2015年12月19日

野口薫明歌集 『凍て海』 から (その2)

荒浪のうねりとだえて海づらにはろばろはれる堅氷あはれ
はりつめし堅氷の上にふりおけるいささかの雪はあはれなるかな
この海の沖つ辺かけてとざしたる堅氷の上をふみてあゆめり
この湾の氷の上をはろばろと犬つれて行く人のかげ見ゆ
この湾の堅氷さきて入り来し汽船はならすのどぶとの笛を

歌集のタイトルともなった「凍て海」8首より。

1首目、冬の荒れていた海が凍って、一面に氷が広がっている。
2首目、氷の上にうっすらと降り積もる雪。
3首目、氷は厚く張っていて、人が歩いても大丈夫だ。
4首目、犬を連れて氷の上を通る人の姿。
5首目、氷を割って湾の中へ入ってくる船が汽笛を鳴らす。これは冬の大泊の光景だろうか。

posted by 松村正直 at 09:19| Comment(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。