2017年12月31日

2017年の活動記録

*この記事は常に一番上に表示されています。
 最新の記事は一つ下を見て下さい。

作品
 ・「記憶について」20首(「現代短歌」1月号)
 ・「おとうと」30首(「短歌研究」1月号)
 ・題詠「惑う」5首(角川「短歌」2月号)
 ・「地中にふかく」8首(「弦」第38号)
 ・「動物について」20首(「現代短歌」4月号)
 ・「海と飛行機」30首(「短歌研究」4月号)
 ・「紫のひと」33首(「短歌往来」5月号)
 ・「眠りについて」20首(「現代短歌」7月号)
 ・「桜のからだ」30首(「短歌研究」7月号)
 ・「正解」7首(「現代短歌」8月号)
 ・「布引の滝」30首(「短歌研究」10月号)
 ・「花火大会」7首(「星座―歌とことば」83号)
 ・「パターソン」7首(「うた新聞」10月号)

時評
 ・歌壇時評「方言、共同体、死者の声」(角川「短歌」1月号)
 ・歌壇時評「日本語文法と短歌」(角川「短歌」2月号)
 ・歌壇時評「歴史から今を見る視点」(角川「短歌」3月号)
 ・歌壇時評「短歌の読みを考える」(角川「短歌」4月号)
 ・歌壇時評「「ね」とレチサンス」(角川「短歌」5月号)
 ・歌壇時評「歳月を抱える歌」(角川「短歌」6月号)
 ・短歌月評「様々な顔の沖縄」(「毎日新聞」1月30日朝刊)
 ・短歌月評「新たな一歩」(「毎日新聞」2月27日朝刊)
 ・短歌月評「自他合一の精神」(「毎日新聞」3月27日朝刊)
 ・短歌月評「老いの中の若さ」(「毎日新聞」4月24日朝刊)
 ・短歌月評「真っ直ぐな子規」(「毎日新聞」5月22日朝刊)
 ・短歌月評「同人誌・個人誌」(「毎日新聞」6月26日朝刊)
 ・短歌月評「『サラダ記念日』30年」(「毎日新聞」7月24日朝刊)
 ・短歌月評「ミサイル問題」(「毎日新聞」8月28日朝刊)
 ・短歌時評「デビューのかたち」(「毎日新聞」9月25日朝刊)
 ・短歌月評「女性であること」(「毎日新聞」10月22日朝刊)
 ・年間時評「分断を超えて」(「歌壇」12月号)

評論
 ・常識・過去・重層性・多義性(「歌壇」9月号)
 ・十首でわかる短歌史 見果てぬ夢(「現代短歌」9月号)
 ・狂歌から短歌へ(「六花」VOL.2)

書評
 ・櫟原聰著『一語一会』評(「短歌往来」1月号)
 ・染野太朗歌集『人魚』評(「現代短歌新聞」3月号)
 ・細溝洋子歌集『花片』評(「うた新聞」3月号)
 ・斎藤諒一歌集『春暁』評(「現代短歌」6月号)
 ・畑谷隆子歌集『シュレーディンガーの猫』評(「好日」7月号)
 ・井上孝太郎歌集『サバンナを恋ふ』評(「短歌人」9月号)
 ・香川哲三著『佐藤佐太郎 純粋短歌の世界』評(「現代短歌新聞」10月号)
 ・松村英一歌集『河社』鑑賞(「国民文学」11月号)

その他
 ・講演ファイル「佐藤佐太郎の火山の歌」(「現代短歌新聞」1月号)
 ・全国結社歌誌動向「塔」(角川「短歌」2月号)
 ・特集「わたしの気になる《沖ななも》」(「北冬」17号)
 ・「読者歌壇」選者(「現代短歌新聞」4月号〜9月号)
 ・座談会「バブルが短歌に与えたもの」(角川「短歌」5月号)
 ・講演「樺太を訪れた歌人たち」要旨(「樺連情報」第807号)
 ・「戦争に賛成し熱狂するだろう私たち」(角川「短歌」8月号別冊付録)
 ・「短歌の骨法―石田比呂志の歌の魅力」(第六回琅玕忌だより)
 ・鑑賞「時代を変えた近代秀歌七十首」(角川「短歌」10月号)
 ・全国歌人伝「清原日出夫 北海道、京都、長野」(「現代短歌新聞」11月号)
 ・「短歌歳時記 十二月のうた」(「現代短歌」12月号)

出演
 ・「樺太の暮らしを“解凍”」(「京都新聞」1月25日朝刊)
 ・講演「短歌の骨法―石田比呂志の歌の魅力」(2月18日、第六回琅玕忌)
 ・講演「樺太を訪れた歌人たち」(5月16日、全国樺太連盟ワークショップ)
 ・講演「啄木の現代的な魅力」(10月21日、堺短歌大会)

posted by 松村正直 at 23:59| Comment(2) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!この記事が一番上にあるのはとても分かりやすくていいです。一反木綿みたいにどんどん長くなっていってますね。

短歌往来はこの辺りではあまり見かけなくて直接頼みました。紫のひと、とてもきれいな作品名で楽しみにしています。

「ね」は最近気になっていたあの「ね」かな・・・。
Posted by 宇梶晶子 at 2017年04月26日 16:00
以前はホームページに「活動記録」を載せていたのですが、もうすぐプロバイダーの都合で閉鎖になってしまうということなので、ブログに載せることにしました。

「短歌往来」は書店ではほとんど見かけませんね。三月書房には置いてありますが。
Posted by 松村正直 at 2017年04月26日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。