。

観光案内的な要素はほとんどなくて、ひたすら線路の分岐の仕方がどうとか、駅そばの味がどうとか、激しく惹きつけられる車窓風景がどうとか、興味のない人には全く興味のなさそうな話が続いていて、そこが面白い。

鉄道ファンにも「乗り鉄」「撮り鉄」「スジ鉄」「模型鉄」など、さまざまな分類があって、興味の持ち方は人それぞれ。この本に出てくる三人の関心や好みにも微妙な違いがあり、それが時おり鞘当てのような気配を醸し出すところにも、鉄道趣味の奥深さが感じられる。

2010年12月20日、講談社、1600円。

posted by 松村正直 at 19:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。