2017年08月15日

「短歌往来」2017年9月号


米川千嘉子「つるつるの世」33首から、はじめの5首を引く。

 「お嬢さんの金魚」の歌よ水槽はとぷとぷとぷと夏のひかりに
 九州に豪雨はつづき七年間会ふことなき河野裕子さんをおもふ
 河野さんの「ちりひりひ」とか「妙(めう)な」とか ひるがほは首しろく
 咲きだす
 アホなことはどれほどどれだけ積み上がりし この七年を知らぬひる
 がほ
 河野さんのあかあか赤ままの良妻のうた その幸ひはいまもそよぐや

2010年に河野裕子さんが亡くなって、早くも7年が過ぎた。
河野さんを偲びつつ、移りゆく時代に思いを馳せているのだろう。

河野さんの歌がいくつも踏まえられている。

 お嬢さんの金魚よねと水槽のうへから言へりええと言つて泳ぐ
                      『歩く』
 ちりひりひ、ちりちりちりちり、ひひひひひ、ふと一葉(ひとは)笑ひ出し
 たり神の山              『体力』
 眠りゐる息子の妙(めう)な存在感 体力使ひて眠りゐるなり
                      『体力』
 美しく齢を取りたいと言ふ人をアホかと思ひ寝るまへも思ふ
                      『母系』
 良妻であること何で悪かろか日向の赤まま扱(しご)きて歩む
                      『紅』

こんなふうに古い歌を思い出しながら、歌を読んでいくのも楽しい。

posted by 松村正直 at 23:07| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「上終歌会01」


2016年8月から京都芸術大学文芸表現学科の学生を中心に行っている「上終(かみはて)歌会」のメンバーの出した冊子。記念すべき第1号。

 赤青黄緑紫白黒と何もなかった日の帰り道
                     小林哲史

上句の色の羅列が「何もなかった」につながるのが面白い。色だけをぼんやり見ていたようでもあるし、本当は何かあった日なのかもしれないとも思う。

 記憶の雪は四十五度にふっている窓の対角にきらきらとして
                     中野愛菜

「四十五度」がいい。風まじりの氷の粒のような雪が斜めに窓を横切っていく。ふるさとの家で見た光景だろうか。記憶に今も鮮やかに残っているのだ。

 帽子だけ持って飛び乗る上り線窓の指紋が富士に重なる
                     鵜飼慶樹

上句のリズムや内容に若さと勢いがある。下句は一転して非常にうまい写生で、技術の確かさを感じる。東海道線で東京方面へ向かうところか。

 はなびらがあなたの胸にすべりこむはなびらだけが気づく心音
                     中山文花

淡い恋の歌。相手の着ているTシャツの首のあたりから桜の花びらが入っていくのが見えたのだろう。君の心臓に触れてその音を聴いてみたいという思い。

 バースデーケーキに墓標立てる彼うちくだかれたうちくだかれた
                     森本菜央

下句がいい。ひらがな表記が呪文のようでもあるし、「打ち砕かれた」という言葉が解体して、「抱かれた」や「枯れた」が浮んでくるようにも読める。上句の蠟燭を「墓標」に見立てているのも、意外性があって印象に残る。

2017年8月1日発行。

posted by 松村正直 at 12:18| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

短歌結社


結社で学んだことはいろいろあるが、一番は「人間は生きて死ぬ」ということ。

河野裕子さん、田中栄さん、諏訪雅子さん、古川裕夫さん、坂田久枝さん、
塩谷いさむさん、田中雅子さん、佐藤南壬子さん、山下れい子さん・・・

もう二度と会えない人がたくさんいる。

posted by 松村正直 at 18:53| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月12日


今日は河野裕子さんの亡くなった日。
もう7年になるのか。

今死ねば今が晩年 あごの無き鵙のよこがほ西日に並ぶ
やはらかな縫ひ目見ゆると思ふまでこの人の無言心地よきなり
アメンボの私の脚がまぶしいから 土曜の水面は曇つてゐてほしい
欠詠の若きらをもはや頼まざり私にはもう時間がない
先の世といふはあらずよ親とより長く暮らしし君が髪刈る

歌集『家』(2000年)は、僕が初めて読んだ河野さんの歌集である。
1995年から1999年までの歌が収められている。

歌集の最初のページにメモが挟まっていて、2000年1月21日に「『家』を読む会」という勉強会をしたことがわかる。参加者は、なみの亜子、川本千栄、深尾和彦、澤村斉美、西之原一貴、松村正直の7名。

「全体の感想」として

・松村・・・意外に上手い
      上手い歌(上手さ)、散文的な歌(思い)
      残り時間、晩年意識
      家 子供が出ていき自分が残る タイトル

と書かれている。自分の先生の歌に対して「意外に上手い」とは、何て失礼なやつだろう。この時はまだ結婚前で、大分に住んでいて、29歳だった。

posted by 松村正直 at 08:57| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

第六回琅玕忌だより


P1050802.JPG

「第六回琅玕忌だより」が発行されました。(非売品)

今年2月18日に熊本で行われた琅玕忌(石田比呂志さんを偲ぶ集まり)の内容がまとめられたもので、私の講演「短歌の骨法―石田比呂志の歌の魅力」も載っています。

手元に4部ありますので、欲しい方はメールでご連絡ください。
先着順、無料です。 【残部なくなりました 8月12日】

posted by 松村正直 at 17:47| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

山梨にて(その2)


 P1050784.JPG

「西湖いやしの里 根場」は、富士五湖の一つ西湖のほとりの根場地区にある観光用の茅葺き屋根の集落。20棟の家が立ち並び、昔ながらの農村風景を再現している。地元の物産の販売や伝統工芸の体験教室なども開かれており、外国人の観光客も多かった。


 P1050797.JPG

へちまの棚。


 P1050786.JPG

地元の農産物。

でも、この場所の一番の見どころは「砂防資料館」だと思う。根場の集落は昭和41年の台風による土石流で壊滅的な被害を受け、多くの死者を出した。その後、高台へ集落ごと移転して、元の場所には何もなかったのだが、そこに2006年に観光用の集落を作ったのである。


 P1050789.JPG

そうした歴史を知ると、のどかな茅葺き屋根の集落が、全く違った印象で見えてくる。

posted by 松村正直 at 08:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

山梨にて(その1)


2泊3日で山梨県身延町に住む母の家に行ってきた。
3年前に連れ合いを亡くしてから一人暮らしなので、何かと心配ではある。


 P1050782.JPG

最寄り駅のJR身延線「下部温泉駅」。
夏休みシーズンということもあって、いつもより駅前も賑わっていた。


 P1050799.JPG

母の家から眺める身延山。
家のすぐ近くには富士川も流れていて、自然の豊かな土地である。

今回は母と兄と3人で、初日は「西湖いやしの里 根場(ねんば)」、2日目は「みはらしの丘 みたまの湯」にも出掛けた。家に籠もりがちな母を外へ連れ出すのも訪問の目的の一つ。本当は泊まりがけで旅行に行きたいのだが、母は年老いた飼い猫が心配で外泊をしようとしない。

posted by 松村正直 at 08:45| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

山梨へ


2泊3日で山梨の母のところへ行ってきます。
こちらの最寄り駅を朝7:09に出て、向こうの最寄り駅に着くのが11:25。
台風の動向が気がかり。

posted by 松村正直 at 06:33| Comment(4) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文学部とは


昨日、ある大学で、

 文学部 ≠ 「文学」部
 文学部 ≒ 「文」学部

という話を聞いた。
「文」とは「人文学」(humanities)のことなのだと言う。

なるほど、そうだったのか。
確かに言われてみればその通りだ。

posted by 松村正直 at 00:17| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

三浦しをん著 『あやつられ文楽鑑賞』



2007年にポプラ社より刊行された単行本の文庫化。

文楽にふいに興味が湧いてきて手に取ったのだが、文章がとにかく面白くてすらすら読める。もちろん内容は真面目で、優れた入門書になっている。

文楽の人形は、魂の「入れ物」である。大夫さんの語り、三味線さんの奏でる音楽、そして人形さんが遣うことによって、はじめて魂を吹き込まれる「容器」なのだ。だから場面に応じて、人間以上に「人間」になることも、聞き役に徹する「背景」になることもできる。
近松門左衛門は、きわめて意図的に、与兵衛の心理描写を省略したのだ。『女殺油地獄』は、心理を説明しないことによって、逆に人間心理を限界まで追求しようと試みた、非常にスリリングな作品だ。
咲大夫さんの師匠・豊竹山城少掾はかつて、「ここはこういう解釈ですか」と質問するひとに対して、「そういうふうに聞こえましたか」と答えていたそうだ。これは名回答で、たしかに、義太夫を聞いて、それをどう受け止めようと、お客さんの自由なのである。

表現ということについて、いろいろと考えさせられる一冊である。
とにかく文楽を観に行かないことには始まらないな。

2011年9月18日第1刷、2015年3月10日第11刷、双葉文庫、600円。

posted by 松村正直 at 15:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

平成29年度堺市民芸術祭、堺短歌大会


10月21日(土)に堺で講演「啄木の現代的な魅力」を行います。
現在、短歌大会の作品を募集中です。

日時 平成29年10月21日(土)午後1時〜4時半
場所 堺市東文化会館(フラットホール)
プログラム
   第1部 講演 松村正直「啄木の現代的な魅力」
   第2部 選者による作品選評、表彰式
大会資料代 1000円
作品締切 平成29年8月10日(木)当日消印有効
主催 堺市文化団体連絡協議会・堺歌人クラブ

P1050780.JPG

posted by 松村正直 at 21:31| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

「かりん」 2017年8月号


池谷しげみさんの「発送作業を終えて」という文章を、しみじとした思いで読んだ。

 「かりん」は創刊以来、手作り感を大切にして、発送作業も手書きをつづけてきました。根本的なこころざしに変わりはありませんが、来年の創刊四十周年を機に、時代に即したやりかたを徐々に採りいれようと、模索をはじめています。
 手始めに、発送作業を外部に委託することとなり、すでに七月号から新システムに移行しています。

つまり、これまで自分たちで行ってきた結社誌の発送作業を、外部の会社に委託することになったというわけだ。それに伴って宛名も手書きではなく、印刷されたラベルになるのである。

これまで四十年近く、毎月一回、発行所(馬場さんのご自宅)に集まって発送作業をされていたのだという。きっと大変なことも多い一方で、楽しい集まりでもあったのだろう。時代の移り変わりとはいえ、ずっと続いてきたことが終わるのは寂しいことである。

「塔」ではもう随分前から発送作業は印刷所に委託している。でも、その前は古賀泰子さんのお宅で発送作業をしていたと聞いたことがある。

合理化できるところは合理化してというのは「塔」でも進めている路線だし、実際にそうしていかないと、この時代に結社を存続させていくことはできない。でも、本当に合理化だけを考えるなら、結社を解散するのが一番ということになってしまう。そのバランスをどのように取っていけば良いのか、結社の今後のかじ取りは非常に難しい。

池谷さんの文章の最後には、宛名書きや会費チェック、袋詰めと荷造りを担当されていた方々のお名前が列記されている。必ずしも歌壇的に有名な方ばかりではない。でも、そうした方々の力があって初めて、結社は成り立っているのである。そのことを常に心に置いておきたいと思う。

長い間、本当にお疲れさまでした。
書いていて、涙が出てきた。

posted by 松村正直 at 12:37| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

久保田幸枝著 『短歌でたどる樺太回想』



昭和12年に樺太で生まれ、昭和22年に引き揚げるまで樺太に住んだ著者の短歌エッセイ集。文芸誌「ぱにあ」の連載を一冊にまとめたもの。

 樺太留多加郡留多加町大町二十五番地いまは何町
 かばひける覚えあらねばオロツコの少女をあなどりしひとりなりけむ
 ひひならは老いたるまなこを細めゐむサハリンの野に髪凍らせて
 引揚船「宗谷」のデッキにて手を振りき流氷の上のオットセイらに
 映像のユジノサハリンスクの風わたくしの目に埃をとばす

樺太の思い出やソ連占領下での生活、引き揚げと戦後の苦労など、実際に体験した人にしか書けない内容が多く、歴史の貴重な証言となっている。

2016年10月16日、洪水企画、1600円。

posted by 松村正直 at 12:34| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

鈴木孝夫・平田オリザ著 『下山の時代を生きる』



言語学者の鈴木孝夫と劇作家の平田オリザの対談。

平田の現代口語演劇理論が鈴木の『ことばと文化』などの著作に影響を受けて生まれたという関係があり、今回初めて対談が実現したものである。

90歳という年齢にもかかわらず非常に元気で多少暴走気味な鈴木と、それをうまく受けながら、けれども言うべきことはきちんと言って話を進める平田の間合いが絶妙で、面白いと言うか奇書と言うか、一風変わった本になっている。

鈴木 日本語は結局、話の場に張り付いている場の雰囲気というものが非常に大切なんです。つまりハイコンテクスト(高文脈)のタイプの言語で、同じことを言っても文脈によって意味が全然違ってくることがあります。
鈴木 いま日本の大学で外国語を学ぶのだったら、国家的な必要度から言えば、英語はやむを得ないにしても以前より必要性の少なくなったドイツ語やフランス語よりも、今ほとんど学ばれていないロシア語やペルシャ語、アラビア語をやるべきです。
平田 フランス人の面白いところは、自分にはよくわからないけれど何か価値がありそうなものに対しては、ちょっと尊敬するところですね。(・・・)ところがアメリカ人の多くは、自分がわからないと駄目なんです。
平田 文科省はいま、「問題解決能力のある子」を育てようと言うのですが、ぼくはむしろ大切なのは「問題発見能力」あるいは「問題設定能力」だと思っています。

言葉や日本のあり方をめぐるやり取りには、なるほどと気づかされる点がたくさんある。「登山」ではなく「下山」というのが、これからの時代のキーワードになっていくのだろう。

それにしても、鈴木孝夫、面白すぎる。

2017年4月14日、平凡社新書、740円。

posted by 松村正直 at 08:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

日本語文法と短歌


「角川短歌」に書いた歌壇時評「日本語文法と短歌」について、「塔」の短歌時評で花山周子さんに、さらに東郷雄二さんにも「橄欖追放」で触れていたただきました。ありがとうございます。

松村正直「日本語文法と短歌」(「角川短歌」2017年2月号)
花山周子「歌を死なせては元も子もない」(「塔」2017年7月号)
東郷雄二「日本語の「現在形」について」(「橄欖追放」第214回)

口語短歌の読みが深まるきっかけになればと思っています。

posted by 松村正直 at 07:50| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

仲村清司・藤井誠二・普久原朝充著 『沖縄オトナの社会見学R18』



三人で沖縄の街歩きをしながら、地元の人しか知らないような名所や穴場を紹介するガイドブック。「那覇編」「普天間編」「コザ編」「金武・辺野古編」「首里編」という構成になっている。タイトルに「R18」とあるが、別に怪しげな本ではなく、いたって真面目な内容である。

普久原 そば粉を使っていないのに「そば」と称しているものだから、復帰後にまぎらわしい名称ということで公正取引上の問題になったことがあるそうですね。
普久原 武田五一の設計した戦前の旧那覇市庁舎の建っていた街路は、旧那覇市でも一番の繁華街だったのですが、実は、その街路にもすずらん灯がともっていました。
藤井 沖縄では酒税軽減措置が復帰特別措置法で定められています。酒税は泡盛で三五%、ビールで二〇%軽減されているんですね。
仲村 基地埋め立てを巡って問題になっている海側を見るのも重要ですが、こういう地元の人々の生活空間の成り立ちも見た方がいいと思う。
仲村 首里と那覇は点で考えるのではなくて、線として考えると、歴史的な意味が浮き上がって見えてきます。

琉球王朝時代の話に加えて、特飲街(特殊飲食街)やAサインバー(米軍公認の飲食店・風俗店)などの痕跡も詳しく紹介されており、沖縄の歴史が重層的に浮かび上がってくる。

世代も出自(大阪生まれのウチナーンチュ二世、愛知生まれの沖縄好き、沖縄生まれ沖縄育ち)も専門もバラバラな三人だからこそ、面白い話になるのだろう。それぞれの持ち味やものの見方が見事なバランスを生み出している一冊だ。

2016年5月8日、亜紀書房、1600円。

posted by 松村正直 at 09:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

栗木京子歌集 『南の窓から』



副題は「短歌日記2016」。

2016年1月1日から12月31日まで、ふらんす堂のホームページに連載された366首を収めた第9歌集。

 冬の日の聴力検査 海に降る白ききらめき身に感じつつ
 赤は黄を、あるいは青を生むことを墓前の炎見つつ知りたり
 火口湖の遠きかがやき宿りたり卓のめがねに夕日の差せば
 翅をもつ性ともたざる性ありて保育園児ら苑にあそべり
 さかしまに顔ふたつありとらんぷのハートのジャックは真横を向きて
 ものの影めくれあがりて炎(も)えむとす夏の地平に日の沈むとき
 内部より出でたるものはなまなまし桜桃のたね皿に光りて
 一周忌の友の墓前に集ひ来ぬ手書きの地図をもちてわれらは
 汽車の窓並ぶがごとしほの暗き画廊に銅版画の飾られて
 竹群の竹濡れてをり隣り合ひつつも触れてはならぬものある

1首目、目を閉じて一心に音を聴いている時の体感とイメージ。
2首目、亡き人を思いつつ、蠟燭の火をじっと見つめているのだ。
3首目、眼鏡のレンズに映る夕日から火口湖への連想が美しい。
4首目、「男」「女」という語を言わないことで、性別というものを考えさせる歌。
5首目、絵柄の顔の向きにはそれぞれ意味がある。真横を向いているのはハートとスペードのジャック、そしてダイヤのキングだけ。
6首目、上句の表現に力がある。まるで原爆が落ちる瞬間のようだ。
7首目、桜桃の外側はあんなにつやつやとしてきれいなのに。
8首目、「手書きの」がいい。親しかった人たちだけの集まりという感じ。
9首目、「汽車の窓」に見立てることで、画廊という空間が違って見えてくる。
10首目、竹の話から始まって、どこか恋のイメージへとつながっていく。

すべての歌に日付と詞書(散文)が付いているのだが、詞書と歌の距離が全体に近いように感じた。詞書と歌が相乗効果を発揮するまでには至っていない。

2017年7月20日、ふらんす堂、2000円。
posted by 松村正直 at 08:43| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

「塔」2017年7月号


第7回塔短歌会賞・塔新人賞の発表号。
塔短歌会賞は岡本幸緒さんの「ちいさな襟」、塔新人賞は野岬さんの「息を掬ふ」が受賞した。

 ゆうぐれの坂を知らざり領事部は午前中だけ開かれている
 「主人がね」次の話題に移るたび枕詞のように聞きおり
                      岡本幸緒
 ネクタイは太刀魚のごとひらめきて夫の灼けたる頸に巻きつく
 均一になるまで混ぜて食べてゐる 長男として育つて来たひと
                      野 岬

岡本さん、野さん、おめでとうございます!

posted by 松村正直 at 21:33| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

河野博子著 『里地里山エネルギー』



副題は「自立分散への挑戦」。

再生可能エネルギーに関する取り組みを全国各地に取材してまとめた本。例として挙がっているのは、宮城県東松島市(太陽光)、山形県庄内町(風力)、鹿児島県甑島(太陽光、蓄電池)、岩手県紫波町(木質チップ)、富山県五箇山・宇奈月温泉(小水力)。

再生可能エネルギーの利用が「地球温暖化対策」や「輸入燃料への依存度の軽減」「災害時対応」といった目的だけでなく、地方創生の手段になるとの指摘が、本書の大きな特徴だろう。エネルギーの地産地消が、町おこしの一環になり得るというのである。

現在は固定価格買い取り制度などの優遇策や補助金に頼っている部分が大きいが、再生可能エネルギーが普及して設備投資にかかる費用が安くなれば、経済的にも十分に成り立つように思われる。

2017年1月25日、中公新書ラクレ、780円。

posted by 松村正直 at 19:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

光嶋裕介著 『建築という対話』



副題は「僕はこうして家をつくる」。

内田樹の凱風館を建築したことで知られる著者が、自らの生い立ちや建築家になろうとした理由、建築家とはどういう仕事か、建築家として考えていることなどを述べた本。

○内田樹著『ぼくの住まい論』
http://matsutanka.seesaa.net/article/413621903.html
○光嶋裕介著『みんなの家。』
http://matsutanka.seesaa.net/article/415872677.html

読んでいて文体が独特だなと思っていたら、あとがきに、「語り下ろし」という形式で書かれたことが記されていた。編集者とのインタビューをもとにして書き直した一冊ということのようだ。なるほど。

文章に限らず、スケッチやドローイングを描いているときも、本当に集中して何かを手探りで書(描)いているときは、全体像や目的地が、はっきりとはわからない状態から出発します。鮮度の高い何か得体のしれないものに触れながら、事後的に「わかる」という感覚がつかの間だけでも得られるのだと思います。
実際に見えるモノだけではなく、その向こう側にあるかもしれない見えないものに、建築家として対処することができないだろうかといつも考えています。その内に美しさを秘めた見えない存在を、仮に「物語」と呼んでもよいでしょう。

こうした部分は建築というジャンルに限らず、多くの創作に当て嵌まることだと思う。

合気道やプリコラージュなど、内田樹の影響が少し強過ぎるかなという気もするし、ところどころ正論過ぎて鼻につく部分もある。でも、全体としては著者の建築に対する思いが率直に述べられていて、質の高い内容だと思った。

2017年5月10日、ちくまプリマ―新書、880円。

posted by 松村正直 at 07:59| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする