2014年05月16日

小林朋道著 『先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!』


副題は「[鳥取環境大学]の森の人間動物行動学。
人気シリーズの第3弾。

今回も人間と動物をめぐる6つの話が収められている。登場する動物は、フェレット、シベリアシマリス、ヤモリ、アカハライモリ、カヤネズミ、コウベモグラ、ミミズ、センダイムシクイ、ヒヨドリなど。

舞台が大学なので、授業風景も描かれる。
ヤモリとイモリの区別が付かない学生に対する説明は次の通り。

基本的に、ヤモリは人家の周辺でないと生きられない動物で爬虫類で、昔の人は家を守ってくれると考えた。だから「家守り(ヤモリ)」だ。イモリは、春から秋にかけて水中にいるから、井戸のなかにイモリを見た昔の人が、井戸を守ってくれると考えたのかもしれない。だから「井守り(イモリ)」だ。

なるほど。
もう一度、学生に戻りたいなあなどと、しばらく空想したことであった。

2009年7月15日初版発行、2012年6月15日5刷発行、築地書館、1600円。
posted by 松村正直 at 10:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。