2017年02月12日

片岡弥吉著 『長崎の殉教者』



副題は「キリシタン弾圧の歴史」。

長崎に生まれキリシタン研究で知られる著者が、江戸時代の約250年にわたる禁教と弾圧、そしてその後の信徒発見に至る歴史を描いた本。

昭和32年に角川新書で刊行され、その後、昭和45年に増補改訂され角川選書の一冊となっている。古書店で入手。

長崎、平戸、大村領、有馬領、五島など、長崎県各地における殉教の様子が詳細に記されている。その中には、日本二十六聖人や、遣欧少年使節の一人中浦ジュリアンなどのほか、数多くの無名の人々の名前があり、犠牲者の多さや信仰の強さに驚かされる。

この人たちは、ただ一言信仰を捨てる、といえば助かることができたのだが、キリシタンの信仰こそ、真の救いの道、唯一の幸福の道、また神に対する人間の最大の義務であることを確信し、その信仰に間違いがないことを証明するために、喜んで生命を捨てた。

こうした見方をする著者は、棄教者・背教者に対しては実に厳しい。

人間の弱さのゆえに、この責め苦に堪えられないで、信仰を捨てた人もあった。後に沢野忠庵と呼ばれたクリストゥアン・フェレイラもその一人であった。穴づりの苦しさに堪えかねたのである。しかし背教によって肉体の生命はながらえたが、良心の呵責は、彼らの生活を幸せなものにはしなかったと思う。

これは確かに正論であろう。本書で殉教者の感動的な行為や言葉を読めば読むほど、確かにそうだとの思いは強まっていく。

けれども、殉教者への賛美の裏側にこうした棄教者への軽侮が伴うというのは、何とも言えず悲しいことではないだろうか。

1970年3月30日初版、1980年6月30日4版。
角川選書、760円。

posted by 松村正直 at 11:34| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

『改訂版 松村英一全歌集』

『改訂版 松村英一全歌集』(新星書房)は1985年に出た全集の改訂版。全17歌集と補遺の計9468首を収めている。

全体をざっと眺めていて、一つの発見があった。
それは昭和26年の次の歌である。

樺太の奥鉢(おくばち)山をおもふなりそこにもありしごぜん
たちばな                 『石に咲く花』

ごぜんたちばな(御前橘)は高山に育つ植物で、石川県の白山(御前峰)が名前の由来となっている。

1首前には〈高山のごぜんたちばな紅葉して葉が散りおちぬ霜ふりしかば〉という歌がある。どこかの山でごぜんたちばなを見て、戦前の樺太の奥鉢山で見たごぜんたちばなを思い出したのだ。

松村英一は『樺太を訪れた歌人たち』にも書いたように、昭和12年に樺太を訪れている。その時、奥鉢山に登って「ごぜんたちばな」の歌を詠んでいる。

霧の湧く湖を見おろす岩山に花は過ぎたるごぜんたちばな

さらに言えば、奥鉢山には昭和14年に松村の歌碑が建てられたのであった。そんな縁の深い山のことを、戦後になっても松村はちゃんと覚えていたのである。

http://matsutanka.seesaa.net/article/444540538.html

奥鉢山の歌碑は今どうなっているのだろう。
いつか確かな情報をつかんで、現地に探しにいきたい。

posted by 松村正直 at 20:16| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

宮崎へ(その3)

2日目は古い町並みが残っている日向市の美々津へ。
古くから港町として栄えた町で、重要伝統的建造物群保存地区となっている。

 P1050507.JPG

「日本海軍発祥之地」の碑。

かつて神武天皇の船がここから東征に発ったとの神話に基づいて、海軍発祥の地とされたらしい。紀元2600年記念事業の一環として、昭和17年に建立されたもの。

どこかで見たことのあるような造形だと思ったのだが、宮崎市にある「八紘一宇の塔」と同じ人の手によるものであった。


 P1050504.JPG

「海軍両爪錨」。

「両爪」は両側に爪がある錨のことで、「片爪」に対する言葉らしい。
これも昭和17年に製造されたもの。海軍のシンボルとして展示されているのだろう。


  P1050508.JPG

日向市駅に立つ若山牧水像。
「ふるさとの尾鈴のやまのかなしさよ秋もかすみのたなびきてをり」。

posted by 松村正直 at 07:56| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

宮崎へ(その2)


P1050491.JPG

掩体壕の内部。
コンクリートが剥げてところどころ鉄筋が見えている。


P1050493.JPG

後ろから見た掩体壕。
屋根に草が生えているところなど、歳月を感じさせる。


P1050495.JPG

すぐ近くにある別の掩体壕。
入口がフェンスで覆われて中に入れないようになっている。


P1050499.JPG

3基の掩体壕から歩いて5分ほどのところにも、
コンクリート製の弾薬庫(?)が2基残っている。


posted by 松村正直 at 22:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

宮崎へ(その1)

吉川宏志さんが第21回若山牧水賞を受賞されるということで、授賞式と記念講演会が開催される宮崎へ行ってきた。

授賞式の様子などは他でもいろいろと紹介されると思うので、このブログでは個人的なことだけを書いておこう。

宮崎空港はもともと旧日本海軍赤江飛行場として建設されたもので、今でも飛行場近くに戦争関連の史跡が残っている。今回せっかくの機会なので、それらを見てきた。

まずは、空港の西側にある宮崎特攻基地慰霊碑へ。

  P1050484.JPG

赤江飛行場から出撃した特攻隊員385名と宮崎県出身で他県から出撃した隊員を含めた約800名を祀っている。一人一人の名前が記され、また遺書や遺詠なども彫られていて、戦争の犠牲の大きさをあらためて感じる。

続いて、空港の北西側に残る掩体壕へ。
敵の攻撃から飛行機を守るためのコンクリート製の構造物である。

 P1050489.JPG

空港ターミナルから歩いて30分ほどの畑の中に3基現存している。
特に史跡として保護されているわけではないが、保存状態は悪くない。

posted by 松村正直 at 23:07| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

映画 「沈黙―サイレンス―」

監督:マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也ほか
原作:遠藤周作

拷問や処刑の生々しさに、まずは目を奪われる。

人間の強さとは何か、弱さとは何か、何が正しいことなのか、自分だったらどうするか。162分という長さを感じさせずに引き込まれる内容であった。映画が終った後も、繰り返し問い掛けられる感じがする。

映画の中で宣教師が日本語を覚えようとしないという話が出てくるが、この映画もまた多くのやり取りは英語で行われている。考えてみればこれは非常に根深い問題かもしれない。

MOVIX京都、162分。

posted by 松村正直 at 05:04| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

橋本喜典さん

2月号の総合誌を読んでいて気づいたのだが、「角川短歌」「短歌研究」「歌壇」の巻頭作品の最初がすべて橋本喜典さんである。

聞こえざる耳傾けて聞かむとし目の前にある天婦羅食へず
                 「角川短歌」2月号
わが思惟はいま活発にうごきをり雨に打たるる石見つつゐて
                 「短歌研究」2月号
亡くなりしひとはこの世に会へぬなりその当然をなぜまた思ふ
                 「歌壇」2月号

それぞれ31首、15首、20首の連作。「現代短歌」2月号にも7首載っているので、あわせて実に73首(!)だ。

橋本さんは昨年11月に歌集『行きて帰る』を出されたので、それを受けて原稿依頼したところ、たまたま重なったということだろう。しかも、巻頭作品が何人かいる時は年齢順に並べるのが慣習なので、3誌とも橋本さんが一番最初になったわけである。

このあたりに総合誌の編集方法の限界を見ることもできるわけだが、橋本さんに注目が集まること自体はとても嬉しいことだ。『行きて帰る』も味わいのある良い歌集であった。
http://matsutanka.seesaa.net/article/443295594.html

結社誌「まひる野」の巻頭も橋本さんである。

歓びと驚きとそして可憐さを まあ。の一字に伝ふる手紙
                  「まひる野」2月号

後記によれば、橋本さんは昨年末を持って「まひる野」の編集委員を退任されたとのこと。

○昨年十二月を以て編集委員(運営委員)を辞することにしました。視覚障害が進み選歌の責任が十分に果たせないと判断したことが最大の理由です。昭和23年夏、入会するや編集のお手伝いから始まって、編集・運営に関するすべてを経験し、じつに多くのことを学びました。七十年近い作家生活の根源にはこれらの仕事による「まひる野」への愛着がありました。もちろん退会するわけではありません。これからは一会員として作品を(時には文章も)発表したいと思います。多くの病気をかかえる身ですが、この書屋爽庵でたのしく歌の生活をつづけたいと念じています。ときにはどうぞ、お尋ねください。(橋本)

書き写しているだけで涙がこぼれそうになる。
長年たずさわってきた役割を離れて、今どんなにか寂しいことだろう。
本当にお疲れさまでした。

posted by 松村正直 at 07:37| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

青野照市著 『プロ棋士という仕事』


副題は「将棋界の不思議な仕組み」。

史上最年少棋士のデビュー、映画「聖の青春」の公開、竜王戦の挑戦者変更、日本将棋連盟の谷川浩司会長の辞任、加藤一二三九段の引退決定など、最近何かと話題になることが多い将棋界。その内側を現役9段のプロ棋士がわかりやすく記した一冊である。

「対局料は1局いくら?」「対局中はどんなことを考えている?」「引退はいつ?定年はある?」「将棋会館のなかはどうなっている?」「奨励会受験者の何人が合格し、そのうち何人が棋士になれる?」など、全95の問いに見開き2ページで答えている。

目隠し将棋でプロが苦手とするのは、持ち歩の数である。盤面の配置を間違えることはまずないが、持ち駒の歩をポンポン使っているうちに、残りが何歩かわからなくなることがある。
「しまった!」と思った手は、じつはたいした悪手ではなく、あせって指した次の手が致命傷というのは、将棋にかぎらず人生に通ずるものがあると思う。
年間20数局となると、年中対局があるというわけではない。昔、ある棋士の奥さんが近所の方に「ご主人は今日もお休みですか」と言われた、という話を聞いたことがある。

こんなふうに、現役の棋士ならではの話がぽんぽん出てきて面白い。

A級通算11期、通算勝ち星745勝。63歳の今もB級2組に在籍する著者の今後ますますの活躍が楽しみだ。

2016年月10月20日、創元社、1400円。

posted by 松村正直 at 19:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

現代歌人集会春季大会 in 大阪

7月17日(月・祝)に大阪で現代歌人集会春季大会を開催します。
テーマは「調べの変容〜前衛短歌以降〜」。

大辻隆弘理事長の基調講演、穂村弘さんの講演、堂園昌彦・阿波野巧也・河野美砂子・魚村晋太郎(進行)の4名によるパネルディスカッションが行われます。

参加費は2000円(当日払い)です。皆さん、どうぞご参加ください。

 kajin-shukai-spring 2017.png

posted by 松村正直 at 17:43| Comment(4) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

大森静佳歌集 『サルヒ』

モンゴルへ旅行した時の写真と短歌30首を載せた1冊。
タイトルの「サルヒ」はモンゴル語で「風」という意味とのこと。

草原に火を芯として建つ包(パオ)のひとつひとつが乳房のかたち
唇(くち)もとのオカリナにゆびを集めつつわたしは誰かの風紋でいい
顔が長いだけなのにいつもうつむいているように見える馬たちしずか
朝。シャツを脱いできれいなシャツを着る異国の闇を手に探りつつ
犬の死骸に肉と土とが崩れあう夏。いつまでも眼だけが濡れて

1首目、中央に炉があることを「火を芯として」と言ったのがうまい。
2首目、小さなオカリナを吹いているのだろう。下句が個性的で印象的なフレーズだ。風が過ぎた跡にできる風紋であってもいいとの思い。
3首目、おもしろい発見の歌。確かに馬は俯いている感じがする。
4首目、朝の暗がりでの着替えの場面。「異国の闇」がいい。
5首目、土に同化していきながらも、眼だけは生前のようになまなましく残っている。

写真の青空と草原の色が美しい。
犬、馬、羊、牛、そして子供たちが、みな生き生きとしている。

2016年11月23日、500円。

posted by 松村正直 at 21:34| Comment(1) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

「塔」2017年1月号(その2)

洞(うろ)みせて舟屋ゐならぶ伊根湾に遊覧船はターンをはじむ
                     竹下文子

「舟屋」は一階部分が海に面して船を入れられる造りになっている。その暗がりを「洞」と表現したのがうまい。湾の風景が見えてくる。

客のない料理店(レストラン)の窓はなたれて額縁の中に貴婦人
立てり                 朝日みさ

開店準備をしているところだろうか。壁に飾られた絵の中の貴婦人がまるで生きているかのような存在感を放っている。

片側に止まりて待てばすれ違ふ少女の腰の熊鈴の音
                     穂積みづほ

山道を歩いているところだろう。道幅が狭くて、どちらかが止まらないとすれ違えないのだ。「熊鈴の音」だけがあたりに響いている。

アメンボが一匹二匹三匹とどんどん増えて雨粒となる
                     村ア 京

水面にできた波紋をアメンボに喩えている歌。最初はアメンボが動いているかと思ったら実は雨だったという感じかもしれない。

頼ることの苦手な母より電話ありいつかくる日が今きたと知る
                     八木佐織

もう自分一人ではどうしようもなくなって、母が助けを求めてきたのだ。覚悟していた事態がいよいよ現実になったという緊迫感がよく表れている。

posted by 松村正直 at 08:59| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

「塔」2017年1月号(その1)

兄姉を持たざるわれが妹にその味をきく法事の席に
                 大橋智恵子

作者は長女なのだろう。年上のきょうだいがいるというのはどんな気分なのか、妹に聞いてみたのである。「味」という言葉の選びがいい。

シャッターを上げた幅だけ陽のさして一生(ひとよ)をおえし
金魚を映す           中村佳世

陽の光が死んだ金魚の姿を浮かび上がらせている。「シャッターを上げた幅だけ」という描写が巧みで、場面が見えてくる。

おとろえる猫に添いつつ短篇をいくつも読んで夏が過ぎゆく
                 桶田夕美

年老いた猫がいるので、なかなか外出もできないのだ。長篇に没頭する気分にもなれず「短篇」を読んでいるところに実感がある。

春光は明朝体と思うとき文字で溢れる僕たちの庭
                 千種創一

春の明るく鮮やかな光を「明朝体」のようだと感じたのだろう。二人の庭に無数の明朝体の文字が躍っている。

優秀なデジタルカメラは外壁に描かれし啄木のかほ認識す
                 逢坂みずき

文学館などを訪れた場面だろう。カメラの顔認識機能が、壁に描かれた顔にピントを合わせたのだ。「優秀な」にユーモアが感じられる。

posted by 松村正直 at 18:12| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

映画 「エゴン・シーレ 死と乙女」

監督:ディーター・ベルナー
キャスト:ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー
オーストリア・ルクセンブルク合作。

28歳の若さで亡くなったオーストリアの画家エゴン・シーレの半生を描いた作品。モデルにもなった妹ゲルティとの関係は、正岡子規にとっての律や宮沢賢治にとってのトシ子を思わせる。

19世紀末から20世紀初頭にかけてのウィーンの繁栄ぶりや、第一次世界大戦の影などの歴史も感じられて良い映画であった。

「エゴン、エゴン」と叫ぶヴァリの声が耳に残る。

京都シネマ、109分。

posted by 松村正直 at 08:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

越前・鯖江(その4)

鯖江市の西山公園にやって来た目的は、西山動物園である。

ここは、哺乳類4種33頭、鳥類8種25羽という非常に小さな動物園なのだが、レッサーパンダの繁殖数では国内有数の実績を誇っているのだ。


  P1050453.JPG

昨年完成したばかりの新しい飼育舎「レッサーパンダのいえ」に展示してある家系図。最初は昭和59〜60年に中国から贈られた3頭からスタートして、現在までに実に60頭が生まれ、そのうち43頭が成育している。


  P1050461.JPG

現在、園内に暮らすのは10頭。
丸まって眠っていた子が目を覚ましたところを一枚。
か、かわいい。


  P1050474.JPG

屋外の運動スペースにもいる。
笹を食べたりしているところ。


  P1050465.JPG

雪の積もる中を山の上の動物園まで足を運ぶ人は少なく、この日は私の他には老夫婦の姿を見ただけ。レッサーパンダをじっくりと観察する。

他にもシロテテナガザル(白い手をした手長猿)の家族がいて、縦横無尽に檻の中を移動するスピードがすごかった。見ていて気持ちがいい。

生まれ変わるならテナガザルだな。


posted by 松村正直 at 08:45| Comment(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

越前・鯖江(その3)

短歌関係の仕事を終えて、最終日は「有限会社越前製紙工場」へ。
社長の三田村士郎さんから越前和紙についての話を聞く。
創業は1338年で、現在なんと39代目とのこと。
http://www.echizen-seishi.co.jp/publics/index/2/


  P1050441.JPG

敷地内にある「三田村氏庭園」。
国指定の名勝となっている。


  P1050443.JPG

越前市市民バスの「ちひろ号」。
いわさきちひろも越前市の生まれだ。


  P1050444.JPG

福井鉄道770形。
元は名鉄で使われていた車両である。

この福鉄に乗って鯖江市の西山公園へと向かう。


  P1050447.JPG

公園の展望台から見た景色。
雪が積もっていて頂上まで登るのが大変だったけれど、眺めは抜群。
鯖江市や越前市を一望できる。
空気が冷たくて、とっても気持ちいい。

posted by 松村正直 at 13:52| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『樺太を訪れた歌人たち』 再版!


P1050327.JPG

◎版元品切になっていた『樺太を訪れた歌人たち』が再版されました。
 (ながらみ書房、2500円)

◎1月25日の「京都新聞」朝刊の文化面に、『樺太を訪れた歌人たち』についてのインタビュー記事が載りました。

◎「読売新聞」の空想書店で永田紅さんに『樺太を訪れた歌人たち』を挙げていただきました。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/kuso/20170116-OYT8T50074.html

皆さん、ありがとうございます。

posted by 松村正直 at 08:11| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

越前・鯖江(その2)


  P1050434.JPG

武生中央公園に立つ観覧車。
直径32メートルあって、遠くからでも目に付く。
秋の「たけふ菊人形」などのイベント開催時に限って運行されているそうだ。観覧車好きとしては、一度乗ってみたい。


  P1050436.JPG

町を歩いていて、たまたま見つけた忠霊塔。
昭和16年の建立で高さは10.5メートル。
桜の名所として知られているらしいが、今は雪の中である。


  P1050438.JPG

「西南ノ役」「日清戦争」「日露戦争」「満州事変」「上海事変」「支那事変」「大東亜戦争」の戦死病歿者の霊を祀っていて、背後の銘板には町別に氏名がずらっと並んでいる。


  P1050440.JPG

旅館の前の道路。
中央に融雪装置(消雪パイプ)が設置されていて、雪を溶かしている。
北陸地方ではよく見られる光景だ。


posted by 松村正直 at 08:45| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

越前・鯖江(その1)

短歌関係の用事があって、2泊3日で福井県の越前市へ。
昨年に続いて2回目。


  P1050425.JPG

武生駅から歩いて5分くらいの武生公会堂記念館。
昭和4年に建てられた武生町公会堂が今では博物館として使われている。


  P1050430.JPG

「かこさとし ふるさと絵本館」。
4000冊の絵本や紙芝居、そして原画などを収蔵・展示している。
越前市はかこさとしの生まれ故郷なのだ。


  P1050431.JPG

交通標識に描かれた「だるまちゃん」。
市民バスにも「だるまちゃん号」というのが走っている。


  P1050433.JPG

道を歩いていて見つけた巨大な看板。
「二万石でも武生は城下 紙と刃物と式部そば」とある。
野口雨情作詞の「武生小唄」の言葉らしい。

posted by 松村正直 at 22:45| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

静かな家

今日から息子(中学3年)が3泊4日で東京研修旅行へ出掛けたので、家の中が静かである。これは落ち着いて読書や原稿書きができるなと喜んだのだが、明日からは私も2泊3日で福井へと出掛けるのであった。

ということは、帰ってくるのは息子と同じ金曜日。
静かな夜を過ごせるのは今日だけということか・・・。


posted by 松村正直 at 21:33| Comment(3) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

浅井淳子著 『たったひとりでクリルの島へ』

副題は「ホームステイでサハリン、北方領土を行く」。

1990年11月にテレビ番組のレポーターとして戦後の日本人女性としては初めて北方領土を訪れた著者が、翌1991年8月に、今度は個人で北方領土を訪れた記録である。

四半世紀以上前の記録なので現在とは状況が異なっている部分もあるが、それでも北方領土の旅行記は少ないので貴重である。全4章の構成で「1サハリン」「2択捉島」「3色丹島」「4国後島」となっている。

ホームステイ先の人々との交流や町の様子、軍事基地、サケの加工場、日本人の墓、カニ漁、ハイキング、温泉を訪れた話など、どれも興味深い。

もちろん、領土問題についての様々な意見も収められている。

【著者】
ソ連は、クリルをどう考えているのだろう。日本と根本的に違うところは、領土は伸び縮みすると考えている点だろう。(…)ロシアはさまざまな隣国、トルコや西ヨーロッパと戦い、敗れ、勝利して、世界一の大国になったのである。だから、領土は“固有”という考え方ではなく、戦争により書き替えられるという考え方なのである。
【サーシャ(択捉島のクリリスク博物館の助手)】
日本はイトルプを自分の土地だとばかり言うけど、それは一八〇〇年代にロシアとの条約で決めたことでしょ。たかだか二〇〇年の歴史だよ。その前の数千年、アイヌとアイヌの先祖が島には住んでいたんだ。(…)日本に返せというなら、アイヌの人たちに返せというのが正しいだろう?
【ニコライ(南クリル地区の人民代議員議会議長)】
私が一番言いたいのは、クリルには二世代、三世代の人たちがここを故郷として島で生まれ、生活しているということなんです。一九四五年から長い時間が経ち、島には私たちの歴史もあるんです。私たちからすると、日本の人たちはそういうことは念頭に置いてないような気がするんです。

四半世紀前のこうした話を読むと、北方領土問題の解決がいかに難しいかがよくわかる。私としては、旅行者の自由な往来が早く可能になることを願うばかりだ。

1992年9月20日、山と渓谷社、1200円。

posted by 松村正直 at 20:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする