2015年12月19日

野口薫明歌集 『凍て海』 から (その2)

荒浪のうねりとだえて海づらにはろばろはれる堅氷あはれ
はりつめし堅氷の上にふりおけるいささかの雪はあはれなるかな
この海の沖つ辺かけてとざしたる堅氷の上をふみてあゆめり
この湾の氷の上をはろばろと犬つれて行く人のかげ見ゆ
この湾の堅氷さきて入り来し汽船はならすのどぶとの笛を

歌集のタイトルともなった「凍て海」8首より。

1首目、冬の荒れていた海が凍って、一面に氷が広がっている。
2首目、氷の上にうっすらと降り積もる雪。
3首目、氷は厚く張っていて、人が歩いても大丈夫だ。
4首目、犬を連れて氷の上を通る人の姿。
5首目、氷を割って湾の中へ入ってくる船が汽笛を鳴らす。これは冬の大泊の光景だろうか。

posted by 松村正直 at 09:19| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

野口薫明歌集 『凍て海』 から (その1)

大正9年から昭和4年にかけての作品341首を収録。

作者の野口薫明は、大正13年に小学校の教員として樺太に渡り、短歌同人誌「かはせみ」「いたどり」などを発行した。

この街の出はづれ道にさしかかりゆくりなくきけりたぎつ瀬の音
橋の下に砂利すくふ音ざくざくとさむけくしひびく橋を渡るに
今ここゆ下りゆきし馬車は川下の浅瀬の中を渡りゆく見ゆ
浅瀬をかちわたる馬が足もとにあぐるしぶきは白くひかりつ
川越えて行きし荷馬車は砂原に歩みとどめて砂利つめる見ゆ

「豊原郊外にて」5首より。

1首目、樺太の中心地豊原の町外れを歩いていると、川音が聞こえてくる。
2首目、川原で砂利を採取しているのだ。建築用の資材にするのだろう。
3首目、道から川へと降りて行った馬車が浅瀬を渡っていく様子。
4首目、橋の上から眺めていると、水しぶきがきらめく。
5首目、採取した砂利を荷馬車に積んでいるところ。今ならトラックだ。

1931年6月15日、冷光社、1円30銭。

posted by 松村正直 at 21:21| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

別冊正論25号「「樺太―カラフト」を知る」


樺太に関する特集号。全306ページ。

・竹野学「移民政策めぐる官と民とのすれ違い」
・三木理史「「棄景」の語る樺太産業と鉄道の関係誌」
・杉本侃「サハリンプロジェクトのルーツは戦前」
・渡辺裕「北太平洋沿岸諸民族の歴史」

など、興味深い内容の文章が多数収められている。

ムック全体としては「ニッポン領土問題の原点!!」という政治的な姿勢が濃厚で、そこは私と立場が異なる。けれども、これだけ本格的な樺太の特集が組まれるということ自体は、実に喜ばしいことだと思う。

竹野学「移民政策めぐる官と民とのすれ違い」は、樺太を支える新産業として期待された甜菜製糖が挫折した経緯について触れている。

一九三六年から操業を開始した樺太製糖は、年々の産糖高が当初の計画から乖離し続けた結果、連年赤字を計上していた。それは原料である甜菜の作付および収穫量の少なさが原因であった。

このあたり、皆藤きみ子歌集『仏桑華』の中で

農作に恵まれぬ嶋の農民が希望をかけしビート耕作
国はての凍土曠野にかにかくに大き創業は成しとげられつ
  (官民合同の樺太製糖)
  ビートは隔年作なれば農家は耕作を心よしとせず、
  ビート不足のため製糖は三カ月にて完了せんとす
事業家と農民のこころ相容れぬけはしき事も利にかかはりぬ
一年に三月の操業やうやくにビート完収をつげてきにけり

と詠まれていることに見事に対応している。

2015年11月13日、産経新聞社、1000円。

posted by 松村正直 at 20:43| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その7)

今日よりは吾子にしたしき校門ぞ積み雪はいまだなかば埋めつ
身につけしものみな重しこの国の新入生よ汝があはれなり
六キロの雪道とほし今日よりは汝(なれ)が通はむこのみち遠し
父母を離(か)れて幾日も経(た)たなくにものいふことも学童さびて
道くさをけさ戒めて行かせたる子がポケットより石あまた出づ

「長男入学」13首より。

1首目、長男の国民学校初等科(小学校)の入学式。4月になってもまだ校門は雪に埋もれている。
2首目、「いまだ防寒具着けてあれば」と注がある。厳しい寒さの中で学校に通う子ども。「この国」は樺太を指している。
3首目、自宅から学校まで6キロの道を通う。親としては心配だろう。
4首目、親の心配をよそに、子どもは学校にも慣れて、しっかりしてきたのだ。
5首目、石をたくさん拾って帰って来る子。このあたり70年前も今も変らない。

posted by 松村正直 at 06:12| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』から(その6)

枯れ草の秀さへ埋めし雪の原氷採取の橇道つづく
朝光にさだまる原や橇を曳く馬の太腹蒸気(いき)たちのぼる
馬さへや深ゆきに馴れて雪洞の中にことなくまぐさ食みゐる
室内に襁褓を干してこの国に子を育つると我が一途なる
ストーブの上に襁褓を掛け並べ乳児(ちご)を育つるみ冬のながき

「朝光」12首より。

1首目、冬の雪の積もった野原を、氷を採るための橇が行き来する。
2首目、下句に臨場感がある。厳しい寒さの中で仕事をする馬の身体から湯気が立ちのぼるのだ。
3首目、深い積雪にも慣れて、どうということもなく餌を食べている馬の様子。
4首目、作者は樺太に来て4人目の子を出産している。「この国」は日本ではなく、樺太のことを指しているのだろう。
5首目、長い冬が続く土地で小さな子を育てる作者。心細さと母としての覚悟が伝わってくる。

posted by 松村正直 at 08:22| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その5)

海霧は嶋山こめて今宵ふかし鰊の群来(くき)を人ら語れり
鰊漁場に男女(をとこをみな)も出稼ぎて街に人手なき鰊季に入る
貧しくてあれば日やとひ七円の収入(みいり)羨しむをあはれと思ひつ
身欠鰊(みがきにしん)つくると魚をさきてゐる婢(をんな)は仕事たのしむらしき
頭並めて藁に下げたる鰊より血潮したたる魚鮮(あた)らしき

「鰊季」7首より。

北海道の各地に残る鰊御殿は往時の鰊漁の賑わいを物語るが、樺太においても西海岸や亜庭湾で鰊漁が盛んに行われた。

1首目、春のいわゆる「鰊曇り」の夜に、鰊が産卵のために沿岸へとやって来る。
2首目、街に住む人もこの時期ばかりは漁にたずさわる。内地からも多くの出稼ぎ労働者が樺太に渡って来たらしい。
3首目、1日に「七円」というのは、今で言えばどれくらいの収入なのだろう。
4首目、内臓を取り除いて鰊の干物を作る場面。京都名物の「にしんそば」に乗っているアレだ。大量の鰊を捌く軽快な動きが見えてくる。
5首目、藁縄につないだ鰊を浜に干しているところ。「頭並めて」とあるので、頭は付いたままの状態である。

posted by 松村正直 at 09:29| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その4)

ビートビンに合図のベルは鳴り渡り凍る夜頃を人動く見ゆ
もろもろの気鑵どよみつつ工場をつつむ蒸気は西風(にし)なびきをり
新進の圧搾機械が吐く蒸気もり上りつつ夜をなびく見ゆ
事業家と農民のこころ相容れぬけはしき事も利にかかはりぬ
一年に三月の操業やうやくにビート完収をつげてきにけり

「製糖期」5首より。

1首目、「ビートビンは原料のビートを貨車より降し、工場よりの合図によりて流送溝に掻き降す露天作業場」という詞書がある。秋から冬にかけての寒い時期、それも夜の屋外の作業である。
2首目、ボイラー(気鑵)から音を立てて盛んに蒸気が立ち昇っている。
3首目、夜空に白い蒸気がなびいている光景。
4首目、「ビートは隔年作なれば農家は耕作を心よしとせず、ビート不足のため製糖は三ヵ月にて完了せんとす」と詞書にある。ビートを栽培する「農民」と製糖会社の「事業家」との思惑にズレがあったようだ。
5首目、ビートの収穫が終わり、工場の稼働も三か月で終わりを迎える。

posted by 松村正直 at 09:02| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その3)

焼死木くろく残れる裾野原蝦夷りんどうは茜さしつつ
岩が根をつたひ踏みのぼる登山道かそけきものか清水湧きつつ
鈴谷嶽の三峰のなだり寄るところ渓水合し滝と落つるも
頂上とおもふに霧の深くして二つ巨岩はいづ方ならむ
手をふれてほろほろと落つるフレップの小粒赤実は霧しづくして

「鈴谷嶽登山」11首より。

鈴谷嶽は標高1021メートル。栄浜―大泊間に南北に通る鈴谷山脈の主峰で、豊原から近いこともあって、登山客が多かったようだ。現在はチェーホフ山と呼ばれている。

1首目、山火事の跡が広がる裾野を歩いて行く。エゾリンドウは青紫の花なので、「茜さしつつ」は日に照らされている様子だろう。
2首目、岩の多い登山道の途中に見つけた湧き水。けっこう険しい道のようだ。
3首目、渓を流れる水が合流して、滝となって落ちているのである。
4首目、霧が立ち込めていて山頂に着いたかどうかはっきりと確認できない。二つの巨岩が頂上の目印だったのだろう。
5首目、「フレップ」(こけもも)は樺太の名物。これを採ってジャムや果実酒を作った。

posted by 松村正直 at 22:04| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その2)

新聞も賀状も着かず迎へたる新春三日凍(い)てきはまれり
夫と吾とかたみに曳ける橇の上に稚児(こ)のやすけさようつつねむれり
自が息の眉にまつ毛に凍りつつ身内にこもるこの生命はや
手をとりてぬがせやる子の手袋に凍りし雪は解けてしづくす
室に置くキャベツ凍りて庖丁の刃さきとほらず零下三十度

「新春」11首より。

樺太で初めて迎えた冬の歌である。
台湾から転居して来ただけに、冬の寒さはいっそう応えただろう。

1首目、新聞も年賀状も届かない正月。雪による遅配だろうか。
2首目、小さな子を橇に乗せて雪道を歩いている場面。気持ちよさそうに子は眠っている。
3首目、厳しい寒さのために、吐いた息が眉やまつ毛に触れて凍ってしまう。それはまた、自分が生きていて熱を持っていることの証でもある。
4首目、自力では脱げない手袋を脱がせてやっているのだろう。部屋の中でたちまち溶けていく雪。
5首目、「零下三十度」とあるので、相当な冷え込みである。土間などに置いておいたキャベツが、かちかちに凍っているのだ。

これは歌集全体に言えることだが、子育ての歌に印象的なものが多い。
作者は3人の子を連れて樺太に移り住み、樺太で4人目の子を産むことになる。

posted by 松村正直 at 08:14| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

皆藤きみ子歌集 『仏桑華』 から (その1)

『仏桑華』は昭和40年に明日香社から刊行された歌集。
1026首を収めており、全体が下記の4編に分かれている。

台湾編(昭和8年8月〜昭和10年8月)
樺太編(昭和10年10月〜昭和18年2月)
上海編(昭和18年2月〜昭和19年10月)
戦後編(昭和20年2月〜昭和38年4月)

皆藤の夫は製糖会社に勤務する技術者であり、その仕事の関係で台湾、樺太、上海という外地暮らしが長く続いたようだ。

幾貨車のビートは山と積まれつつ初製糖の日は近づけり
農作に恵まれぬ嶋の農民が希望をかけしビート耕作
国はての凍土曠野にかにかくに大き創業は成しとげられつ
洗滌機に吸はれて入りし甜菜の輸送筒にして刻まれてをり
工場の玻璃窓に燃えし没りつ陽がソ聯の方(かた)に夕映のこす

「製糖工場」11首より。

台湾編の終わりに「樺太開発の案成りて製糖工場建設のため突如、樺太転勤の辞令を受く」とある。亜熱帯の地から亜寒帯の地への転居であった。

1首目、台湾ではサトウキビが原料であったが、樺太ではビート(甜菜、砂糖大根)が原料である。多くの貨車によって運ばれてきたビートが工場の稼働を待っている。
2首目、樺太は寒冷な気候のために、稲作には不向きであった。農民はたびたび米作りに挑戦しては失敗している。そんな彼らが期待をかけたのがビート栽培だったのだろう。
3首目、「官民合同の樺太製糖」という注が付いている。台湾製糖と同様に、産業振興を目的とした半官半民の会社であったようだ。国土の北の果てに新たな産業を興そうという熱意が感じられる。
4首目、稼働する工場の様子を詠んだ歌。洗われた甜菜が輸送管を通りつつ刻まれていく。
5首目、工場は豊原にあったようなので、ここで言う「ソ聯」とは樺太の北緯50度以北ではなく、間宮海峡を隔てた大陸側を指しているのではないか。西空に広がる夕焼けである。

posted by 松村正直 at 07:18| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

稚内―コルサコフ航路の存続問題

今年の夏のサハリン旅行で利用した「稚内―コルサコフ」の定期フェリーの存続が危ぶまれている。

「稚内―サハリン定期フェリー、17年の運航に幕」
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91857470X10C15A9L41000/

1999年から運航を行ってきたハートランドフェリーが今年限りで撤退することになり、来年以降、稚内市が新会社を設立して運航を引き継ぐ方向で検討中となっている。

ピーク時に比べて旅客は34%減、貨物は97%減と大幅に落ち込んでおり、日本とロシアの関係が改善されない限り、当分はこうした状況が続くだろう。

戦前の「稚泊航路」を引き継ぐ歴史ある航路だけに、何とか存続してほしいと思うが、見通しはあまり明るくないようだ。

posted by 松村正直 at 19:24| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

南樺太全図

サハリン旅行の時に、稚内の国際フェリーターミナルに貼られている
「南樺太全図」という地図を見た。戦前の樺太の詳細な地図である。

このたび、その地図を入手することができた。

P1040857.JPG

縦1メートル、横60センチほどの大きさで、町の名前、山の名前、川の名前、
鉄道、道路、工場など、知りたかったことが全部載っている。

西能登呂岬、遠淵湖、奥鉢山、幌内川、幌見峠、栄浜、多蘭内、敷香・・・、
素晴らしい!

家の壁に貼って毎日眺めていたいのだけれど、残念ながら空いている壁がない。
そこで時おり開いては畳の上で眺めている。

posted by 松村正直 at 22:36| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

サハリンの旅(その3)

 P1040797.jpg
ユジノサハリンスクの東側にある展望台(旧旭ヶ丘)へ登るゴンドラ。
冬はスキー場として使われている。


 P1040735.jpg
サハリン州郷土博物館の展示室。
1階はサハリンの自然に関する展示で、剥製や標本がたくさんある。


 P1040767.jpg
同じくサハリン州郷土博物館の展示室。
2階のカーペットの敷かれた部屋が土足禁止なのだが、日本と違って靴を脱ぐのではなく、靴ごとスリッパを履く方式となっている。


  P1040806.jpg
ユジノサハリンスクに建設中の教会。
ソ連時代は抑圧されていたロシア正教だが、今はあちこちで教会を見かけた。

posted by 松村正直 at 06:51| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

サハリンの旅(その2)

 P1040847.jpg
ユジノサハリンスク駅近くの踏切を通る機関車。
警報は鳴るが、遮断機というものはない。


  P1040718.jpg
ガガーリン公園の入口に立つ宇宙飛行士ガガーリンの銅像。
「地球は青かった」の人である。


 P1040676.jpg
スミルヌイフの町で見かけた牛。
のんびり歩きながら道端に生えている草を自由に食べている。


  P1040715.jpg
5月9日の戦勝記念日(対ドイツ)のポスターが、町のあちこちに残っている。
今年は70周年ということもあり、賑やかなパレードなどもあったそうだ。

posted by 松村正直 at 08:38| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

サハリンの旅(その1)

 P1040608.jpg
3日目の昼食。ショッピングセンターのフードコートにて。
325ルーブル(約680円)。


 P1040607.jpg
ユジノサハリンスクの自由市場。野菜、果物、衣服が多く売られている。
ダーチャ(別荘)で収穫したイチゴなどを道端で売っている人も多い。


  P1040622.jpg
ユジノサハリンスクからノグリキへ向かう夜行寝台列車の車内。
二段ベッド×2つの部屋になっている。


 P1040650.jpg
北緯50度の旧国境線近くに咲くヤナギラン。
群生してサハリンの夏を彩る花である。

posted by 松村正直 at 08:05| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

サハリンの旅の概要

今回のサハリンの旅の日程は、こんな感じでした。

29日 京都―(バス)―伊丹空港―(飛行機)―新千歳空港―(電車)―札幌―
    ―(夜行バス)―
30日 ―稚内―(船)―コルサコフ―(車)―ユジノサハリンスク【泊】
31日 ユジノサハリンスク―(車)―ホルムスク―(車)―ユジノサハリンスク―
    ―(夜行列車)―
 1日 ―スミルヌイフ―(車)―北緯50度、旧国境線―(車)―ポロナイスク―
    ―(夜行列車)―
 2日 ―ユジノサハリンスク【泊】
 3日 ユジノサハリンスク―(バス)―コルサコフ―(バス)―ユジノサハリンスク
    【泊】
 4日 ユジノサハリンスク―(車)―ユジノサハリンスク空港―(飛行機)―
    ―成田空港―(電車)―東京―(新幹線)―京都

6泊のうち3泊が夜行という、体力的にはなかなかハードな旅でした。

posted by 松村正直 at 23:06| Comment(2) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

相原秀起著 『知られざる日露国境を歩く』


副題は「樺太・択捉・北千島に刻まれた歴史」。
ユーラシア・ブックレットNo.200。

戦前から戦後にかけて日本とロシア(ソ連)の国境となった「樺太の北緯50度線」「北方領土の択捉島」「北千島の占守島」の三か所を訪ねた記録。著者は北海道新聞社の根室支局やユジノサハリンスク支局勤務を経て、現在は報道センター編集委員を務めている。

樺太50度線に設置されていた4基の国境標石のうち、第2号は現在「根室市歴史と自然の資料館」に収められているが、それが著者たちの尽力によるものだということを、本書の記述によって初めて知った。

また、現在行方不明とされている4号標石が或るロシア人に所蔵されていることや、サハリン州郷土博物館に展示されている3号標石が戦前の日本時代に作られたレプリカであることなども記されている。

過去を知ることは未来を考えることでもある。歴史は未来の羅針盤だと思う。

過去の出来事をなかったことにしたり、忘れたりするのではなく、様々な問題も含めてきちんと検証しておくことが大切だ。そういう意味でも、これは非常に価値のある一冊だと思う。

2015年2月25日、東洋書店、800円。

posted by 松村正直 at 08:51| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

稚内―コルサコフ航路の存続

今年限りで廃止の予定だった稚内―コルサコフ航路ですが、稚内市が民間企業と共同で新会社を設立して、航路を存続させることになりそうです。

「稚内−サハリン間の赤字航路を存続へ 市主体で民間と新会社つくり継承」というニュース記事を見つけました。とりあえず良かったです。ただ、観光にしろビジネスにしろ、サハリンへ渡る人が増えない限り、根本的な問題解決にはつながらないのでしょう。
http://www.sankei.com/economy/news/150430/ecn1504300039-n1.html

 赤字を理由に今年限りの運航廃止が決まっている北海道稚内港とロシア極東サハリン南部コルサコフ港を結ぶ定期フェリーについて、稚内市は30日、民間会社と共同出資して新会社を設立し、現在の運航会社から航路を引き継ぐ方針を明らかにした。
 稚内市によると、新会社は現在の運航会社のハートランドフェリー(札幌市)から同航路で使用している貨客船を購入し運航する方針。船を外国船籍に切り替えたり、乗組員を外国人にしたりすることでの経費削減を検討している。運航期間を現在の夏季(6〜9月)のみから拡大する案もあるという。
 稚内市は具体的な内容について6月の定例市議会までに示す方向で調整している。北海道への支援も要請しており、道は市の具体策を見極めたうえで対応を判断するとしている。
 同航路は1999年に開設。赤字が続き、昨年9月にハートランドフェリーが今年限りでの撤退を決め、稚内市は存続に向けて道などと協議してきた。

posted by 松村正直 at 06:27| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

尺とメートル

4月4日のブログに

標高1600メートルくらいの山脈を越える道で、途中には「樺太十五勝」にも数えられた景勝地「豊仙峡」「八眺嶺」(はっちょうれい)などがあった。

と書いた。「1600メートルというと、かなりの標高だな」と思っていたのだが、これは間違いであった。

古い樺太地図に記された数値を見て「1600メートル」と思ったのだが、同じ地図の敷香岳を見ると「4536」とある。4536メートルもあるはずがない。調べてみると敷香岳の高さは1375メートルであった。

他の山も調べてみる。

鈴谷岳「3454」 1045メートル
野田寒岳「3390」 1027メートル
釜伏山「3586」 1087メートル

いずれも3倍以上の数値になっている。

最初は、フィート(1フィートは30.48センチ)表示なのかと思って計算してみると、敷香岳は4536×0.3048=1383メートルになる。正しい高さ1375メートルにほぼ一致するが、微妙に差がある。他の山も同様だ。

その後、尺(1尺は10/33メートル)表示なのだと気が付いた。4536×10/33=1375メートルとなり、ピッタリである。

古い樺太地図に書かれていた数字は、メートルではなく尺表示だったのだ。
「大豊線」が越えていた山脈も標高480メートルくらいということになる。


posted by 松村正直 at 06:04| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

山本寛太歌集 『北緯49°』から(その5)

打ちあぐる波に濡れつつ曳きてくる昆布は長し砂に並べぬ
砂の上を幼きも母に従ひて曳きずりて来る小さき昆布を
夕映えに鰊をはづすをみな等が鱗だらけになりて余念なし
子供らが曳く手車は柳葉に消えし提灯もありて揺れゆく
夜の部屋に取り散らしたる書のなかに疲れたるわれや眼(まなこ)あきつつ

「昆布」5首より。

1首目、樺太の西海岸は昆布の産地でもあった。昆布を浜で干しているところ。
2首目、小さな子供も母の手伝いをして海から昆布を引き上げている。
3首目、西海岸は鰊漁も有名であった。陸で女たちが網から鰊を取り外している場面。
4首目には「七夕祭」という注が付いている。柳や提灯を飾った山車を曳いて町内を練り歩いているのだろう。
5首目、何か調べものでもしていたのか。結句「眼閉じつつ」ではなく「眼あきつつ」としたところに、虚脱感がよく出ている。

posted by 松村正直 at 09:52| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

山本寛太歌集 『北緯49°』から(その4)

顚は雨寒々と降りしぶく雑林のなかを鴉くだりぬ
寒々と霧うつろへる深谿を埋めてしみらに樺の樹は生ふ
山峡(やまかひ)は白き地層のあらはなる断崖(きりぎし)に沿うて川流れたり
車窓にし面(おも)よせて見る深谷の垣山の上を霧は越え来る
後より来るトラック今し虎杖の吹かるる山の裾に沿ひくる

「大豊線」8首より。

作者は昭和12年に樺太北部の敷香から、西海岸の蘭泊の小学校に転任となる。これは、その頃の作品だ。

「大豊線」とは、留多加町大豊から中央山脈を越えて、西海岸の本斗町遠節へと到る横断道路。昭和10年に開通して、路線バスも走っていた。

標高1600メートルくらいの山脈を越える道で、途中には「樺太十五勝」にも数えられた景勝地「豊仙峡」「八眺嶺」(はっちょうれい)などがあった。

1首目、「巓」は「いただき」。雨の降る林に鴉が飛んでいる。
2首目、霧の立ち込める山深い土地を進んでいくところ。
3首目、当時の地図を見ると、「大豊線」はまず留多加川の支流を遡り、山脈を越えた後は遠節川に沿って下っていく。
4首目、車窓から雄大な景色を眺めている様子。「垣山」は普通名詞か固有名詞か。
5首目、虎杖(いたどり)の茂っている山道をトラックも登ってくる。

posted by 松村正直 at 08:24| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

山本寛太歌集 『北緯49°』から(その3)

大根(おほね)あまた売りし空地に風とほす板小屋立てて凍て魚を並ぶ
箕(み)の中ゆ開くかますに凍て魚のいま移さるとかたき音をたつ
土間の上にぶちまけられしうろくづのうごめきにつつ凍てゆくらむか
凍て河を時折よぎる犬橇にスケートをやめわれは佇ち見つ
氷下魚(こまい)つめし俵を人は凍て河の岸辺に運び来ては積みあぐ

「氷下魚」14首より。

1首目、大根を売っていた場所に小屋を立てて、冬場は魚を売っている。
2首目、「かます」は魚のカマスではなく、藁むしろの袋のこと。床に並んでいる魚を掬って袋に入れている場面だろう。
3首目、獲ってきた魚を土間に放り出すと、生きたまま凍ってしまう寒さなのだ。
4首目に出てくる「凍て河」は幌内川のことだろう。ソ連領から南下して敷香へと流れている川。氷の上を移動する犬橇や作者がやっているスケートなど、冬の樺太ならではの光景である。
5首目、氷に穴を開けて釣った魚を俵に詰めて川岸に積み上げているところ。

posted by 松村正直 at 05:59| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

山本寛太歌集 『北緯49°』から(その2)

国境に向ひ出でゆく街道を自動車はどろのなか泳ぎゆく
国境にわだかまり立つ山肌の雨後の鮮けき色は見え来ぬ
黒々と山火はしりし焼け山の肌(はだへ)に沿うて雲うつりゆく
この山を迂回しのぼる路すらも砲車ゆくべき勾配につくる
国境標の石刷りの布壁にはりてたしかに踏破して来しを思ふ

「日ソ国境」5首から。

1首目、敷香から北緯50度の国境線までは約100キロ。「どろのなか」とあるので、未舗装の道路を走って行ったのだろう。
2首目、国境近くの山の姿である。西樺太山脈に連なる半田山か。
3首目、「山火」=山火事は樺太名物と言われるほどしばしば発生していた。
4首目、もしソ連と戦争になった際には「砲車」を最前線まで運べるように道が作られているのだ。このあたり、やはり国境近くならではの緊迫感がある。
5首目、国境線には標石が設置されている。その拓本を記念にとってきたわけだ。当時よく行われていたことなのかもしれない。

posted by 松村正直 at 09:44| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

山本寛太歌集 『北緯49°』から(その1)

山本寛太(1909年生まれ)は「青垣」の歌人で、昭和2年から15年まで教員として樺太に住んだ。タイトルは、著者が樺太で8年間暮らした敷香(しすか、しくか)の緯度を表している。当時、北緯50度が日本とソ連の国境線であった。

ちなみに稚内は北緯45度、京都は四条通りに北緯35度の碑が立っている。

冬枯れのあら野の中へひらけゆく新市街建築の音ぞきこゆる
にごり水かぐろに逆巻き多来加のツンドラ湖の近くなりにし
雪まじるあら風うけて湖にはれる薄氷(うすらひ)のきしみ岸につたはる
言通はぬ土人ふたりと夕くらむ砂浜の上を歩みゆくなる
橇の馬うまやに曳くらしきしみきしみひづめの音す宿のまはりに

「冬枯れ」11首から。
1首目、樺太北部の中心地であった敷香の発展ぶりがよくわかる歌。戦前は約3万人がここに住んでいた。
2首目、多来加(たらいか)湖は敷香北東の海沿いにある湖で、当時、琵琶湖・八郎潟に次いで日本で3番目に大きな湖であった。
3首目、多来加湖に張った氷のきしむ音が岸まで響いている。
4首目、「土人」とあるのは、ウィルタやニヴフなどの先住民族である。彼らに案内をしてもらったのだろう。敷香の近くには「オタスの杜」と呼ばれる先住民指定居住地があった。
5首目、雪道の移動には馬橇が使われる。その馬が厩へと曳かれていく音。

1957年10月10日、青垣発行所、200円。

posted by 松村正直 at 10:06| Comment(2) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

「りとむ」2015年3月号

中村昌子さんという方が「原点」というエッセイに樺太のことを書いている。

私は昭和十七年三月、父の実家である函館で生まれた。その頃父は応召されていて、満洲を転戦していたと言う。食糧事情の悪化は母乳を止め、生まれたばかりの私の空腹を満たす事が出来ず、母は止むなく実家の樺太行きを決断した。まだ雪の残る真岡郡野田町の北、久良志という海辺の地に落ち着いた。漁家の食卓は貧しいながらも豊かだったと、生前母も祖母も語っていた。

エッセイの最後は「私の原点は樺太にあり、第一の故郷との想いは強い」と締め括られている。

樺太はかすみて見えず望郷の丘に無韻の〈氷雪の門〉
            中村昌子

「氷雪の門」は樺太で亡くなった人のための慰霊碑で、昭和38年に稚内公園に建てられた。天気の良い日にはそこからサハリンの島影が望めるそうだ。

posted by 松村正直 at 08:24| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その6)

春浅き夕べを来りオーロラの顕ちし噂など人のして行く
春あはき感傷揺りてオーロラの顕ちし噂はひろごりにけり
春の夜のこころあどなく見のがししオロラのひかり想ひ見にけり
寒さいま極むとするか書棚(ふみだな)の玻璃にこごりて氷花(ひばな)きらめく
この海の氷上荷役とふは今もありや我が行きて見ざること久し

昭和13年の「うつそみ」8首より。

1首目、「オーロラ」と言えばアラスカ、カナダ、北欧などをイメージするが、樺太でも見られることがあったのだろう。もっとも噂になるくらいだから、ごく稀なことだったのだ。
2首目、早春の感傷的な気分とオーロラのゆらめきが響き合う。
3首目、「あどなく」は「あどけなく」と同じ。見られなかったオーロラに想いを馳せている。
4首目、「氷花」は空気中の水分が氷結したもの。部屋の中でもこれなのだから、厳しい寒さが想像される。
5首目、「氷上荷役」は氷の張った海の上で、船に荷物の積み下ろしをすること。冬の樺太の名物だったようで、よく絵葉書などになっている。

posted by 松村正直 at 07:07| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その5)

来む年に檻つぎ足さむひとところ苔桃(フレツプ)熟れて採る人もなし
松の伐株(くひぜ)かこみて熟るる苔桃(フレツプ)の粒(つぶ)々紅し葉洩れ陽を吸ひ
指(て)触るればすなはち零つる苔桃(フレツプ)のつぶら実拾(ひり)ひ拾(ひり)ひて食ふも
苔桃(フレツプ)は居ながら採りて須臾(しましく)に帽に溢れぬ家づとにせむ
白秋の君が愛でにし美果実(くはしこのみ)フレツプ、トリツプわが園のうちに

昭和11年の「蝦夷山家」48首から。
新田はこの連作で「短歌研究」特別募集50首詠に入選している。

「十月下旬、おのが住む大泊を北に距ること四里余なる新場駅の前山に弟が養狐園を訪ぬ」という詞書が付いている。樺太に呼び寄せた末弟が経営する養狐園を訪れた内容だ。

1首目、狐を飼う檻を増設する予定の場所にフレップの実が生っている。
2首目、フレップは樺太の名物で赤い実を付ける。
3首目、「拾(ひり)ふ」は「拾(ひろ)ふ」の古い言い方。
4首目、たくさん採れたフレップの実を土産にしようというのだ。
5首目、北原白秋の樺太旅行記『フレップ・トリップ』を踏まえた歌。

『フレップ・トリップ』の最初には

フレップの実は赤く、トリップの実は黒い。いずれも樺太のツンドラ地帯に生ずる小灌木の名である。採りて酒を製する。所謂樺太葡萄酒である。

と記されている。

posted by 松村正直 at 21:23| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その4)

クシユンコタン・コルサコフの海をただに埋め列なむ巨艦まさ目には見つ(望艦)
超弩級山城・扶桑・榛名・比叡(ひえい)はちまん揺がずわだつみを圧す
海馬(トドモシリ)の島と見るべくうかび立つ航空母艦の図体(づたい)におどろく
つぎねふ山城・榛名沖にかかりなほし山なす高さたもてり
我が家に昨夜(よべ)来し兵ら莞爾(にこ)として我を迎ふる舷梯(タラップ)に寄り(訪艦)

昭和10年の「聯合艦隊入港」15首より。
「九月六日午前六時」という日時が付いている。
連合艦隊が大泊に入港した様子を詠んだもので、当時作者は大泊高等女学校勤務であった。

1首目、クシュンコタン(久春古丹)は江戸時代、コルサコフはロシア領時代の「大泊」の呼び方。今はそこが日本領になって、というニュアンスか。
2首目、「山城」「扶桑」「榛名」「比叡」は戦艦の名前。「はちまん揺がず」は「少しも揺るぐことなく」という意味だろう。
3首目、「海馬島」は樺太の南西端にある島。空母が島影のように大きく見えたのだ。
4首目の「つぎねふ」は「山城」にかかる枕詞。沖に出てもまだ山のような高さでなのである。
5首目、地元の有力者による船の見学や兵との交流が行われたのだろう。

posted by 松村正直 at 07:06| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

シンポジウム「国内植民地の比較史」

同志社大学今出川キャンパスで開催されたシンポジウム「国内植民地の比較史」に参加してきた。全部で4つの報告があり、コメントや質疑応答も含めて刺激的な内容であった。

・天野尚樹(北海道大学)
    「植民地・辺境・国内植民地:近代サハリン島の歴史的経験」
・崎山直樹(千葉大学)
    「内国植民地からの脱却をめざして:近代アイルランドの苦闘と
     植民地近代性の罠」
・中山大将(北海道大学)
    「境界地域サハリン島:亜寒帯植民地樺太の移民社会形成解体史
     研究の位置と意義」
・富田理恵(東海学院大学)
    「ヘクターの国内植民地論:スコットランド史の観点から」

サハリン(樺太)に興味があって参加したのだが、アイルランドやスコットランドの話も面白かった。別の地域と比較することで、ものを見る視野が大きく広がるのを感じた。

posted by 松村正直 at 20:22| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その3)

貧農の弟(おとと)の便り読みゐつつ狐飼はせんこころ動ける(在郷末弟)
十段の水田作るは一偶の狐飼ふに如かず狐飼はせん
狐飼はば美林を与へ種ぎつね分譲すてふ国の掟よし
年年に二偶の銀狐殖ゑ行かば彼が生活(くらし)は豊けかるらめ
彼つひに飼狐に熟さばわれもまた銀黒狐(ぎんこつこ)買ひて彼に托さむ

昭和8年の「銀黒狐(一)」9首より。

1首目、生活の苦しさを訴える手紙だったのか。故郷の福島県で農業をしている弟を樺太に呼び寄せて、養狐業をさせようと考えている。長男である作者は、末弟の窮状を見るに見かねる思いだったのだろう。
2首目、農業と養狐業の比較。「一偶」はワンペアの意味。「十段」と「一偶」の対比が効いている。
3首目、養狐を奨励する国の政策を詠んだもの。
4首目、毎年順調に繁殖していけば、弟の生活も豊かになっていくだろうという予想。「獲らぬ狸の皮算用」といった感じがしないでもない。
5首目、さらに想像は膨らんで、自分も狐を買って弟に飼育を頼み、ひと儲けしようかと考えている。

この後、実際に弟は樺太に移住して、養狐業を始めることになる。

posted by 松村正直 at 07:56| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その2)

蜜柑箱かさねて吾子が作りたるジャンプ台はけさの雪に埋れつ
妻とふたり昼餉食したり雪あそびにほうけし子らの帰り来らず
氷下魚(かんかい)を釣りゐるをのこひとりなり犬のあたまを撫でてゐしかも
氷下魚を釣りゐるをのこ寒からむ犬のはだへに手をぬくめをり
床の上に魚屋(いさば)が投げし凍て魚のつぶてのごとき音たてにけり

昭和5年の「氷下魚(かんかい)」10首から。
「氷下魚」は「こまい」とも呼ばれるタラ科の小型の魚。

1首目、「蜜柑箱」は最近では段ボール製だが、当時は木製。「ジャンプ台」はスキー遊びに使うのか。
2首目、雪の中に出て行ったまま帰らない子供たち。
3・4首目は氷下魚釣りの場面。海に張った氷に穴を開けて釣っているのである。お供の犬に触れて手を温めているのがいい。おそらく樺太犬だろう。
5首目、「いさば」は行商の魚売りを意味する東北方言のようだ。新田は福島県伊達郡の生まれ。カチンコチンに凍った魚を手荒く放り投げている。

posted by 松村正直 at 19:01| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

『新田寛全歌集 蝦夷山家』から(その1)

新田寛は戦前の樺太歌壇の中心人物の一人。
教員として樺太で暮らしつつ、「樺太新聞」や雑誌「樺太」の歌壇の選者を務め、昭和16年には樺太歌人会の副会長になっている。

雲低う垂れてなごめる大わだや七浜かけて舟うかみたり(鰊漁)
舟の魚移しはこぶと水ふかく馬車ひき入るる後から後から
大網の目ごとに着ける鰊の卵(こ)大勢にして打ち落しをり
魚の腹指(および)に割きて数の子を取りゐる人ら血にまみれたる
うづたかき鰊の中に身をうづめひたむきに卵をば取りてゐるなり

昭和3年の樺太の鰊漁を詠んだ歌。

1首目は鰊を獲るために多くの舟が海に出ているところ。
2首目、魚を運ぶために馬車を海の中まで入れているのが珍しい。
3首目、「大網の目ごとに着ける」というのだから、かなりの大漁である。
4・5首目は数の子を取る作業の様子。「指に割きて」「身をうづめ」といった臨場感あふれる描写が印象的だ。

菊地滴翠編『樺太歳時記』によれば

樺太で最高の水揚げは昭和六年で、開島以来という七二万九〇〇〇石。水揚げが減る一方の北海道に比較し、樺太の鰊漁師は我が世の春を謳歌した。

という状態だったらしい。

posted by 松村正直 at 20:54| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

「樺太を訪れた歌人たち」PDF版

2013年から2014年にかけて「短歌往来」に連載した「樺太を訪れた歌人たち」をPDFにして、私のホームページ 「鮫と猫の部屋」 で読めるようにしました。

この連載は今後書き足して、さらに現地取材も加えて、いつか1冊にまとめられたらと思っています。事実誤認や誤記、あるいは「他にもこんな歌人がいるよ」「こんな資料もあるよ」といった情報等がございましたら、お知らせいただければ幸いです。

posted by 松村正直 at 11:02| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

連載「樺太を訪れた歌人たち」

「短歌往来」に連載中の「樺太を訪れた歌人たち」の最終回の原稿を送った。
2年間、24回続いた連載もこれで終了。

北見志保子、松村英一、北原白秋、吉植庄亮、橋本徳壽、生田花世、石榑千亦、
出口王仁三郎、土岐善麿、下村宏と来て、最後の2回は斎藤茂吉で終えた。

好きなように書かせて下さった「ながらみ書房」さんに感謝。
来夏はぜひ樺太の現地調査に行ってみたい。


posted by 松村正直 at 17:26| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

徳田耕一著 『サハリン 鉄路1000キロを行く』


サハリンの観光ガイド本。

ユジノサハリンスク、コルサコフ、ホルムスクなど主要都市のほか、全長1270キロに及ぶサハリンの鉄道について、写真入りで詳細な案内を載せている。その他に、宮脇俊三らによる座談会「サハリン旅行の魅力を語る」も収録。サハリンの魅力と旅行の方法がよくわかる内容となっている。

戦後長らく外国人立入禁止区域に指定されていたサハリンは、1989年に初めて旅行が可能となり、1995年には稚内とコルサコフを結ぶ定期船が50年ぶりに復活した。この本の出版はその当時のものである。

まさにサハリンは日本から大変近い“隣国”として、今再び私たちの前に迫ってきた。

といった言葉が随所に見られるのだが、その後のサハリン観光はそれほど広がりを見せていないように感じる。ガイドブックもツアーも少なく、サハリン旅行の話を聞くこともほとんどない。

ぜひ、一度、サハリンに行ってみたい。一度と言わず、二度三度と訪れてみたい。
それが「樺太を訪れた歌人たち」を連載している私の願いである。
来年の夏には、何とか実現したい。

1995年4月1日、JTBキャンブックス、1553円。

posted by 松村正直 at 07:59| Comment(2) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

「うた新聞」8月号

「引揚者のうた」という特集が組まれている。

・桜井登世子 「海ゆかば」の幻想へ
・小宮山輝 記憶の中の死者たち

という文章と、20名の「3首+コメント」が載っている。
みな、満州、中国、朝鮮、台湾などから引き揚げてきた人たちだ。

その中に、樺太から引き揚げてきた人もいる。

 真岡町、ホルムスクと名を変へてより鰊の漁は絶えて異国に
              林 宏匡
 撃沈されし泰東丸の乗船名簿をさなき児らもあまたつらなる
              林田恒浩

敗戦時、樺太には約40万人の日本人が住んでいた。
ソ連軍の攻撃によって亡くなった人だけでなく、シベリアに抑留されて亡くなった人も多い。

posted by 松村正直 at 01:03| Comment(3) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

山口誓子句集『凍港』のつづき

『凍港』という題名は
凍港や舊露の街はありとのみ

から採られている。

この句の舞台は、樺太南部の港町、大泊(コルサコフ)である。明治34年に京都で生まれた誓子は、明治45年に樺太日日新聞社の社長であった祖父の住む樺太へと渡った。そして、大正6年に大泊中学から京都府立一中に転校するまでの約5年間を樺太で暮らしている。

句集『凍港』には、こうした樺太時代の思い出を詠んだ句がいくつもある。
犬橇(のそ)かへる雪解の道の夕凝りに
船客に四顧の氷原街見えず
氷海やはるか一聯迎ひ橇
唐太の天ぞ垂れたり鰊群來
橇行や氷下魚の穴に海溢る

1句目の「犬橇(のそ)」は樺太犬が曳く橇のこと。
4句目の「唐太」は樺太、5句目の「氷下魚」は「こまい」と言って、タラ科の魚。冬期に氷に穴を空けて釣るのである。

posted by 松村正直 at 00:34| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

鮭とチョウザメ

新巻鮭(あらまき)のかたちにサハリンぶらさがり天気図はけふ北東の風
            前川佐重郎 『孟宗庵の記』

サハリン(樺太)の形を鮭に喩えるのは、日本では古くから定番であったようだ。
昭和17年に出た下村海南の随筆集『二直角』にも
鮭に似た樺太の島は真二つに切られてあるも北緯五十度

という歌が載っている。これは当時、北緯五十度を国境として、北側はソ連領、南側が日本領であったことを詠んだものである。

日本人がサハリンの形を「鮭」に喩えるのに対して、ロシア人は「チョウザメ」に喩えるらしい。チェーホフの『サハリン島』の中に、こんな記述がある。
サハリンを蝶鮫にたとへることは、南部の場合は殊にふさわしく、全く魚の尾鰭にそつくりである。尾の左端はクリリオン岬、右は―アニーワ(亜庭)岬と呼ばれ、その間の半円形をなした入江を―アニーワ湾といふ。

「鮭」と「チョウザメ」。
そこには日本人とロシア人が普段なじんでいる魚の違いが表れているのだろう。

posted by 松村正直 at 02:29| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

タラバガニ

樺太の水産物に関する本を読んでいたら、「鰊」「鱈」「鱒」「鮭」の次に「鱈場蟹」というのが出てきた。鱈場蟹??・・・「タラバガニ」か!

こんな漢字を書くとは知らなかった。タラバガニという言葉は何度も使っているけれど、それが「鱈場蟹」であったなんて。

広辞苑で調べてみると「主要漁場はベーリング海やカムチャツカの近海で、タラの漁場と重なるのでこの名がある」と書いてある。鱈場で獲れるから鱈場蟹。きっと鱈漁をしていると一緒に獲れるのだろう。

かつて、樺太では西海岸の真岡をはじめ各地にタラバガニの缶詰工場があったということだ。

posted by 松村正直 at 22:02| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

樺太日日新聞


昨日は東京で少し時間があったので、永田町の国立国会図書館へ行った。台風が去って、汗ばむくらいの良い天気。

  IMG_3488.JPG

国会図書館は普通の図書館とは随分システムが違うので、慣れないうちは面倒に感じるけれど、慣れると非常に便利な場所だ。カード1枚で資料の請求や、複写、複写の受け取りなど、何でもできてしまう。係員の人もテキパキしていて気持ちがいい。

  IMG_3503.JPG

今回の目当ては「樺太日日新聞」。樺太についての連載をしているので、一度は読まなくてはと思いつつ今まで機会がなかった。読んでみると実に面白い。戦前の樺太の生活が手に取るように見えてきて、宝の山みたいな資料である。思わず読み耽ってしまった。

国会図書館は便利なのだが、一つ一つの段階を踏むのに時間がかかる。今回は2時間あまり滞在して、マイクロフィルム3本(6か月分)の新聞を読み、コピーを3枚とった。それで時間的には精一杯。

マイクロフィルムは30年分以上あるので、できれば一か月くらい通い続けて、じっくり読んでみたいところだが、無論そうはいかない。これからも東京へ行く機会があれば、ちょくちょく通うことにしよう。

posted by 松村正直 at 19:25| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

「短歌往来」2013年8月号

連載「樺太を訪れた歌人たち」は8回目。

「北原白秋・吉植庄亮と海豹島(3)」を書きました。
海豹島の主役であるオットセイについての話です。
どうぞ、お読みください。

白秋と庄亮については今回で終り。次回からはまた別の歌人を取り上げます。

posted by 松村正直 at 20:20| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

『地球のはぐれ方』のつづき

この本の題は『地球の歩き方』のパロディなのだろう。確かに、観光用ガイドブックとしては使えそうにない本である。その代わり、物の見方や旅のあり方については、いろいろと学ぶことができる。

サハリン(樺太)が取り上げられているのも大きな魅力である。今、「樺太を訪れた歌人たち」という連載をしているので、かつて(大正から昭和戦前)歌人たちが訪れた町が、現在どのようになっているのかを知ることができる。
コルサコフには旧北海道拓殖銀行大泊支店や神社跡など、日本時代のクラシックな建築がいくつか残り、ちょっとした建築散歩気分が楽しめるが、全体的には国際貿易港という語感からほど遠い、一抹のうら寂しさが漂う港町。
ネベリスクを訪れる観光客の数は少ない。さびれた港湾都市である。人口は二万四〇〇〇人。かつては冬場の不凍港として、日本との定期航路でそれなりに栄えた街だが、今ではもうその面影はない。
ポロナイスク(旧・敷香)の沖合に浮かぶチュレー二ー島。もと海豹島と呼ばれたこの島は、春から秋にかけて約七万頭のオットセイがやってくる、世界最大級のコロ二ーだ。

こんな文章を読んでいると、随分と心惹かれる思いがする。

posted by 松村正直 at 00:38| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

「短歌往来」2013年6月号

連載「樺太を訪れた歌人たち」は6回目。
「北原白秋・吉植庄亮と海豹島(1)」を書きました。

大正14年に白秋と庄亮が樺太観光団に加わって、樺太を訪れた時の話。
3回続く予定です。

どうぞ、お読み下さい。

posted by 松村正直 at 23:16| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

『森の不思議』のつづき

この本の著者が森に興味を持つようになったきっかけは、実は樺太にある。
わたしと森林とのめぐりあいは、樺太の“オタスの社(もり)”から始まる。一九四五年の正月、東京から樺太に向けてわたしは出発したのである。

当時、中央気象台に勤めていた著者は「寒冷気象が生体に与える影響」の調査のために、終戦7か月まえの樺太へ出張したのだ。樺太のオタスの社で見たエゾマツの森と、そこで偶然出会って行動をともにした先住民族オロッコ(ウィルタ)の少年は、著者に強い印象を残したらしい。
「名前は何でいうの?」
「上村良太郎」
「え? カミムラリョウタロウ?」
わたしは思わず耳を疑った。何らかのオロッコ族らしい名前を予想していたわたしには、いかにも平均的な日本人の名前であるのが妙に思われた。

十歳くらいのこの少年は、巧みにスキーを操って、著者を先導するように森のなかを進んでいく。途中、一緒におむすびを食べたりして、半日の森林行を終える。その後の別れの場面が美しい。
 わたしは凍りついた川に再び臨んだ。少年の方を振り向くと、まだ彼は入口のところに立ってこちらを見ていた。
 わたしは手を振った。少年はそれに答えて手を振ってくれた。わたしはホッとした気持ちになった。と同時に目頭が熱くなるのを覚えた。わたしは振り切るように、川の向こう岸を見た。(…)
 川の氷原を渡りながら、何回となくオタスの杜を振り返ってみた。森と部落とがいつまでもわたしを追いかけてくるような風景を感じた。少年はまだ手を振っているかも知れない……。

戦争中、それも大戦末期のできごととは思えない温かさと人間味に溢れた場面だろう。この半日の出来事が、著者のその後の人生を決定づけたのかもしれない。

この話には、後日譚がある。

著者は1982年に網走を訪れ、ウィルタの民族衣裳、刺繍、狩猟器具などを展示する資料館「ジャッカ・ドフニ」(現在は閉館)を見学する。そして、当時館長を務めていたダーヒンニェニ・ゲンダーヌと話をするのだが、そこで「上村良太郎は、終戦後しばらくして亡くなりました」という話を聞かされるのであった。

posted by 松村正直 at 00:47| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

「短歌往来」5月号

連載「樺太を訪れた歌人たち」は5回目。前回に続いて「松村英一と国境線」の2回目を書きました。松村英一についてはとりあえずこれで終りで、次回はまた別の歌人を取り上げます。

今回、樺太に建てられる予定だった松村英一の歌碑の話に触れて、「こうして歌碑の場所は無事に決まった。しかし、はたしてこの歌碑は実際に建てられたのかどうか。時代はこの時期、大きな曲り角に差し掛かっていた」と書きました。

実はその後、この歌碑についての新たな資料が見つかり、歌碑が実際に建てられたことが明らかになりました。連載というのは、こういうところが難しくもあり、また面白くもあります。今さら調べようもないと思っていたことが、ひょんなことからわかってしまったのです。

歌碑が建てられたのは昭和14年。今から70年以上も前の話ですし、戦後はずっとロシア(ソ連)領になっているので、今も歌碑が建っているのか壊されてしまったのかはわかりません。ただ、街中の碑と違って山頂近くに建てられたものなので、壊されずに残っている可能性もあるように思います。

そんなことを考えていると、居ても立ってもいられない気持ちになります。誰に見られることもなく草に埋もれている歌碑の姿が目に浮かんできて、サハリンに行って、その歌碑を見つけ出したい、歌碑が私を呼んでいる(←これは妄想)という思いが、だんだん募ってくるのです。

ああ、でもサハリンは遠いなあ・・・

posted by 松村正直 at 08:18| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

さらに「歌壇」2013年5月号

池田はるみさんの特別作品「大鵬とその父」30首に注目した。

先日亡くなった大鵬とその父であるマルキャン・ボリシコについて詠んだもの。大鵬と樺太の関わりについては、以前このブログでも取り上げたことがある。(→1月21日)池田さんは『お相撲さん』というエッセイ集を出しているほどの相撲好き。
戦争がふかぶか落とす影のある大鵬ならむ樺太に生れき
しら雲のコサック騎兵隊長の若きマルキャン速駆けをせり
マルキャンは敷香(しすか)に渡りほのぼのと巡り合ひにき大鵬の母と
み棺が国技館を出づるとき大鵬、たいほうとこゑは叫びぬ
ユーラシアをはろばろと飛びその父も大鵬もまた見えなくなりぬ

大鵬の父の生涯については、現在ではかなり詳しくわかっている。それは、サハリン在住の研究者N.ヴィシネフスキーが2001年4月号の「文藝春秋」に「大鵬の父親サハリンに死す」(小山内道子訳)という文章を発表してからのこと。

ヴィシネフスキーは同じく小山内道子訳で『トナカイ王―北方先住民のサハリン史』という本も出しており、樺太研究に大きな業績を残している。

posted by 松村正直 at 00:52| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

ユーラシア・ブックレット

『南極に立った樺太アイヌ』は東洋書店のユーラシア・ブックレットの1冊。
他にもこのシリーズでは
108 井澗裕著『サハリンのなかの日本―都市と建築』
137 藤原浩著『宮沢賢治とサハリン 「銀河鉄道」の彼方へ』
169 長縄光男著『ニコライ堂小史 ロシア正教受容150年をたどる』

といった本を読んだことがある。

どれもあまり類書のない内容がコンパクトにまとめられていて、面白く、また役に立つ。こういう本はそれほど売れないのではないかと思うのだが、2000年の創刊以来、既に179点が刊行されていて、出版社の熱意を感じる。

他にも『明治日本とロシアの影』『ボリショイサーカス』『漱石と「露西亜の小説」』『シベリア野鳥紀行』『美味しい中央アジア』など、魅力的なタイトルがいっぱい並んでいる。

posted by 松村正直 at 01:27| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

佐藤忠悦著 『南極に立った樺太アイヌ』

ユーラシア・ブックレット64。副題は「白瀬南極探検隊秘話」。

明治43年から45年にかけて南極探検を行った白瀬矗(のぶ)の一隊に同行した2人の樺太アイヌ、山辺安之助と花森信吉。犬橇係として樺太犬を連れて参加したこの2人の生涯を描いた本。

アイヌ民族の地位の向上を願って探険隊に参加した2人の奮闘ぶりがよく伝わってくる。それだけに、その後の2人がたどった運命やアイヌの置かれた立場について、いろいろと考えさせられる内容となっている。

南極探検と犬と言えば、戦後の第1次南極観測隊で南極へ置き去りにされた犬たち(そして奇跡的な生還を果たしたタロとジロ)の話が有名だが、白瀬隊でも同様のことがあった。南極を離れる際に、26頭のうち20頭が収容できずに置き去りにされたのである。

山辺と花森の2人は樺太に戻ってから、犬を置き去りにした罪によりチャランケ(査問)にかけられている。それほどに、樺太アイヌにとって犬は大事な存在であったのだ。

2004年6月20日、東洋書店、600円。

posted by 松村正直 at 00:50| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

悲恋塚(その3)

「樺太を訪れる歌人たち」でもいずれ取り上げる予定の土岐善麿は、昭和14年に樺太を訪れて「樺太雑詠」と題する78首の歌を残している。その中に次のような一首がある。
露西亜帆船の船長の塚を建てし長崎娘おみつといふはいづこへ行きし
                  土岐善麿『六月』

今まで何のことかよくわからない歌だったのだが、これはこの悲恋塚を詠んだ一首だったのだ。おみつという名前の女性が、愛するロシア人船長ネイの死を悼んで建てたということなのだろう。善麿は真岡を訪れた際に、この塚を見学したのかもしれない。

そう思って調べてみると、確かにその通りであった。善麿の随筆集『斜面の悒鬱』に、こんな一文がある。
北海道へ、ひとあし先きに行かれる汐見博士が、真岡線の汽車で出発されたのを送つたあと、朝から、しんみりとした訪問者を三人ほど迎へて一緒にその辺を散歩し、露深い雑草を踏んで、観測所の構内近くにある露船長と長崎娘との「悲恋塚」の前に立つたり、紫のやや萎れた菖蒲の花を眺めたりした。

ロシア人船長ネイと長崎娘おみつ、2人の間には一体どんなドラマがあったのだろう。

posted by 松村正直 at 00:35| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

悲恋塚(その2)

一方の赤い方のスタンプは「樺太真岡駅」「9.6.11」という文字と、樺太西海岸の町、真岡の風景の図柄である。この図柄には、山と港と工場と石碑が描かれている。山は真岡の背後にある「春風山(しゅんぷうざん)」、港は真岡港、工場は王子製紙真岡工場だとわかるのだが、左側に立つ石碑のようなものがわからない。

よく見ると、石碑には十字架のマークと英語らしい文字が書かれている。石碑ではなく外国人のお墓だろうか。気になって調べてみたところ、これは「悲恋塚」というものであることがわかった。ロシア人男性と日本人女性の悲しい恋を伝える碑であるらしい。

刻まれている文字は次の通り。
IN MEMORY OF E.NEY CAPTAIN OF THE RUSSIAN SCHOONER “ALEUTE” WHO DIED HERE 3TH OCTOBER 1884.
「1884年10月3日、この地に亡くなったロシア帆船〈アリュート号〉船長E.ネイを悼んで」

これを読んで、アッと思った。

posted by 松村正直 at 00:52| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする