2019年08月12日

川島結佳子歌集 『感傷ストーブ』


「かりん」所属の作者の第1歌集。

 「お前はもう、死んでいる」とか言いながらあなたと食べる胡桃の
 ゆべし
 百円のサボテン枯れる否 枯らす私は砂漠よりも砂漠で
 腰にある鈴外す祖父葬儀中鳴らないようにと震える鋏で
 人落ちる声が聞こえる後楽園前の通りを歩いてゆけば
 雲間から覗けば海と工場の間に崩れた円墳がある
 会議の為淹れてる紅茶終わつたら排水口へ流す紅茶を
 翻訳を読むことでしか出会わない言葉の一つ「売女」という語
 人の歯の数だけ歯科のある町を抜けて私は福岡へ行く
 かき氷ばっかり食べていた夏があったな内臓を真っ青にして
 降ってきた形のままに凍ってる雪は通りの躑躅の上で

1首目、「北斗の拳」の「あべし!」ネタ。楽しそうな二人だ。
3首目、祖母の葬儀の場面。徘徊対策の鈴を付けられていたのだろう。
4首目、「人落ちる声」に驚くが、下句で遊園地の絶叫マシンとわかる。
6首目、誰にも飲まれずに、ただ捨てられるだけの紅茶。
8首目、あちこちに歯医者を見かけるのだ。下句の展開に意外性がある。
9首目、舌ではなく「内臓」が真っ青と言ったのがいい。

2019年7月25日、短歌研究社、2000円。

posted by 松村正直 at 22:53| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。