2019年07月06日

「塔」2019年6月号(その2)

 「これでもうおあひこだから」はるばると鍵を届けて君は笑へり
                        永山凌平

何がどう「おあひこ」なのかはわからないが、二人の関係性が窺える感じがする。部屋の合鍵を返しに来た場面と読んだが、全く別の鍵かもしれない。

 すぐ帰るつもりだつたね取り置きし最中のみつかる義父(ちち)の
 引き出し                 今井早苗

義父は入院してそのまま亡くなったのだろう。死後に片づけをしていた見つかった最中が悲しい。ついに食べることできずに残されたものである。

 就活の解禁を機にあっさりと子は髭面をやめてしまいぬ
                        垣野俊一郎

「いちご白書をもう一度」では長髪を切るが、ここでは髭。髭を剃ってすっきりした子の顔を見て、安心するとともに少し物足りない気もしたのだろう。

 かなあみに口塞がれて旧道のトンネルの中に苔は光りぬ
                        永久保英敏

「口塞がれて」が生々しい。使われなくなって封鎖されたトンネルであるが、金網越しに見える苔の輝きがまだ生きていると訴えているかのようだ。

 道を訊くやうに近づききたる人けふ何曜日ですかと問へり
                        西山千鶴子

道を訊かれることはよくあるが、曜日を尋ねられるのは珍しい。何のために知りたかったのか謎めいている。店の休業日や特売日の関係だろうか。

 健やかなわれは何処の旅にあるもう戻らぬと医師は説きたり
                        山田精子

病気をして元の身体には戻れないと告げられたのだ。それを上句のように表現したのがいい。今も元気にどこかを旅している身体を想像している。

 山で折りし左小指が曲がりしまま顔洗ふたび鼻孔に入る
                        いわこし

登山中の事故で曲がったままになった指。毎朝顔を洗うたびに、怪我を負った時のことが脳裡に甦るのだろう。「鼻孔に入る」がよく効いている。

posted by 松村正直 at 07:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

「塔」2019年6月号(その1)

 山の上にひろごる空よ年一度峠を越えて桃売りが来る
                        酒井久美子

毎年夏になると山深い集落を訪れる桃の行商人。「峠を越えて」に風土が感じられる。集落の人たちも桃売りが来るのを楽しみに待っているのだ。

 けふ何を食べたかなどでしめくくる夜の電話はくらしの栞
                        鮫島浩子

「くらしの栞」とはなんて素敵な言葉だろう。特に用件があるわけではなく、今日も一日無事に過ごせたことを互いに報告し合うための電話である。

 おいしくて唇を吸いあう二人かな終点知らず目を閉じている
                        滝友梨香

初句が新鮮な表現。作者はブラジル在住の方だが、乗物の席でずっとキスしている男女の情熱的な世界を、「おいしくて」の一言で見事に表している。

 煙突の数本が見ゆ関係のもはや変わらぬ男女のごとし
                        金田光世

互いに距離を保ったままに立つ煙突を男女関係に喩えたのがおもしろい。知り合ってしばらくは様々な距離の変化があったのだが、もう変わらない。

 三日前罠に掛かりし白鼻心おなじ場所にて雌もかかりぬ
                        吉岡洋子

パートナーの雄の匂いをたどって来たのだろうか。雄に続いて雌も同じ罠に掛かったところに、相手が害獣とはいえかすかな悲哀を感じたのである。

 杖三本藤棚の下に立てかけてアイスを食べる老婆三人
                        王生令子

何ともほのぼのとした光景である。散歩の途中でちょっとひと休み。初句「杖三本」から結句「老婆三人」へとつながる数詞がうまく働いている。

 塩引き鮭数多吊らるるとびらの絵に変形性股関節症の会報届く
                        倉谷節子

上句から下句への展開に驚かされた歌。干されて乾いた鮭の姿と「変形性股関節症」がかすかに響き合う。単なる偶然のイラストなのだろうけれど。

posted by 松村正直 at 06:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

尾本恵市編著 『教養としての将棋』


副題は「おとなのための「盤外講座」」。

編著者の尾本恵市氏(分子人類学者)は、文系・理系を問わず日本文化としての将棋を多角的に研究する「将棋学」を提唱している。本書はその入門編といった内容だ。各章のテーマと執筆者は下の通り。

・第1章 対談 梅原猛(哲学者)×羽生善治(棋士)
・第2章 将棋の歴史 清水康二(考古学者)
・第3章 将棋のメカニズム 飯田弘之(棋士、人工知能)
・第4章 将棋の駒 熊澤良尊(駒師)
・第5章 将棋と教育 安次嶺隆幸(元小学校教諭)
・第6章 将棋の観戦記 大川慎太郎(将棋観戦記者)

第1章の対談は双方の持ち味が十分に出ていて面白かった。相手に遠慮したり同調したりし過ぎないのが良いのだろう。

梅原 ひらめきというのは、(・・・)長い長いむだな時間、一見ばかばかしいような回り道や失敗を経て、だんだん考えが熟成され、あるとき突然、ぱっと訪れるものなのです。
羽生 駒そのものがおもちゃになりやすくて、子どもでもさわっているうちに親しめるところが、将棋のひとつの特徴といえるでしょうか。
羽生 将棋に勝つためには「他力」が必要なんです。自分ひとりで勝とうとしても、無理なんですね。
梅原 最初の直観がすべて当たっているようなときは、かえってあまりいい研究にならないことが多いです。

2章以下では、将棋が平安時代に入唐僧によって日本に持ち込まれ仏教思想に基づいて改変されたという話や、駒の文字を書く際には駒を回転させずに正対して書かないと勢いのある字にならないという話、将棋はどちらかが「負けました」と言わないと終わらないゲームであるという話などが特に印象に残った。

将棋の本とは言っても棋譜や盤面図はほとんど出てこないので、「観る将」の人にもおすすめの一冊。

2019年6月20日、講談社現代新書、880円。

posted by 松村正直 at 00:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

三枝ミ之歌集 『遅速あり』

saigusa.jpg

2010年から2018年までの作品を収めた第13歌集。

新米が届きて思う刈田という広さに帰る関東平野
甲斐が嶺の枯露柿を食み粉(こ)をこぼす多摩丘陵の夜の机上に
一枚の永遠ありてはつなつのみどりの中をはにかむひとり
移ろいの世に歳時記はへつらわずヒロシマは夏、ナガサキは秋
母の背で揺れながら見し花火あり甲府七夕大空襲の
手のなかに胡桃ふた粒まろばせるふるさと甲斐のよき音がする
苦しみを持つ者は来て手を合わす遠き光の薬師如来に
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」「リ」は完了にあらず県民はいまも戦う
こころざしは人を滅ぼす久坂玄瑞二十四歳高杉晋作二十七歳
離すなよ離すなよとくり返す疾うにひとりで漕いでいるのに

1首目、三句以下のスケールの大きさ。金子兜太の俳句「暗黒や関東平野に火事一つ」も思い出す。
2首目、「枯露柿」(ころがき)は干し柿。食べながら故郷の風景を思う。
3首目、若くして亡くなった人の遺影だろう。永遠の若さ。
4首目、8月7日頃の立秋を境に夏と秋に分かれている。
5首目、1945年7月6日の深夜に行われた空襲。死者740名。
6首目、二つの胡桃を手のひらで転がす。健身球というのもあったな。
7首目、病気を抱えた人なのだろう。薬師如来にすがる思いで訪れている。
8首目、大田実海軍中将の最後の電文。現在の沖縄の置かれている状況をどう思うか。
9首目、幕末に亡くなった長州藩出身の二人。驚くほどの若さだ。
10首目、自転車の練習をする息子の姿の回想。子育ては全てこういうものなのかもしれない。

2019年4月20日、砂子屋書房、3000円。

posted by 松村正直 at 08:11| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

時代と世代

このところ、同年生まれの人が集まって短歌の同人誌を発行するといったことが増えている。座談会などでも「世代」という言葉がキーワードのように頻出して、正直なところ息苦しさを覚えるほどだ。

私は「時代」には興味があるが、「世代」にはあまり興味がない。

「時代」は明治にしろ戦後にしろ文献や作品に当たることで追体験が可能なものである。誰に対しても開かれていると言っていいだろう。一方で「世代」はそうではない。生まれた年という単なる偶然で決まってしまうものだ。

「世代」という区分けはとても排他的なものだと思う。世代が個人の生き方や価値観に影響を与えているのは間違いのないことであるが、だからと言って世代で論じて個人が見えてくるわけでもないだろう。

「時代」と「世代」は、似ているようで全く違う概念なのだ。

posted by 松村正直 at 18:28| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

鳥取砂丘の歌碑


P1070291.JPG

有島武郎の歌碑。
「浜坂の遠き砂丘の中にしてさびしき我を見いでけるかな」

1923(大正12)年4月に鳥取砂丘を訪れた際に詠んだ歌。
その年の6月に有島は女性記者と軽井沢で心中している。


P1070293.JPG

有島武郎と与謝野晶子の歌碑。

右側の有島の歌は上に引いたもので、左の晶子の歌は
「沙丘踏みさびしき夢に与かれるわれと覚えて涙流るる」

1930(昭和5)年に砂丘を訪れて有島武郎を偲んだ歌とのこと。

posted by 松村正直 at 22:47| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

松村由利子歌集 『光のアラベスク』

matsumura-yuriko.jpg

甘やかに雨がわたしを濡らすとき森のどこかで鹿が目覚める
完全な剝製はなく手彩色版画の中を歩むドードー
人がみな上手に死んでゆく秋は小豆ことこと炊きたくなりぬ
清明をまずシーミーと読むときに移住七年目の青葉雨
あねったいという語に絡みつく暑さねっとり雨季が近づいてくる
「さけるチーズ」みたいに世界は引き裂かれ時が経つほど干涸びてゆく
「犬の耳」みな折り戻し愛犬を手放すように本を売りたり
思い出は画素の少ない方がいい大事なものは抜け落ちないから
島抜けの暗き歓び思うなり月に一度の東京出張
絶滅した鳥の卵の美しさ『世界の卵図鑑』のなかの

シリーズ「令和三十六歌仙」1。
364首を収めた第5歌集。

1首目、上句から下句への飛躍が美しい。
2首目、17世紀に絶滅して今では絵の中にだけ存在する鳥。
3首目、上手に死ぬとはどういうことか考えさせられる。
4首目、「せいめい」でなく真っ先に「シーミー」と読むようになったのだ。
5首目、ひらがな表記の「あねったい」がうまく効いている。
6首目、現在の世界情勢を「さけるチーズ」に喩えたのがおもしろい。
7首目、ドッグイヤーは本のページの隅を三角に折ること。
8首目、鮮明であれば良いというわけでもないのだ。なるほど。
9首目、島流しになった罪人が島を逃げ出すような後ろめたさと喜び。
10首目、もう産まれないからこそ一層美しく感じられるのかもしれない。

2019年5月1日、砂子屋書房、2800円。

posted by 松村正直 at 22:46| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

第7回現代短歌社賞 (作品募集中!)

現在、第7回現代短歌社賞の作品を募集中です。
http://gendaitanka.jp/award/

個人で歌集を出していない方が対象で、募集作品は300首。
未発表、既発表を問いません。

選考委員は、阿木津英・黒瀬珂瀾・瀬戸夏子・松村正直。
締切は2019年7月31日(当日消印有効)。

皆さん、ぜひご応募ください。

posted by 松村正直 at 15:21| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

橋本陽介著 『使える!「国語」の考え方』


文体論、物語論で活躍中の著者であるが、今回のテーマは「国語」。高校で7年間国語を教えたこともある著者が、国語の授業はなぜつまらないのか、国語の授業は何を目指しているのかを解き明かしつつ、文学か論理かといった対立を超えて豊かな国語力を身に付ける方法を記している。

内容はすべて「国語」、特に現代文の話なのだが、短歌とも共通する部分が非常に多いと感じた。

近現代の小説では、「説明するな、描写しろ」とよく言われる。「若さ」を表すのに、「若い」と書くのではなく、面皰(にきび)を描く。夏の暑さを描くのに、影の濃さを描く。
解釈が分かれることは悪いことではない。むしろ、様々な解釈ができるから小説は面白い。つまり小説においては、その出来事の解釈を書く側は一方的に決めない。解釈や価値判断を行うのは読者にゆだねる。
ただし、よく誤解されるように、読者はどんな勝手な読みをしてもいいということではない。テクストが完全に決定するわけでもないし、読者が完全に決定権を持っているわけでもない。あくまでもその中間である。
言うまでもないが、文章を読む力も書く力もどちらも大切である。文章がどのようになっているのかを理解すれば読む力も上がるし、書く力にもつながっていく。
文章は二次元でも三次元でもないから、順番を追って読んでいくしかない。このため、どういう順番で叙述していくかが、読み手にとって重要であるし、従って書き手にも重要だということになる。

こうした文章はすべて「短歌」にも当て嵌まる話だろう。そう考えると、例えば歌会というのは相当に国語力の身に付く場であるのかもしれない。もちろん、国語力をつけるために短歌をやっているわけではないのだけれど。

2019年1月10日、ちくま新書、820円。

posted by 松村正直 at 08:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

第22回「あなたを想う恋のうた」

今年も「あなたを想う恋のうた」の審査員を務めます。
作品の募集は7月1日〜10月31日。
応募は無料で、最優秀賞は何と賞金10万円!

https://www.manyounosato.com/

みなさん、ぜひご応募ください。

posted by 松村正直 at 22:55| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

鳥取(1泊2日)

22日(土)は8:50京都駅発のスーパーはくと3号で鳥取へ。11:57着。
13:00から国民宿舎「ニュー砂丘荘」で塔とっとり砂丘歌会。
参加者32名と大盛況。17:00まで。

その後、砂丘を散策して夕食。
夕食後はマイクロバスで近くの川辺に行って蛍を見る。

21:00から宿舎の部屋に集まって懇親会。
23:00頃に解散。

P1070287.JPG


23日(日)は9:00から「砂の美術館」へ。
「世界旅行・南アジア編」というテーマで、ガンジー、モヘンジョダロ、バーミヤンの大仏など21点が展示されている。作品の質が非常に高い。遠近法などを用いて立体的な奥行きを生み出している。

その後、有島武郎と与謝野晶子の歌碑を見学して11:00に新日本海新聞社のホールへ到着。

13:00から現代歌人集会春季大会 in 鳥取。
「前川佐美雄と塚本邦雄〜鳥取からはじまった」をテーマに17:00まで。
参加者は100名ほど。

いろいろと学ぶことの多い内容であった。
特に前川佐美雄『積日』の歌が印象的だったので、読んでみようと思う。

帰りは18:40鳥取駅発のスーパーはくと14号で京都へ。
京都駅21:37着。

久しぶりにお会いした方も多く、密度の濃い楽しい二日間だった。

posted by 松村正直 at 21:05| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

短歌と民俗学

宮本常一『辺境を歩いた人々』は、民俗学の先駆者とも言うべき4名の人物についての本であるが、何か所か和歌の話が出てくる。

玉鉾(たまほこ)のみちのく越えて見まほしき 蝦夷が千島の雪のあけぼの

これは松浦武四郎が蝦夷地に旅立つ際に、藤田東湖から贈られた歌。
「玉鉾の」は「みち」に掛かる枕詞で、東北を越えて北海道の島々の雪の降る夜明けを見てみたいとの意味である。

我死なば焼くな埋めな新小田(にいおだ)に 捨ててぞ秋の熟(みの)りをば見よ

こちらは松浦武四郎が函館で病気になって寝込んでいた時の歌。もし自分が死んだら焼いたり埋めたりせずに田んぼに打ち捨てて秋の実りを見なさいという内容で、北海道の土になる覚悟を示している。

他にも菅江真澄の話の中で

みちのくの尾駮の駒は和歌の題材であり、真澄はこの十年ばかり心にかけていました。いまその近くまでやってきたのですから、なによりもうれしかったのでした。
日記の中に和歌の多いのは、歌のやりとりがそのころの文化人の交際のしかたでもあったからでした。

といった記述がある。
また、巻末の宮本常一略年譜にも

1933年 26歳 ガリ版雑誌『口承文学』を編集刊行。短歌を詠む。

とあり、宮本が短歌を詠んでいたことを初めて知った。折口信夫(釈迢空)や柳田国男を例に挙げるまでもなく、短歌と民俗学には強い親和性があるのだろう。

posted by 松村正直 at 23:46| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

稚内―コルサコフ航路

今夏の稚内―コルサコフ航路の運航中止が決まった。
https://tabiris.com/archives/saharin2019/

1995年以来続いていた運航が途切れることになって残念でならない。近年は毎年のように運航中止の話があり、それでも何とか形を変えて運航を続けていたのだが、ついにという感じである。おそらく来年以降の再開もままならないだろう。

成田や千歳とユジノサハリンスクを結ぶ航空便はあるので、サハリンに行くことはできる。でも、戦前の稚泊連絡船と同じ船旅を味わうことは、これでもう永遠にできなくなってしまうかもしれない。

posted by 松村正直 at 12:19| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

宮本常一著 『辺境を歩いた人々』


2005年に河出書房新社から刊行された本の文庫化。
(親本は1966年、さ・え・ら書房刊)

江戸後期から明治にかけて日本の辺境を旅した4名の人物(近藤富蔵、松浦武四郎、菅江真澄、笹森儀助)を取り上げて、彼らの足跡や業績を記した本。「です・ます」調の子供向けのやさしい文章で書かれている。

難船の荷物をひろいあげると、荷の持主から、一割のお礼がでることになっていました。そのために荷物をひろうことは海にそった村々のいい収入のひとつでした。
いまのようにべんりな郵便制度がない時代ですから、手紙は旅人などにことづけて、とどけてもらうしか方法がなかったのです。だからうまく相手のいる土地へいく人がいないと、一般の人はいつまでたっても手紙は送れなかったわけです。

当時の暮らしに触れたこうした記述に教えられることが多い。さり気なく書かれているけれど、私たちが意外と気付かない部分だろう。

ふりかえってみると、日本の辺地は、こうした国を愛し、また辺地の人々のしあわせをねがう多くの先覚者たちが、自分の苦労をいとわないであるきまわり、しらべ、ひろく一般の人にそのことをうったえて気づかせ、そこにすむ人の上に、明るい光がさしてくるようにつとめてくれたことによってすこしずつよくなって、今日のようにひらけてきたのです。

本の最後に記されたこの一文に、宮本の生涯を貫いた信念がよく表れていると思う。

2018年6月20日、河出文庫、760円。

posted by 松村正直 at 20:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

現代短歌シンポジウム in 京都

今年の「塔」の全国大会は京都で行いますが、初日のシンポジウムは
一般公開でどなたでも参加できます。ゲストに、高橋源一郎さん
(小説家・評論家)と小島ゆかりさん(歌人)をお迎えします。

日時 8月24日(土) 13:00〜17:00
場所 グランドプリンスホテル京都

  講演 高橋源一郎 「日本文学盛衰史・平成後篇」
  対談 小島ゆかり×吉川宏志 「古典和歌の生命力」

会費 当日   一般2000円 学生1000円
   事前申込 一般1800円 学生 900円

お申込み「現代短歌シンポジウム」参加受付のページ


  現代短歌シンポジウム2019.jpg
    (クリックすると大きくなります)

posted by 松村正直 at 23:31| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

山梨(4泊5日)


12日から16日まで4泊5日で、母の住む山梨へ。
7日に入院して10日に甲状腺右葉切除(甲状腺腫瘍)の手術を終えたばかりの母を見舞う。


P1070283.JPG

山梨大学医学部附属病院の部屋から見える富士山。
富士山が見えることを母はとても喜んでいた。



P1070281.JPG

病院は甲府の郊外にあるのだが、周囲にはとうもろこし畑が多い。
近所の方から、もとうもろこしをたくさんいただいた。



P1070280.JPG

病院の近くで見つけた「鎌倉街道」の案内板。
こんなところも通っていたのか、鎌倉街道は!



P1070285.JPG

15日に無事に退院。
母の家の前にはいつもの自然が広がっていた。
入院中は元気がなかった母も、自宅に帰ってホッとしたようだ。


posted by 松村正直 at 20:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

渡辺一史著 『なぜ人と人は支え合うのか』


副題は「「障害」から考える」。

障害や介護、福祉についての基本的な考え方から、障害者が地域で自立した生活を送るとはどういうことか、なぜ人と人は支え合って生きていくのかといった問題を、一つ一つ掘り下げて論じている。

著者の渡辺一史は私が最も信頼するノンフィクションライターで、これまでに『こんな夜更けにバナナかよ』『北の無人駅から』の2冊を刊行している。
http://matsutanka.seesaa.net/article/387138721.html
http://matsutanka.seesaa.net/article/440253335.html
http://matsutanka.seesaa.net/article/441554646.html

障害を、その人個人の責任とみるか、社会の責任とみるか、発想ひとつで、乗り越えるべきテーマや変革すべき社会のイメージが大きく変わってくることになります。
自立というのは、自分でものごとを選択し、自分の人生をどうしたいかを自分で決めることであり、そのために他人や社会から支援を受けたからといって、そのことは、なんら自立を阻害する要素にはならない。
人は誰かを「支える」ことによって、逆に「支えられている」のです。

本書は2016年に起きた「やまゆり園」障害者殺傷事件についても触れている。あの衝撃的な事件をどのように受け止め、考えれば良いのか。私たちに与えられた大きな課題である。

2018年12月10日、ちくまプリマ―新書、880円。

posted by 松村正直 at 22:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

現代歌人集会春季大会 in 鳥取


 kajin-shukai-spring 2019.png
  (クリックすると大きくなります)

6月23日(日)に鳥取で現代歌人集会春季大会を開催します。
大会テーマは「前川佐美雄と塚本邦雄〜鳥取からはじまった〜」。

 ・基調講演 林和清
 ・講演 三枝ミ之
 ・パネルディスカッション 荻原伸・道券はな・小谷奈央・楠誓英(司会)

という内容です。
参加費は2000円。

皆さん、ぜひお越しください。
鳥取でお会いしましょう!

posted by 松村正直 at 17:57| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

第55回短歌研究賞

今年の第55回短歌研究賞は川野里子さんの「Place to be」(28首)に決まった。短歌研究賞は前年の短歌総合誌に発表された20首以上の作品が対象となる賞である。

歌集『歓待』の冒頭にも据えられた「Place to be」は非常に印象深い作品で、受賞も当然という思いがする。この世に居場所の無くなった母が亡くなるまでの経緯を、母の言葉を詞書として挟みつつ、痛切な思いで詠みきっている。

posted by 松村正直 at 23:46| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

連絡

6月12日(水)〜17日(月)、京都の自宅を離れます。
その間はメールが見られませんので、急ぎの用事のある方は
ケータイに電話してください。

posted by 松村正直 at 23:00| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする