2019年06月05日

田口幹人著 『まちの本屋』


副題は「知を編み、血を継ぎ、地を耕す」。2015年にポプラ社より刊行された単行本を加筆修正して文庫化したもの。

盛岡の「さわや書店フェザン店」の名物店員(だった)著者が、本屋に生まれた自らの生い立ちや書店のあるべき姿について記した本。

僕が意識したのが、本屋を「耕す」ことでした。農業の「耕す」と同じです。(・・・)一つは、お客さまとのコミュニケーション。積極的にお客さまと本をめぐる会話をして、お客さまとの関係を耕していく。(・・・)本が詰め込まれた棚も、常に手を加え変えていくことが「耕す」ことになります。
僕たちは、売れていない本もあえて在庫に入れるようなことをします。一年に一冊も動かなかったりするのですが、必ず入れる。なぜかというと、この一冊があることによって、横に広がっていくことがあるからです。この一冊を挟み込むことによって、横にある本の意味が変わってくる。
大きな本屋には、大きな本屋の役割があって、それは病院でいえば、総合病院なのです。まちの中核の大事な病院。一方で僕たちは、まち医者みたいなもの。でも、たまに救命救急もやりますというイメージでしょうか。

本に愛情を注ぎ、様々な創意工夫をしながら書店の仕事に取り組んでいた著者であるが、今年の3月にさわや書店を退社した。
https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/3/21/50077

ある意味で本書は、果敢に戦い奮闘むなしく敗れ去った者の記録と言っても良いかもしれない。

いつまでも、店頭からお客さまに本を届ける仕事をし続けるつもりでいたが、僕の手法は手間隙がかかりすぎてしまい、時代の流れに逆行するものになってしまっていたようだ。

「文庫版あとがき」に書かれた一文に、著者の無念が滲む。

2019年5月5日、ポプラ文庫、660円。

posted by 松村正直 at 14:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

第7回現代短歌社賞 (作品募集中!)

現在、第7回現代短歌社賞の作品を募集中です。
http://gendaitanka.jp/award/

個人で歌集を出していない方が対象で、募集作品は300首。
未発表、既発表を問いません。

選考委員は、阿木津英・黒瀬珂瀾・瀬戸夏子・松村正直。
締切は2019年7月31日(当日消印有効)。

皆さん、ぜひご応募ください。

posted by 松村正直 at 22:08| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

「塔」2019年5月号(その2)

 昼ドラの刑事が背中を流しあい今日見た遺体について語らう
                          太代祐一

実際は守秘義務もあってこんなことはしないだろうが、ドラマにはありそうなシーン。遺体の話をしながら身体を洗うところに奇妙な生々しさがある。

 ぎんいろの冬の空気を吐き出してこれはわたしに戻らない息
                          魚谷真梨子

一般的には「白い息」と言うところを「ぎんいろ」と言ったのがいい。冬の冷たく引き締まった空気。下句、自分の身体の一部が失われていくようだ。

 海蛇と珊瑚の沈むぬばたまの鞄をつよく抱く目黒線
                          北虎叡人

「海蛇と珊瑚」は藪内亮輔の歌集タイトル。『 』に括らないことで、本物の海蛇と珊瑚のイメージが立ち上がる。「目黒線」の「黒」も小技が効いている。

 タッパーに詰められるもの詰めてきた ひじきラタトゥイユナムル
 さばみそ                   小松 岬

パーティーや懇親会などで余った料理を持って帰ってきたところ。日本、フランス、韓国と全くバラバラな料理が一つのタッパーに入っている面白さ。

 そうか、僕は怒りたかったのだ、ずっと。樹を切り倒すように話した。
                          田村穂隆

心の奥に眠っていた感情に初めて気づいたのだ。相手と話しているうちに感情が昂ってきたのかもしれない。句読点を用いた歌の韻律も印象的。

 一つ空きしベッドの窓辺に集まりて患者三人雪を眺める
                          北乃まこと

病院の四人部屋の場合、通路側に二つ、窓側に二つのベッドがあることが多い。窓側の一つ空いたスペースに、残った三人が自然と集まってくる。

 ポケットに帽子の中に新しき言葉二歳は持ち帰りくる
                          宮野奈津子

ポケットや帽子に入っている拾ったもの。それを物でなく「言葉」と捉えたのがいい。小さな子にとって物との出会いは新しい言葉との出会いでもある。

posted by 松村正直 at 12:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

「塔」2019年5月号(その1)

 きのふけふ食べて明日もまた食べむ三本百円の大根のため
                          岩野伸子

「三本百円」という安さにつられてつい買ってしまった大根。三本と言えばかなりの量なので、食べ切るために毎日大根料理を食べ続けているのだ。

 うぐひす餅埋めて抹茶の山々の陰るところと日の差すところ
                          清水良郎

うぐいす餅には青きな粉や抹茶の粉がかけてある。それを若葉や青葉の山に見立てたのだ。皿に載ったうぐいす餅から感じる初夏の季節が鮮やか。

 夫婦には我慢が大事と言う人の口の形が姶良カルデラ
                          関野裕之

錦江湾や桜島を含む巨大な姶良(あいら)カルデラ。道徳的な話を続ける相手の口もとを皮肉な気分で見ている。結句「姶良カルデラ」が秀逸。

 同じドアー並びてをればドアノブにぬひぐるみ吊す女性入居者
                          尾崎知子

老人施設などの場面。廊下に面して同じドアが並ぶので、自分の居室の目印としてぬいぐるみを吊るしている。それが可愛くもあり、寂しくもある。

 ホットケーキの中なる仏 本心とはそもそも存在するのでしょうか
                          白水ま衣

「ホットケーキ」の中に「ホ」「ト」「ケ」の三文字が入っているという発見。「ホットケーキ」「仏」「本心」と「ほ」の音によって三句以下が導かれている。

 真冬にはしろく固まるはちみつの、やさしさはなぜあとからわかる
                          小田桐夕

三句「はちみつの、」という序詞的なつなぎ方が巧みな歌。相手の優しさに気づいた時には、もう二人の関係が変わり手遅れになっていたのだ。

 母にやや厳しい口調のわれだった 旅の写真の見えぬところで
                          山川仁帆

写真には親子の楽しげな姿だけが写っているのだが、それ以外の場面では口喧嘩になったりもしたのだろう。写真を見ながらそれを悔やんでいる。

posted by 松村正直 at 10:35| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

高村光太郎著 『智恵子抄』


47篇の詩、6首の短歌、散文「智恵子の半生」「九十九里浜の初夏」「智恵子の切抜絵」を収めた一冊。

「人に(いやなんです)」「鯰」「あどけない話」「レモン哀歌」は、国語の教科書で習った記憶がある。

私達の最後が餓死であらうといふ予言は、
しとしとと雪の上に降る霙まじりの夜の雨の言つた事です。
                       (「夜の二人」)
光太郎智恵子はたぐひなき夢をきづきてむかし此所(ここ)に住みにき
彼女も私も同じ様な造形美術家なので、時間の使用について中々むつかしいやりくりが必要であった。互にその仕事に熱中すれば一日中二人とも食事も出来ず、掃除も出来ず、用事も足せず、一切の生活が停頓してしまう。 (「智恵子の半生」)

2人の芸術家が愛し合い同じ家に暮らすことの幸と不幸が、ひりひりと痛ましく、そして美しく伝わってくる。

1956年7月15日発行、2003年11月20日116刷改版、
2018年3月15日128刷、新潮文庫、430円。

posted by 松村正直 at 21:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

京都の南

6月22日に京都市南区に新たに小劇場「THEATRE E9 KYOTO」がオープンします。
https://askyoto.or.jp/e9

京都駅八条口から徒歩14分、東福寺駅から徒歩7分、地下鉄九条駅から徒歩11分という場所です。

また、昨年3月に閉館になった映画館「京都みなみ会館」も今年の夏に元の場所の斜め向かいに再オープンします。
https://kyoto-minamikaikan.jp/renewal/

どちらも家から近いので楽しみ。

posted by 松村正直 at 23:21| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

高橋源一郎 「日本文学盛衰史」 あれこれ

◎ 『日本文学盛衰史』 (講談社2001年、講談社文庫2004年)


◎ 『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇』


◎ 青年団公演 「日本文学盛衰史」 (作・演出:平田オリザ、2018年)
 http://www.seinendan.org/play/2018/06/6542


◎ 講演 「日本文学盛衰史 未来篇」
 第56回夏の文学教室〈文学の現在―越境・往還することば〉
 2019年8月3日(土)15:20〜16:20
 有楽町よみうりホール(ビックカメラ7F)

 https://www.bungakukan.or.jp/cat-lecture/cat-summer/1123/

◎ 講演 「日本文学盛衰史・平成後篇」
 現代短歌シンポジウム IN KYOTO
 2019年8月24日(土)13:15〜14:45
 グランドプリンスホテル京都

 現代短歌シンポジウム2019.jpg

 http://matsutanka.seesaa.net/article/465382210.html

posted by 松村正直 at 21:57| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

伊藤洋志著 『ナリワイをつくる』


副題は「人生を盗まれない働き方」。
2012年に東京書籍より刊行された単行本の文庫化。

個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのではなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身につく仕事を「ナリワイ」(生業)と呼ぶ。

という定義のもと、「ナリワイ」づくりを実践している著者が、自らの考えや体験を詳しく記している。

生活の余裕とは、収入の多寡よりもむしろ、支出のコントロールができるかどうかが大きい。
生命保険よりも、病気にならない暮らし方を探求するほうがより丈夫なリスクヘッジになりうる。
田舎では、雇用によって生計を立てるのではなく、様々な小さな仕事、すなわちナリワイを自らつくり出して生計を立てていることが結構あるのである。

「ナリワイ」的な生き方の一番の魅力は自分の人生を自分で決められることにあるのだろう。それは、グローバル資本主義やそれに伴う格差の拡大に対して自分自身を守ることにもつながっている。

2017年7月10日、ちくま文庫、680円。

posted by 松村正直 at 08:12| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

「シベリア」という菓子

 映画「風立ちぬ」を観て以来、ずっと気になっていた「シベリア」
 という名前の菓子を、ようやく食べることができた。
 http://matsutanka.seesaa.net/article/387139216.html


 P1070259.JPG

 製造元は神戸の「株式会社ベル」。
 冷凍のものが生協のカタログで販売されている。


 P1070263.JPG

 中身はこんな感じ。
 カステラの生地の間に羊羹が挟み込まれている。

 味は洋風の「どら焼き」といったところ。
 かなり甘いのでコーヒーと一緒に食べるのが良い。

posted by 松村正直 at 18:14| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

高橋源一郎著 『日本文学盛衰史』


初出は「群像」1997年5月号から2000年11月号。

明治時代の文学者の数々のエピソードや作品を元に、日本の近代文学がどのようにして誕生したのかを群像劇として描き出した小説。登場する主な人物は、二葉亭四迷、石川啄木、伊良子清白、国木田独歩、田山花袋、夏目漱石、島崎藤村、森鴎外、尾崎紅葉など。

『あひびき』の冒頭二十一行には人間の影は存在しない。ただ、その風景を「見た」証人として「わたし」が微かに現れるだけである。「わたし」は揺らめくように一瞬、その姿を見せ、たちまち消え失せる。そこにはぎりぎりの琢磨された言葉で表現された風景だけが存在している。そこにあるのは自然であろうか、違う。それは「見られた」自然なのである。

明治期と現代を自由に行き来しながら、文体の模索を通じて人間の内面が見出されるにいたった道筋や、そもそも何のために文学が存在するのかといったテーマが追求されている。全598ページの大作。

2001年5月31日、講談社、2500円。

posted by 松村正直 at 23:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

母、そして父

3泊4日で母と父を訪ねてきた。

22日(水)の夜に山梨の母の家へ。

23日(木)は朝から母の受診の付き添いで、山梨大学医学部附属病院へ。
来月、甲状腺腫瘍の摘出手術を受けるので、その説明を受ける。
中庭ではカルガモの親子が楽しそうに泳いでいた。

  P1070193.JPG


午後は入院に必要なものを買ってから、近所の富士川クラフトパークの「バラまつり」を見に行く。天気も良くて、幼稚園児や小学生、老人施設の方たちなどが大勢訪れていた。

 P1070204.JPG


24日(金)は昼前に母の家を発って最寄りの下部温泉駅へ。
駅の近くを流れる下部川がきれいだ。

 P1070216.JPG


JR身延線で甲府に出て、そこから中央線で東京へ。
都内で短歌関係の打ち合わせをした後、夕方に東京郊外の父の家へ行く。
近所の蕎麦屋で一緒に夕飯を食べ、夜は巨人・広島戦をテレビ観戦。

25日(土)の朝に父の家を発ち、啄木関連の取材を少ししてから京都に帰ってきた。

母も父もそこそこ元気で良かった。

posted by 松村正直 at 15:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

「短歌研究」2019年6月号

現代代表男性歌人130人作品集に、奥田亡羊さんが「樺太」と題する7首を寄せている。

 北の果てにさらに北して船出する石榑千亦五十九歳
 心の花昭和三年十一月号にうねりて光る樺太の河
 風景の記憶となりて歌にあり露人の庭に咲く秋の花

エッセイには拙著『樺太を訪れた歌人たち』を読んだことが書かれていて、有難かった。石榑は奥田さんにとって「心の花」の遠い先輩に当たる。

「心の花」昭和3年11月号掲載の石榑千亦「樺太にて」114首は、とても意欲的な一連だ。

   露人の家
 丸木つみ重ねたてたる家にのこりゐる露人のさだめ思へば悲し
 帰るべき国もなけれか草花をうゑはやしたり家のまはりに
 ひとの国と今はなりつれのこりゐて花などうゝるかなしき心
 花をうゑて涙つちかふ親の心しるには未だ幼き子なり

1905年のポーツマス条約によって南樺太が日本領になった後も、北樺太やロシア本土に引き揚げずに残ったロシア人=「残留ロシア人」を詠んだ歌である。

今から90年以上前の歌であるが、こうした悲哀は世界中のあちこちにあったし、今現在もある。あるいは、例えば北方領土問題を考える際にも関わってくる話である。島がもし日本に返還された場合、そこに住むロシアの人たちをどうするのか。そうした点も意識しておく必要があるだろう。

posted by 松村正直 at 11:47| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

石蓮花、アビカンス

「石蓮花」「アビカンス」がどんな植物かと思って画像検索すると、葉が円形に並んだ多肉植物がいろいろと出てくる。種類が多いのかもしれない。

ちなみに、わが家のベランダにも似たような植物がある。知り合いから「土に置いといたら生えますよ」と言われてもらった一枚の葉が育ったもの。

先日その方に聞いてみたのだが、名前は忘れてしまったらしい。


 P1070191.JPG


posted by 松村正直 at 07:41| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

現代短歌シンポジウム in 京都

今年の「塔」の全国大会は京都で行いますが、初日のシンポジウムは一般公開でどなたでも参加できます。ゲストに、高橋源一郎さん(小説家・評論家)と小島ゆかりさん(歌人)をお迎えします。

日時 8月24日(土) 13:00〜17:00
場所 グランドプリンスホテル京都

  講演 高橋源一郎 「日本文学盛衰史・平成後篇」
  対談 小島ゆかり×吉川宏志 「古典和歌の生命力」

会費 当日   一般2000円 学生1000円
   事前申込 一般1800円 学生 900円

お申込み「現代短歌シンポジウム」参加受付のページ


  現代短歌シンポジウム2019.jpg
    (クリックすると大きくなります)

posted by 松村正直 at 23:29| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

服部真里子歌集 『遠くの敵や硝子を』


現代歌人シリーズ24。
2014年から2018年までの作品291首を収めた第2歌集。

肺を病む父のまひるに届けたり西瓜の水の深き眠りを
あかときの雨を見ている窓際にしずおかコーラの瓶をならべて
海面に降るとき雪は見るだろうみずからのほの暗い横顔
白木蓮(はくれん)に紙飛行機のたましいがゆっくり帰ってくる夕まぐれ
ビスケット無限に増えてゆくような桜並木の下の口づけ
いのちあるかぎり言葉はひるがえり時おり浜昼顔にもふれる
死者たちの額に死の捺す蔵書印ひとたび金にかがやきて消ゆ
水を飲むとき水に向かって開かれるキリンの脚のしずけき角度
月の夜のすてきなペーパードライバー 八重歯きらきらさせて笑って
神を信じずましてあなたを信じずにいくらでも雪を殺せる右手

1首目、入院中の父への見舞い。西瓜の中には水が眠っている。
3首目、海面に映る自身の姿を見ながら雪は落ちてゆくのだ。
5首目、童謡「ふしぎなポケット」を思い出す楽しい歌。
6首目、「あるかぎり」→「ひるがえり」→「昼顔」と音が連鎖する。
7首目、美しくも怖いイメージ。もう死の所有物になってしまう。
8首目、前脚をハの字に開いて水たまりや川の水を飲むキリンの姿。

2018年10月17日、書肆侃侃房、2100円。

posted by 松村正直 at 22:10| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

窪薗晴夫著 『通じない日本語』


副題は「世代差・地域差からみる言葉の不思議」。
世代や地域によって異なる言葉を数多く例に挙げて、日本語の仕組みについて解説した本。

関西ではニク=牛肉であり、豚肉はブタ、鷄肉はカシワ(もしくはトリ)と呼ぶのが普通です。
(外来語の)促音はもともと英語に入っているものではなく、日本語話者が英語の発音を聞いて感じるものです。
どの言語の赤ちゃんも[s]より[t]を先に獲得すると言われています。(・・・)いずれの言語でも[s]をまだ発音できない子供は、その音を[t]で代用しようとします。

他にも、「五七五」の「ご」が「ごー」と伸ばして発音される理由や「チャック」が「巾着」から作られた略語であること、バ行音に対応する無声の音はハ行音ではなくパ行音であることなど、雑学的な知識も豊富で楽しい。

2017年12月15日、平凡社新書、780円。

posted by 松村正直 at 08:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

牛丼屋

 みずからに餌を与える心地して牛丼屋の幅に牛丼を食ぶ
                 吉川宏志『石蓮花』

吉野家・松屋・すき家など牛丼のチェーン店で牛丼を食べているところ。ゆっくりと味わうのではなく、忙しい時にパパッと食べてさっと店を出る。まるで自分が牛舎の牛になって餌を食べているような気分になったのだろう。

カルチャーセンターでこの歌を紹介したところ受講生の反応が今ひとつだったので、念のため「牛丼屋には行ったことありますか?」と尋ねてみると、ほとんどの方が行ったことがない。これには驚いた。漠然と日本人の9割くらいは行っていると思っていたのだが、そんなことはないらしい。

確かに、カウンター席が中心の牛丼屋で牛丼を食べているのは、男性のサラリーマンや学生が多い。若い女性や家族連れも見かけるが、私より上の世代の女性はあまり見かけない。受講生にはその層が多いので、牛丼屋に入ったことがない人も多いのだ。

自分では当り前だと思っていても実は当り前でないことが世の中にはたくさんある。人と話をしているとそんな気付きがあるので楽しい。

posted by 松村正直 at 09:16| Comment(4) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

現代歌人集会春季大会 in 鳥取


 kajin-shukai-spring 2019.png
  (クリックすると大きくなります)

6月23日(日)に鳥取で現代歌人集会春季大会を開催します。
大会テーマは「前川佐美雄と塚本邦雄〜鳥取からはじまった〜」。

 ・基調講演 林和清
 ・講演 三枝ミ之
 ・パネルディスカッション 荻原伸・道券はな・小谷奈央・楠誓英(司会)

という内容です。
参加費は2000円。

皆さん、ぜひお越しください。
鳥取でお会いしましょう!
posted by 松村正直 at 08:53| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

吉田恭大歌集 『光と私語』

yoshida.jpg

1989年生まれの作者の第1歌集。

 あれが山、あの光るのはたぶん川、地図はひらいたまま眠ろうか
 バス停がバスを迎えているような春の水辺に次、止まります
 朝刊が濡れないように包まれて届く世界の明日までが雨
 管つけて眠る祖母から汽水湖の水が流れて一族しじみ
 知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう
 少年の、季節は問わず公園でしてはいけない球技と花火
 京都から来た人のくれる八つ橋と京都へ行った人の八つ橋
 アマゾンで腐葉土買えばしばらくは腐葉土の広告のある日々

1首目、高村光太郎『智恵子抄』の「あれが阿多多羅山(あたたらやま)、/あの光るのが阿武隈川。」という一節を想起させる。
2首目、結句で「次、止まります」というアナウンスに替わるのがいい。
3首目、ビニール袋や天気予報にあらかじめ守られている現代の暮らし。
4首目、汽水湖やしじみは作者のふるさと鳥取の記憶にあるのだろう。
5首目、「勝手に動く掃除機」(=ルンバなど)という言い方がユニーク。
6首目、初句「少年の、」からのつなぎ方に不思議な味わいがある。
7首目、地元の人が持って来るのと土産に買ったのとでは気分が違う。
8首目、購買履歴などをもとにネットに表示される広告。現代的な光景だ。

2019年3月19日、いぬのせなか座、2300円。

posted by 松村正直 at 19:28| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

語彙

「私は語彙が少ないんで、思い通りに表現ができません」
「語彙を増やすにはどうすればいいですか?」

といった話をよく耳にする。
でも、短歌を詠むのに本当にそんなに語彙は必要なのだろうか。

もちろん、語彙は多いに越したことはない。
歌集を読んだり新聞を読んだりして知らない言葉に出会ったら辞書を引いてみる。そんなふうに日常的に語彙を増やす努力を大切だ。

その上で言うのだが、例えば語彙が1000から1050に増えたところで、たいして表現力が増したことにはならないだろう。どこまで行っても足し算の世界である。

むしろ大切なのは「言葉の組み合わせ」を増やすことだと思う。

「雨が」=「降る」という主述の組み合わせしか持たない人に対して、雨が「降る」「落ちる」「走る」「駆ける」「飛ぶ」「伸びる」「襲う」「叩く」「舞う」「流れる」・・・と組み合わせを多く持っている人は、何倍もの表現ができる。それは掛け算の世界だ。

簡単な語彙であっても、組み合わせ方によっていくらでも複雑な世界を詠むことができる。「自分の思いを表すのにぴったりの言葉」なんて、たぶん何十万の語彙があったところで見つからない。それは言葉同士の組み合わせを工夫して、自分自身で作り出すしかないのだ。

posted by 松村正直 at 08:11| Comment(0) | 短歌入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする