2021年01月01日

歌集・歌書一覧

*この記事は常に一番上に表示されます。
 最新の記事は3つ下をご覧ください。

私がこれまでに出した歌集・歌書は以下の9冊です。

【歌集】
・『駅へ』(2001年、ながらみ書房)
・『やさしい鮫』(2006年、ながらみ書房)*在庫あり
・『午前3時を過ぎて』(2014年、六花書林)
・『風のおとうと』(2017年、六花書林)*在庫あり
・『紫のひと』(2019年、短歌研究社)*在庫あり

【歌書】
・『短歌は記憶する』(2010年、六花書林)*在庫あり
・『高安国世の手紙』(2013年、六花書林)
・『樺太を訪れた歌人たち』(2016年、ながらみ書房)*在庫あり
・『戦争の歌』(2018年、笠間書院)*在庫あり

「在庫あり」のものは、送料無料・振込用紙同封でお送りします。
masanao-m☆m7.dion.ne.jp(☆を@に変えて下さい)

また「在庫あり」のうち『やさしい鮫』以外の5点は、Amazonでも
お買い求めになれます。よろしくお願いします。


posted by 松村正直 at 00:00| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルチャーセンター一覧

大阪、芦屋、京都でカルチャー講座を担当しています。
短歌に興味のある方は、どうぞご参加下さい。
まったく初めての方も大歓迎です。

◎毎日文化センター梅田教室 06‐6346‐8700
 「短歌実作」 毎月第2土曜日*奇数月を松村が担当しています。
   A組 10:30〜12:30
   B組 13:00〜15:00

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797‐38‐2666
 「はじめてよむ短歌」 毎月第1金曜日 10:30〜12:30

◎朝日カルチャーセンター芦屋教室 0797‐38‐2666
 「短歌実作(A)」 毎月第3金曜日 11:00〜13:00
 「短歌実作(B)」 毎月第3金曜日 13:30〜15:30

◎JEUGIAカルチャーイオンタウン豊中緑丘 06‐4865‐3530
 「はじめての短歌」 毎月第3月曜日 13:00〜15:00

◎JEUGIAカルチャーセンター京都 de Basic. 075‐254‐2835
 「はじめての短歌」 毎月第3水曜日 10:00〜12:00

◎JEUGIAカルチャーセンターMOMOテラス 075‐623‐5371
 「はじめての短歌」 毎月第1火曜日 10:30〜12:30

◎醍醐カルチャーセンター 075‐573‐5911
 「短歌教室」 毎月第2月曜日 13:00〜15:00


posted by 松村正直 at 00:00| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年の活動記録

作品
 ・「ふたご」8首(「歌壇」1月号)
 ・「アップルパイ」3首(「うた新聞」2月号)

連載
 ・啄木ごっこ(第15回)日露戦争とナショナリズム
                   (「角川短歌」1月号)
 ・啄木ごっこ(第16回)二回目の上京と詩集『あこがれ』
                   (「角川短歌」2月号)
 ・啄木ごっこ(第17回)『あこがれ』の評価、評判
                   (「角川短歌」3月号)
時評
 ・日韓関係を考える(「朝日新聞」2月16日朝刊)

posted by 松村正直 at 23:59| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

大津のカルチャーセンター

4月から滋賀県大津市の「JEUGIAカルチャーセンター大津テラス」で、第4水曜日に短歌講座を始める予定です。

講座の新設に向けて3月25日(水)10:30〜12:30に体験会を行います。興味のある方は、ぜひご参加ください。短歌は初めてという方も大歓迎です。

https://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_13-41782.html

posted by 松村正直 at 09:56| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

狭野弟上娘子の歌

3月7日に予定されていた講演では、「万葉集」の中臣宅守と狭野弟上娘子の歌について話すつもりだった。越前市の味真野は中臣宅守が流された地で、「あなたを想う恋のうた」もそれに由来している。

君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天(あめ)の火
もがも         狭野弟上娘子(巻十五・3724)

講演は中止になってしまったのだが、準備のために昨年の「短歌研究」2月号〜11月号に連載された品田悦一さんの「万葉の名歌 評価一新の企て」を読んだところ、すこぶる面白かった。

初回にこんなことが書いてある。(「短歌研究」2019年2月号)

弟上娘子の「情熱的」作風は、しかし、明治以前には決して高く評価されていなかった。
弟上娘子の秀歌を見出したのは、どうやら明治の新派歌人たちらしい。
晶子の華々しい活躍と、それを可能にした諸条件は、『万葉集』に情熱的女流歌人が発見される条件でもあったと見て、おそらく間違いないだろう。

なるほどなと思う。明治の和歌革新運動は自分たちの詠む歌を変えるだけでなく、過去に詠まれた数々の歌の評価をも一変させたわけだ。

posted by 松村正直 at 12:03| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

川俣水雪歌集『シアンクレール今はなく』


「塔」「月光の会」所属の作者の第1歌集。

六月の雨に打たれて泣いていた紫陽花 未明 鉄道自殺
ねえ坊やもっといいもの見せたげる籠の螢は逃がしておやり
「戦争を知らない子供たち」さえも、知らない子供たちの戦争
ホルマリン漬けの巨大な脳ひとつ遺りて春の螺旋階段
白梅のいろはにほへと散りぬるを なのにあなたは京都へゆくの
海峡をわたる春風初蝶の監視カメラにリレーされたる
刻むには惜しいと思うかく長き葱にして名を那須白美人
システムはわからぬながらお彼岸の頃ともなれば咲く曼珠沙華
西安の路地に座れる老人の手より買いたる長安の桃
水打たれ時の止まりし玄関に手花火のごと嵯峨菊の咲く

高野悦子、高橋和巳、石川啄木、宮沢賢治、坪野哲久、中島みゆきなどを詠んだ歌や、歌謡曲、映画、文学などを踏まえた歌が多い。広い意味での本歌取りやコラージュ的な手法が目につく。

1首目、1969年6月に20歳で自死した高野悦子を偲ぶ歌。
3首目、1970年発売のヒット曲。年々戦争の記憶は風化していく。
4首目、襞の多い脳の形と「螺旋階段」のイメージが重なり合う。
6首目、日本各地に設置された監視カメラに次々と映る蝶の姿。
7首目、「那須白美人」という名前なので、刻むのが躊躇われる。
9首目、桃は中国が原産。現代からタイムスリップしたような感覚。

2019年11月28日、静人舎、1800円。

posted by 松村正直 at 21:58| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

【日程変更】4月8日(水)の対談

4月8日(水)に東京の町田で兄と対談をします。

兄はNPO法人「よこはま里山研究所」(NORA)の理事長をしているのですが、その設立20周年の企画として、「家族・社会・場所・歴史・表現」というテーマで対談することになりました。

http://nora-yokohama.org/join/?p=15291

どんな話になることやら。
興味のある方は、ぜひ聞きに来てください。

posted by 松村正直 at 19:46| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

今後の予定

3月7日(土)「あなたを想う恋のうた」受賞作品発表式(越前)
        【中止となりました】

3月12日(木) シリーズNORAサロン
        【4月8日に延期になりました】
    「家族・社会・場所・歴史・表現」(松村正治×松村正直)
 http://nora-yokohama.org/join/?p=15291

3月28日(土) 川俣水雪歌集『シアンクレール今はなく』批評会
        (京都)
 http://toutankakai.com/event/10574/?instance_id=1791

4月5日(日) 広島歌人協会短歌大会 講演「歌の読みをめぐって」

5月17日(日) 第71回春の短歌祭(京都)講演
        「なぜ啄木の小説は失敗し短歌は成功したのか」

5月21日(木) JEUGIAカルチャー「中之島バラ園」吟行(大阪)
 https://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_17-15703.html

6月1日(月) NHK学園「伊香保短歌大会」
         対談「啄木のこと、これからのこと」
 https://www.n-gaku.jp/life/topics/5078

6月7日(日) 笠木拓歌集『はるかカーテンコールまで』批評会
        (京都)パネラー
 http://matsutanka.seesaa.net/article/473440985.html

6月13日(土) 朝日カルチャー講座「永井陽子の歌と人生」
        (芦屋)
 https://www.asahiculture.jp/course/ashiya/d8167ae0-1a81-d047-7e54-5e379423bbf9

posted by 松村正直 at 23:48| Comment(5) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

小田鮎子歌集『海、または迷路』

kashu-oda.jpg

「お母さん」と私を初めて呼ぶ人の交付する母子健康手帳
名も知らぬ子ども同士が砂場にてトンネルひとつ貫通させつ
自転車の前籠に乗る大根と子ども段差に同時に跳ねる
桃太郎待合室に読みおれば鬼退治する前に呼ばれつ
自らをママと呼びつつおのずからママに侵食されゆくらしも
住宅の建ち上がるまでは集い来て仕事場とする労働者あり
子守りして一日(ひとひ)籠もるに帰り来し夫は今日の猛暑を嘆く
歩むとき背負うリュックの水筒に氷涼しき音を立てたり
冷え切らぬ握り飯二つ通勤の鞄に詰めて地下鉄に乗る
サッカーの試合を終えし子どもより砂落つ体の一部のごとく

「八雁」所属の作者の第1歌集。

2008年以降の作品と、2003年刊行の私家版歌集『月明かりの下 僕は君を見つけ出す』の抄録、あわせて413首を収めている。

1首目、妊娠中に役場の人に言われた「お母さん」。
3首目、「大根」と「子ども」を同列に扱っているのが面白い。
4首目、クライマックスにたどり着く前に順番が来てしまう。
7首目、猛暑も大変だが、一日子どもと向き合うのはもっと大変。
9首目、傷まないように冷ましてから入れたいが朝は時間がない。

2019年12月3日、現代短歌社、2500円。

posted by 松村正直 at 08:57| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

万城目学著『悟浄出立』


万城目学は好きな作家で、『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『ホルモー六景』『プリンセス・トヨトミ』『偉大なる、しゅららぼん』『とっぴんぱらりの風太郎』と読んで、映画も3本とも見たのだが、なぜかそこで止まっていた。

本書は中国の古典に題材を得た作品5篇(「悟浄出立」「趙雲西航」「虞姫寂静」「法家孤憤」「父司馬遷」)を収めたもの。どれも原典を踏まえつつ自由な想像力で奥行きのある話を生み出している。

中でも「虞姫寂静」はストーリーの展開が見事で味わい深い。
このシリーズはもっと読みたいなあ。

2017年1月1日、新潮文庫、490円。

posted by 松村正直 at 23:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

松平盟子著『真珠時間』

photo-matsudaira.jpg

副題は「短歌とエッセイのマリアージュ」。

短歌誌「プチ★モンド」や読売新聞に連載したエッセイ300篇余りと、書き下ろしのエッセイ「光太郎とラリックをつなぐ「蟬」」を収めた一冊。約25年にわたる長い時間が含まれており、作者のその時々の感慨が読み取れる。

残し置くものに未練はあらざれどうすきガラスのこの醬油差し
      永井陽子『小さなヴァイオリンが欲しくて』
旅するといふは封印するごとしいちど旅したところはどこも
            小池純代『梅園』
胡瓜、胡桃、胡椒とこゑに数ふれば西域遥か胡の国いつつ
            渡英子『夜の桃』

2018年7月24日、本阿弥書店、2600円。

posted by 松村正直 at 20:37| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

カン・ハンナ歌集『まだまだです』


韓国出身で日本の大学院に学び、「NHK短歌」にも出演する作者の第1歌集。

ソウルの母に電話ではしゃぐデパ地下のつぶあんおはぎの魅力について
焼き鳥を食べに行こうと誘ってよ大学の並木を一人で帰る
初恋の人が結婚しましたと山手線が終点に着く
娘など家を継げない他人だと言ってた祖母も誰かの娘
マグカップ両手で持って飲むわれにイルボニンぽいと友がまた
言う              (イルボニン:日本人)
牛丼にサラダをつける「わたし女ですから」というような顔して
上下するお湯が真っ黒に変わりゆく君と最後のサイフォンコーヒー
日本語の発音のままハングルで記すノートは誰も読めない
聞いてもない帰化の条件聞かされる春の昼下がりはアウターに困る
手術後の消えない傷は冷えるたびまた痛み出す 三十八度線

1首目、「デパ地下」という略語がごく自然に使われている。
2首目、仲間で焼き鳥を食べに行く際に誘われなかった寂しさ。
3首目、下句は長く回り続けてきた時間が終わる感じ。
4首目、祖母もまた同じ女性として苦労してきた人だったのだ。
5首目、韓国人の友人の何気ない言葉に心が揺れる。
6首目、牛丼だけを注文するのはハードルが高いのだろう。
7首目、「真っ黒」がコーヒーの色だけでなく心情も表している。
8首目、自分は一体何者なのかというアイデンティティの揺らぎ。
9首目、親切心ゆえのお節介に対する戸惑いが下句から伝わる。
10首目、南北分断の現状を身体的な痛みとして感じ取っている。

韓国には「つびあんおはぎ」がないことや、女性でもマグカップを片手で持つ人が多いこと、南北分断の現状を常に自分自身の問題として捉えていることなど、いろいろと教えられることの多い歌集だった。

2019年12月10日、角川文化振興財団、2600円。

posted by 松村正直 at 07:41| Comment(0) | 歌集・歌書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

田山花袋著『田舎教師』


明治34年から38年の埼玉県を舞台に、家が貧しくて進学できず小学校の教師となった主人公、林清三の生活や心情を描いた小説。熊谷、行田、羽生、弥勒、中田といった町の様子や利根川の風景なども記されている。

 「湯屋で、一日遊ぶような処が出来たって言うじゃありませんか。林さん、行って見ましたか」(・・・)
 上町の鶴の湯にそういう催しがあるのを清三も聞いて知っていた。夏の間、二階を明放して、一日湯に入ったり昼寝でもしたりして遊んで行かれるようにしてある。氷も菓子も麦酒(ビール)も饂飩も売る。ちょっとした昼飯位は食わせる準備も出来ている。浪花節も昼一度夜一度あるという。

これは、まさに現代の「スーパー銭湯」ではないか。何と100年以上も前からあったとは!

明治という時代について知るための資料のつもりで読んだのだが、すこぶる面白かった。田山花袋、いいな。

1931年1月25日第1刷、2018年3月16日改版第1刷、
岩波文庫、740円。

posted by 松村正直 at 19:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

「短歌研究」2020年1月号

昨年9月に仙台文学館で行われた小池光と花山多佳子の対談「茂吉短歌・二十首をたっぷり読む」が面白かった。斎藤茂吉の歌を十首ずつ持ち寄って読み解いていくのだが、二人の息がよく合っていて中身の濃い対談になっている。

小池 卵を産むために育てられているめん鶏なんだけどね。めん鶏の雌というイメージと、剃刀研人は男だよね、男女のエロスみたいなのが一瞬ここに溢れてる。ここではっとする。なにかとてもエロチックなイメージでね。「めん」がすごく大事で、下手な人が作ると「鶏」になっちゃう。「めん鶏」だと言うからそこに男女の――そこまで言っちゃうと言いすぎなんだけども――性的な感覚がちらっと背景に存在が見える。そこがこの歌の見どころだと思う。
花山 それは小池説(笑)。
小池 小池説さんだけどさ(笑)。
花山 最近の歌会って、これ、要らないという指摘をしたがる傾向がありますよね。ダブってるとか、無意味に入ってるとか。全然そういうことではないと思うんだけどね。

読んでいて楽しく、もっともっと読みたくなる。

posted by 松村正直 at 07:47| Comment(0) | 短歌誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

小川輝光著『3・11後の水俣 MINAMATA』


歴史総合パートナーズ7。

水俣を訪れて水俣病の歴史や現在を学ぶとともに、3・11後の社会のあり方を考える本。

水俣病については学校で習った程度の知識しかなかったので、公害の問題を差別や格差、分断といった社会的な側面から捉え、そこに福島の原発事故と同じ構造を見出す視点が強く印象に残った。

肥薩おれんじ鉄道水俣駅を降りるとすぐ正面に、チッソ水俣工場の正門が見えます。この間の距離は50メートルもあります。というのも、もともと水俣駅はこの工場のためにつくられたからです。

駅の前に工場があるのではなく、工場の前に駅が作られたということ。それを知っているだけでも風景の見方が変ってくる。

そのチッソは、水俣の人たちにとって絶対的な存在でした。チッソの側に立つか立たないかで、生活を巻き込んだ分断を招きました。漁民暴動の際には工場の従業員と漁民との間の隔絶が、安賃闘争の際にはチッソで働く者同士の分断が、患者の座り込みの時には市民と患者との断絶が見られました。

こうした分断の構図は、原発の立地する町にも必ずと言って良いほど存在するものだ。

そのような学びの中で、原田正純がたどり着いた最も重要な理解は何だと思いますか。それは、「公害があるから、差別が起こるのではない」「差別のあるところに公害が起きる」という事実でした。

非常に大切で、説得力のある見解だと思う。

「歴史総合パートナーズ」(10冊)は2022年から高校の必修科目となる「歴史総合」のために刊行されたシリーズで、記述はわかりやすく内容は深い。おススメ。

2019年1月9日、清水書院、1000円。


posted by 松村正直 at 07:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

武田徹著『日本ノンフィクション史』


副題は「ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで」。

現代では当り前のように使われる「ノンフィクション」という言葉は、いつ頃、どのようにして生まれたのか。1930年代から現代に至る歴史をたどって考察した本。

大宅壮一、林芙美子、石川達三、堀田善衛、安部公房、梶山季之、草柳大蔵、沢木耕太郎といった人々や、筑摩書房「世界ノンフィクション全集」、日本テレビ「ノンフィクション劇場」などが取り上げられている。

ノンフィクションとフィクションの分岐に人々は関心を持つが、実はノンフィクションを書こうとする表現者の姿勢が現実に人為の加工を加えてフィクション化してしまう。
『世界ノンフィクション全集』の刊行が「非小説」という否定形の消極的な定義しかなかった「ノンフィクション」の概念を内側から具体的に輪郭づけることに大きく寄与したことは疑いえない。
ノンフィクションがフィクションを生み出す一方で、フィクションもまたノンフィクションに織り込まれてゆく宿命を持っている。

日本のノンフィクションの歴史をたどりつつ、著者はノンフィクションとは何か、フィクションとノンフィクションは何が違うのか、を丁寧に分析していく。このあたりは、短歌における事実と虚構の問題とも通じる点が多い。

ノンフィクションというジャンルがもともと自明のものとして存在していたわけではない。多くの人々の苦闘や試行錯誤が、ノンフィクションというジャンルを生み出したのである。

2017年3月25日、中公新書、880円。


posted by 松村正直 at 07:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

笠木拓『はるかカーテンコールまで』歌集批評会のお知らせ

日時 2020年6月7日(日)13:30〜17:00
場所 コープイン京都

第1部 パネルディスカッション
     中津昌子・松村正直・立花開・牛尾今日子(司会)
第2部 会場発言

【参加費】
一般:批評会 2,000円・懇親会 4,000円
学生:批評会 1,500円・懇親会 3,500円

参加申込み→こちら


EP7Y3qpUcAAuhMo.jpg

posted by 松村正直 at 23:31| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

「塔」2020年1月号(その2)

フェイントのゆるいボールが落ちて来つテレビ見ながらわが脚
動く                 丸山順司

バレーボールなどでスパイクを打つと見せかけて緩い球を打つフェイント。テレビを見ていて思わず身体が反応して動いてしまったのだ。

牛小屋にくっ付いていた外便所月ばっかりが思い出にある
                   中山大三

かつての日本家屋では便所が外にあることも多かった。この歌では何と牛小屋に併設されている。夜の便所に行く途中で見た月の美しさ。

箸袋に鶴の折り方書かれいて箸置きの鶴五羽になりたり
                   田宮智美

割り箸の袋を折って鶴の形の箸置きにする方法が印刷されていたのだ。見たらつい試してみたくなるもの。五名で食事している場面か。

北米の野鳥三十億羽減 星を剥がれていった羽音
                   田村穂隆

「三十億羽」という圧倒的な数字に驚かされる。「剥がれていった」が何とも痛ましい。地球上から失われてしまった数多くの鳥の命。

触れないと触れたいことがわからずに消去法にて指をからめる
                   中井スピカ

触れたいから触れるのではなく、触れることで触れたかった自らの気持ちに気づく。恋人と手をつなぐ時のちょっとした緊張感と嬉しさ。

ウェイター待たせに待たせボンゴレと君が言うから僕もボン
ゴレ                 坂下俊郎

「ボンゴレ」の繰り返しが楽しい。連れ合いが注文に迷って長々と待たせてしまったのが申し訳なくて、僕も同じものにしたのだろう。

日の差さぬ方をえらべばトンネルを抜けし車窓に海は見えない
                   黒木浩子

窓から差し込む日差しを避けて反対側の席に座ったら、せっかくの海の景色も反対側になってしまった。東海道新幹線などは、こうなる。

姑は二十時間の眠りより覚めて食事すコスモスを背に
                   生田延子

高齢でほとんど寝たきりの生活の姑。「二十時間」という具体がいい。長い眠りから覚めて食事する姿は、夢と現実の間にいるようだ。

posted by 松村正直 at 17:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

「塔」2020年1月号(その1)

この次は私の子供に生まれたし唐胡麻の花駅へとつづく
                   大橋智恵子

自分の子供に生まれたいという発想がユニーク。単為生殖のようなイメージだろうか。唐胡麻は生け花の花材としても使われるらしい。

数時間あとにはもどる船着き場知らないだれかが手をふって
いる                 岡本幸緒

遊覧船に乗る場面。どこかへ行くのではなく、ぐるっと回って帰ってくる船。こういう時は、なぜか知らない人同士でも手を振り合う。

道を行く人の頭髪じつと見る理容師なれば当然として
                   松島良幸

理髪店を営む作者。店の前を過ぎ行く人の髪の伸び具合が気になるのだ。それを「当然として」と言い切ったところにユーモアも感じる。

山陽線・美祢線・山陰線乗り継ぎ下関から萩へと帰る
                   片山楓子

下関から厚狭、長門を経由して萩へ。同じ山口県内であるにもかかわらず、列車の本数も少ないのでゆうに二時間以上はかかってしまう。

自陣より香車を打てばたちまちに盤の柾目の筋とほるなり
                   清水良郎

香車は縦にだけ進む駒なので、将棋盤の縦方向に真っ直ぐ通った木目が浮き上がるように強く意識されたのだ。駒の働きがよくわかる歌。

なりたくて親子になったわけじゃない子は思うらむ吾も思いき
                   関野裕之

親子関係が何かぎくしゃくしている様子。上句のことを作者自身もかつて親に対して思ったことがあるから、子の気持ちがよくわかる。

ロープウェイに乗れば七分 二時間をかけて登って鹿たちに
会う                 加藤武朗

「七分」と「二時間」の具体的な対比がいい。自分の足で苦労して登ったご褒美のように、登山道の途中で鹿が姿を現してくれたのだ。

我武者羅や釈迦力よりもシンプルにひたむきでいいと思うんだ
けど                 白澤真史

「がむしゃら」や「しゃかりき」を漢字で書くと物々しく肩に力が入った感じになる。そんなに気負わなくてもいいのでは、という思い。

posted by 松村正直 at 07:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

今後の予定

2月7日(金)「パンの耳」第2号批評会(西宮)
3月7日(土)「あなたを想う恋のうた」受賞作品発表式(越前)
         講演「令和・万葉と味真野」
 https://www.jigyodan-city-echizen.jp/news/5277.html
3月28日(土) 川俣水雪歌集『シアンクレール今はなく』批評会
        (京都)
4月5日(日) 広島歌人協会短歌大会 講演「歌の読みをめぐって」
5月17日(日) 第71回春の短歌祭(京都)講演
        「なぜ啄木の小説は失敗し短歌は成功したのか」
5月21日(木) JEUGIAカルチャー「中之島バラ園」吟行(大阪)
6月1日(月) NHK学園「伊香保短歌大会」
         対談「啄木のこと、これからのこと」
6月7日(日) 笠木拓歌集『はるかカーテンコールまで』批評会
        (京都)パネラー
6月13日(土) 朝日カルチャー講座「永井陽子の歌と人生」
        (芦屋)

posted by 松村正直 at 21:58| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする