2020年01月01日

歌集・歌書一覧

*この記事は常に一番上に表示されます。
 最新の記事は二つ下をご覧ください。

私がこれまでに出した歌集・歌書は以下の9冊です。

【歌集】
・『駅へ』(2001年、ながらみ書房)
・『やさしい鮫』(2006年、ながらみ書房)*在庫あり
・『午前3時を過ぎて』(2014年、六花書林)
・『風のおとうと』(2017年、六花書林)*在庫あり
・『紫のひと』(2019年、短歌研究社)*在庫あり

【歌書】
・『短歌は記憶する』(2010年、六花書林)*在庫あり
・『高安国世の手紙』(2013年、六花書林)
・『樺太を訪れた歌人たち』(2016年、ながらみ書房)*在庫あり
・『戦争の歌』(2018年、笠間書院)*在庫あり

「在庫あり」のものは、送料無料・振込用紙同封でお送りします。
masanao-m☆m7.dion.ne.jp(☆を@に変えて下さい)

また「在庫あり」のうち『やさしい鮫』以外の6点は、Amazonでも
お買い求めになれます。よろしくお願いします。


posted by 松村正直 at 00:00| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019年の活動記録

*最新の記事は一つ下を見て下さい。

作品
 ・二人五十首(中川佐和子さんと)(「現代短歌」2月号)
 ・「ふるさとへの旅」30首(「短歌研究」2月号)
 ・「生しらす丼」15首(「うた新聞」2月号)
 ・「平成じぶん歌(三十一首目)」1首(「短歌研究」4月号)
 ・「地図アプリ」7首(「短歌研究」6月号)
 ・「さくらと玄室」15首(「パンの耳」第2号)

連載
 ・啄木ごっこ(第3回)生誕地、常光寺(「角川短歌」1月号)
 ・啄木ごっこ(第4回)一禎と旧派和歌(「角川短歌」2月号)
 ・啄木ごっこ(第5回)ふるさと渋民村(「角川短歌」3月号)
 ・啄木ごっこ(第6回)岩手山と北上川(「角川短歌」4月号)
 ・啄木ごっこ(第7回)城下町盛岡(「角川短歌」5月号)
 ・啄木ごっこ(第8回)盛岡中学校と雑誌「明星」
                   (「角川短歌」6月号)
 ・啄木ごっこ(第9回)カンニング、退学、夭折
                   (「角川短歌」7月号)
 ・啄木ごっこ(第10回)一回目の上京(「角川短歌」8月号)
 ・啄木ごっこ(第11回)新詩社、与謝野鉄幹・晶子
                   (「角川短歌」9月号)
 ・啄木ごっこ(第12回)『みだれ髪』の模倣、浪漫主義
                   (「角川短歌」10月号)

評論
 ・現代に生きる歌枕(「短歌往来」9月号)

時評
 ・万葉集と「令和」(「朝日新聞」4月21日朝刊)
 ・母の死と向き合う(「朝日新聞」5月19日朝刊)
 ・ベトナムの今と昔(「朝日新聞」6月23日朝刊)
 ・沖縄から見えること(「朝日新聞」7月21日朝刊)
 ・継続する意志(「朝日新聞」8月18日朝刊)
 ・生活と人生(「朝日新聞」9月22日朝刊)

書評
 ・吉村睦人歌集『蠟梅の花』評(「現代短歌新聞」2月号)
 ・及川隆彦著『編集者の短歌史』評(「歌壇」3月号)
 ・『内藤明歌集』『続内藤明歌集』評(「現代短歌新聞」3月号)
 ・島田達巳歌集『立山連峰』評(「現代短歌新聞」4月号)
 ・馬場昭徳歌集『夏の水脈』評(「現代短歌新聞」6月号)

その他
 ・大森静佳一首鑑賞(「Sister On a Water」第2号)
 ・「多士済々、一騎当千、短歌人」(「短歌人」4月号)
 ・平成の歌集(「現代短歌」6月号)
 ・小見山輝一首評(「龍」小見山輝追悼号)
 ・文明か佐太郎か(「現代短歌」9月号)

出演
 ・第22回「あなたを想う恋の歌」審査員
 ・鼎談「2018年の歌集を読む」(1月13日)
 ・NHK全国短歌大会ジュニアの部選者(1月19日)
 ・講演「高安国世と万葉集」(9月7日)
 ・講座「石川啄木―詩、小説、そして短歌へ」(9月25日)



posted by 松村正直 at 20:47| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

あかね書房

昨夜、眠る前に不意に『あかつきの怪人』という本のタイトルを思い出した。小学生の頃に図書室で借りて読んだ本である。『不死販売株式会社』というのもあって、大好きだったなあと約40年前の記憶が甦ってきた。

気になって調べてみると、どちらも「あかね書房」という出版社の本で、前者は「少年少女世界推理文学全集」に、後者は「少年少女世界SF文学全集」に入っている。各20冊の表紙を見ると、どれも記憶にあるものばかり。ハラハラしながら、ちょっと恐い思いもしながら読んだシリーズであった。

・・・懐かしい。古本で買ってもう一度読んでみようかな。

posted by 松村正直 at 00:50| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

小池光歌集 『梨の花』

photo-koike.jpg

2014年から17年までの作品を収めた第10歌集。

息つめて引き抜きにけりしろがねのかがやきもてる鼻毛いつぽん
ピラカンサの赤実を夕日照らすとき癌に倒れし島倉千代子
つかむ手のひとつとてなき吊り革が利根川わたる電車に揺るる
自転車のパンクを直す方法は昔はいまもかはらずにあり
死のきはの猫が嚙みたる指の傷四十日経てあはれなほりぬ
あんぱんの臍(へそ)を発明したる人円満なる晩年を送りたりけむ
なにがなし眼光弱くなりたりしバラク・オバマをおもふ寒の夜
逃げ出ししチンパンジーが三時間後に捕へられ春の日暮れぬ
子なきゆゑ生にさほどの執着なしとぽつりと言ひし吾子をかなしむ
冷蔵庫の野菜庫にありてナノハナがいくつかの花つけたりけふは

1首目、鼻毛が神々しいもののように詠まれている。
2首目、「ピラカンサ」と「島倉千代子」の取り合わせ。
3首目、空いた電車に吊り革がぶらぶら揺れている。
4首目、時代が進歩しても修理方法は原始的なまま。
5首目、傷痕が無くなってしまうのを寂しく思うのだ。
6首目、「あんぱん」と「円満」の音や形が重なり合う。
7首目、大統領に当選した頃のオバマ氏は眼に力があった。
8首目、自由気ままな暮らしはわずか3時間で終了。
9首目、特に深い意味はなかったのだろうが親としては辛い。
10首目、こんなところで黄色い花を咲かせてという驚き。

2019年9月14日、現代短歌社、3000円。


posted by 松村正直 at 22:25| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

カルチャーセンター

大阪、芦屋、京都でカルチャー講座を担当しています。
短歌に興味のある方は、どうぞご参加下さい。
まったく初めての方も大歓迎です。

◎毎日文化センター梅田教室 06‐6346‐8700
 「短歌実作」 毎月第2土曜日*奇数月を松村が担当しています。
   A組 10:30〜12:30
   B組 13:00〜15:00

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797‐38‐2666
 「はじめてよむ短歌」 毎月第1金曜日 10:30〜12:30

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797‐38‐2666
 「短歌実作(A)」 毎月第3金曜日 11:00〜13:00
 「短歌実作(B)」 毎月第3金曜日 13:30〜15:30

◎JEUGIAカルチャーイオンタウン豊中緑丘 06‐4865‐3530
 「はじめての短歌」 毎月第3月曜日 13:00〜15:00

◎JEUGIAカルチャーセンター京都 de Basic. 075‐254‐2835
 「はじめての短歌」 毎月第3水曜日 10:00〜12:00

◎JEUGIAカルチャーセンターMOMOテラス 075‐623‐5371
 「はじめての短歌」 毎月第1火曜日 10:30〜12:30

◎醍醐カルチャーセンター 075‐573‐5911
 「短歌教室」 毎月第2月曜日 13:00〜15:00

posted by 松村正直 at 20:53| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

青年団「走りながら眠れ」

P1070404.JPG


先日、京都に新しくできた劇場「THEATRE E9 KYOTO」で青年団の公演「走りながら眠れ」を見た。
作・演出:平田オリザ、出演:能島瑞穂、古屋隆太。

大杉栄と伊藤野枝の二か月間を描いた会話劇で登場人物は二人だけ。日常の何気ない会話から人間関係や時代の空気が窺われる内容となっている。観客は二人がこの後虐殺される運命だと知っているだけに、一つ一つの話が深く胸に入ってくるように感じた。

終演後には平田オリザさんのアフタートークが30分ほどあった。平田さんは「国際観光芸術専門職大学」(仮称)の開設を目指して兵庫県豊岡市に移住したばかり。多くの質問に一つ一つ丁寧に答えていたのが印象的だった。

鴨川のほとりにある劇場はカフェも併設していて、オシャレな雰囲気。家からも近いのでまたいろいろと見に行きたい。

posted by 松村正直 at 16:17| Comment(0) | 演劇・美術・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

倉成悦子歌集 『ターコイズブルー』

P1070416.JPG


「塔」所属の作者の第1歌集。
縁があって栞を書かせていただいた。

マルクスだレーニンだなどと気負いいし男もただの老人になる
さまざまな生活臭を湯気にしてマンホールあり冬の明け方
ダライ・ラマの映画の話に「私たちはそれ見られない」とガイドの言いぬ
中国の子も母親のスカートをめくり叱らる桜の下に
国境にサダム・フセインの描かれし紙幣を積み上げ売る店のあり

2019年10月11日、青磁社、1800円。

posted by 松村正直 at 20:52| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

第22回「あなたを想う恋のうた」作品募集中!

今年も「あなたを想う恋のうた」(越前市)の審査員を務めます。
応募は無料で、最優秀賞は何と賞金10万円!
お一人で何首でも応募できます。

https://www.manyounosato.com/

締切は10月31日。
たくさんのご応募お待ちしております!

posted by 松村正直 at 23:55| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

週末から

4日(金)の夜から4泊5日の小旅行。

京都→東京→山梨→東京→神奈川→東京→京都と移動して、
東京で3つの短歌の用事をこなしつつ、山梨の母の家と
神奈川の父の家を訪ねる予定。

「身延・南アルプス⇔新宿線」というバスの便があって、
新宿から母の家のすぐ近くまでバスで行けるのが有難い。

posted by 松村正直 at 23:13| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

『紫のひと』 発売中!

第5歌集 『紫のひと』(短歌研究社、2500円)発売中です。

下記のブログなどで取り上げていただきました。
ありがとうございます。

岩尾淳子「眠らない島」
鈴木竹志「竹の子日記」
恒成美代子「暦日夕焼け通信」
近藤かすみ「気まぐれ徒然かすみ草」
田中拓也「雲鳥〜うた日記〜」
「岡部史のおかしな日々」

posted by 松村正直 at 22:10| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

山納洋著 『歩いて読みとく地域デザイン』


副題は「普通のまちの見方・活かし方」。

2014年から関西圏で「Walkin’ About」というまち歩きの企画を行っている著者が、まち歩きのノウハウについて記した本。

町を歩いていて気になった建物や風景、地形などを手掛かりに、その町の成り立ちや歴史、現在やこれからを読み解いていく。そうした力を著者は「まちのリテラシー」と呼ぶ。

こうしたリテラシーを得れば、まちあるきは作り手の手口を読みとく探偵のような知的な営みに変わります。

その実践例として「残された旧家」「カーブした道」「駅前だった場所」「必然的にそこにあるお店」「ターミナル駅の風格」「住宅地化した農地」「水害が変えた風景」など全部で60以上の方法が写真付きで挙げられている。

大阪府大東市野崎では写真12のようなミニ開発地区を見かけました。同じ形をした3階建ての住宅が20軒近く建ち並んでいます。これはいわゆる「一反開発」と呼ばれるもので、もともとは一反の田んぼだった土地を住宅に変えています。一反=994uなので、ぎりぎり開発許可がいらないのです。

さらに本書は、まちの読み解きの力をまちづくりに生かしていくことも目指している。読み解く力を高めることでより良いまちが作れるという考えは、どこか短歌の話にも通じるものがあるように思った。

2019年6月10日、学芸出版社、2000円。

posted by 松村正直 at 23:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

『紫のひと』、「パンの耳」第2号

第5歌集『紫のひと』と同人誌「パンの耳」第2号、発売中です。

・『紫のひと』(短歌研究社)2500円

   *413首を収めた第5歌集。送料無料でお送りします。

・「パンの耳」第2号 300円

   *松村の「さくらと玄室」15首が載っています。

ご注文は
masanao-m☆m7.dion.ne.jp (☆を@に変えて下さい)
までご連絡ください。よろしくお願いします。

posted by 松村正直 at 08:38| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

桂よね吉独演会

14:00〜、京都駅八条口の龍谷大学響都ホールにて。

 ・桂よね一 「煮売屋」
 ・桂二葉  「近日息子」
 ・桂よね吉 「御公家女房」
  (中入)
 ・桂二乗  「写真の仇討」
 ・桂よね吉 「らくだ」

落語を聞くのは2回目か3回目という初心者なのだけれど、
話はどれも面白く、ぐいぐい引き込まれてしまった。
常連さんが多いようで客席のノリも良かった。

posted by 松村正直 at 22:41| Comment(0) | 演劇・美術・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

映画 「天気の子」

監督・脚本・原作:新海誠

公開されたらすぐに観に行こうと思っていたのに2か月も経ってしまった。気持ちに余裕がないとなかなか映画に行こうという気分にならない。

この作品に限らず、アニメに登場する人物はどうしてアニメ顔をしているのだろう。風景は実写かと見紛うほどなのに。

Tジョイ京都、114分。
posted by 松村正直 at 23:15| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

河童の手足

    都城島津伝承館
 ガラスケースに人間の指紋のこし見る二百年前の河童の手足
 「もう一つの手と足見つかりますやうに」河童のために子は祈りたり
                    大口玲子『ザベリオ』

どんな手足なのかなと思っていたら、都城島津伝承館のホームページに写真が載っていた。
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/shimazu/

なるほど、言われてみれば河童っぽい。
いつも展示されているわけではなく、期間限定の公開だったようだ。

posted by 松村正直 at 11:04| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

毎日文化センター 「石川啄木−詩、小説、そして短歌へ」

9月25日(水)11:00〜12:30、大阪梅田の毎日文化センターで
一日講座「石川啄木−詩、小説、そして短歌へ」を開催します。

http://www.maibun.co.jp/wp/archives/course/36106

石川啄木は歌集『一握の砂』や『悲しき玩具』を生んだ歌人として知られていますが、そのデビュー作は詩集であり多くの詩を作っています。また、小説家になることを目指して小説をたくさん書いた時期もありました。

他にも日記や評論など様々な表現方法を模索した末に、何を求めて啄木は短歌にたどり着いたのか。そして、その歌はなぜ今も多くの人々に親しまれ続けているのか。具体的な作品を紹介しながら、わかりやすくお話しします。

皆さん、ぜひご参加ください。

posted by 松村正直 at 23:16| Comment(2) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

カルチャーセンター

大阪、芦屋、京都でカルチャー講座を担当しています。
短歌に興味のある方は、どうぞご参加下さい。
まったく初めての方も大歓迎です。

◎毎日文化センター梅田教室 06−6346−8700
 「短歌実作」 毎月第2土曜日 *奇数月を松村が担当しています。
   A組 10:30〜12:30
   B組 13:00〜15:00

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797−38−2666
 「はじめてよむ短歌」 毎月第1金曜日 10:30〜12:30

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797−38−2666
 「短歌実作(A)」 毎月第3金曜日 11:00〜13:00
 「短歌実作(B)」 毎月第3金曜日 13:30〜15:30

◎JEUGIAカルチャーイオンタウン豊中緑丘 06−4865−3530
 「はじめての短歌」 毎月第3月曜日 13:00〜15:00

◎JEUGIAカルチャーセンター京都 de Basic. 075−254−2835
 「はじめての短歌」 毎月第3水曜日 10:00〜12:00

◎JEUGIAカルチャーセンターMOMOテラス 075−623−5371
 「はじめての短歌」 毎月第1火曜日 10:30〜12:30

◎醍醐カルチャーセンター 075−573−5911
 「短歌教室」 毎月第2月曜日 13:00〜15:00

posted by 松村正直 at 22:12| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

江北図書館

 P1070400.JPG

今朝の朝日新聞に「私立図書館112年 風前」という記事が載っていた。

滋賀県長浜市木之本町にある江北(こほく)図書館が、資金難のために先行きが見通せないという内容である。1907(明治40)年の開館以降、地域住民の運営によって112年続いてきた図書館がピンチを迎えている。

「江北図書館」という名前には見覚えがあった。

「塔」65周年記念評論賞を受賞した穂積みづほさんの評論「郷土の歌人としての木俣修」(「塔」2019年4月号)に出てきた名前だ。何度か場所は移り変っているが、少年時代の木俣修が利用し、後に「湖国抒情巡礼」でも訪れた図書館である。

穂積は評論の中で

この江北図書館は、私設であったがゆえに創設者杉野の死、大戦など何度も存続が危ぶまれたようだ。木俣にその現状を嘆かれた図書館であったが、資金難などの危機を乗り越え、現在も滋賀県唯一の私立図書館として機能している。

と書いている。しかし、事態は楽観を許さないようだ。

http://kohokutoshokan.com/

JR北陸本線木ノ本駅下車徒歩1分と交通の便利な場所にあるので、一度行ってみたい。閲覧は無料なので資金難の助けにはならないけれど。

posted by 松村正直 at 21:20| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

「岡大短歌」7号

八首連作×10名、一首評×5篇、二十首連作×3名、三十首連作×1名、往復書簡(15首×2名)×2篇という内容。全62ページ。ゲストは魚谷真梨子、魚村晋太郎。

 山笑う、とさいしょに喩えた人がいてその生涯で出遭うほほえみ
                        加瀬はる

「山笑う」は芽吹き始めた山の様子を表す春の季語。「笑う」という言葉で大胆に捉えることで、同じ山の姿がそれまでとは違ったものに見えてくる。

 あなたは海を例えない 言葉ではなくきらめきで理解する人
                        大壺こみち

海の魅力を言葉で説明したり何かに喩えたりするのではなく、そのまま感受するということだろう。言葉にすることで失われてしまうものがある。

 助手席にゆきのねむたさ こんなにもとおくの町で白菜を買う
                        長谷川麟

助手席に乗っていると雪が融けるように眠くなるという感じか。「ゆき」と「白菜」の白さの重なり。ひらがなの多用が間延びしたような気分を伝える。

 地図に載らない小さな並木のようだった愛した時間はひどくみじ
 かい                    加瀬はる

恋人と付き合っていた時期を振り返っての感慨だろう。「小さな並木」という比喩がよく、季節の移り変わりや二人の気持ちの変化が感じられる。

 隣人の水音がしてなんとなく今はシャワーはやめにしておく
                        水瀬惠子

アパートの隣りの部屋から水を使う音が聞こえる。何の問題もないのだが、人の気配が感じられる気がして、シャワーを使うのをためらってしまう。

2019年7月15日、400円。

posted by 松村正直 at 21:25| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「パンの耳」第2号

 P1070399.JPG


同人誌「パンの耳」第2号を刊行しました。
メンバー15名の連作(15首)とエッセイ「私の好きな歌」を載せています。

 P1070395.JPG


定価は300円。
お申込は松村(masanao-m@m7.dion.ne.jp)までお願いします。

posted by 松村正直 at 11:26| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする